ハイダイナミックレンジ(HDR) 写真を作る

カメラを通して見ると、ある部分は肉眼で見た時よりより暗く、ある部分はより明るく見えます。この問題を解決するに当たり、撮影で光のレベルを表示させるため、HDR ソフトのテクニックをどのように、いつ、なぜ使い、また融合させるのか見ていきましょう。

都市にかかる橋のダイナミックレンジ写真

撮影:ルーカス・コスローさん

HDR写真とは?

HDRはハイ ダイナミックレンジ(high dynamic range)の略字で、カメラが1枚の写真の中で捉える露出の幅より広い露出範囲を表します。

 

夕暮れ時の写真を撮影する際、露出をオートにすると、画像前面は多分暗すぎて見えなくなるでしょう。前面に人がいて、その人に露出を合わせると、空が明るすぎて色が飛んでしまいます。同じシーンをHDR画像にすると、沈む太陽と前面のディテールの両方を捉えることができます。

 

なぜHDR写真は必要なのか?

シーンによっては、HDR画像キャプチャとHDR 編集で画像が肉眼と同じような見え方にする必要があります。カメラが捉える色調の幅と露出レベルは、人間の目とは異なり低くなるか、異なります。HDRを使えば、写真の質を一層高めることができます。

 

「人間の目では、約30ストップのダイナミックレンジが処理されますが、昨今の高性能カメラでも12から15ストップぐらいしかありません」と説明するのは写真家のルーカス・コスローさんです。人間の目は、あるシーンを見た時に、暗い影と明るい部分とのダイナミックレンジに合わせて、見え方を素早く調整します。それはカメラではできないのです。

岩が広がる風景の HDR 写真
都市の風景を写した HDR 写真

撮影:ルーカス・コスローさん

HDR写真が役立つ場合とは

HDRは風景写真建築写真では、よく使われるテクニックです。建築物や風景の写真を、好天気の日に撮る場合、空が明るすぎて見えないことがよくあります。同様に、窓が開いている部屋を撮影する場合、窓から入ってくる光で写真が白飛びしてしまうことがあります。露出ブラケットによりフレームを統合することで、部屋の中と窓の外の景色を1枚の写真の中で見せることができます。

 

HDR写真の撮り方

HDR では、同じシーンの写真を最低3枚撮ることから始めます。画像のハイライト、中間色、影の情報を捉えるために、それぞれ違う露出で撮影します。次にAdobe Photoshop やLightroom といった写真編集ソフトウェアを使って、最終的に1枚の写真に統合します。

アーチの門から覗かせる明るめの橋の写真
アーチの門から覗かせる暗い橋の写真

撮影:ルーカス・コスローさん

マニュアルでHDR写真を撮影する

カメラを安定させ、画像が歪まないようにするためには三脚が必需品です。次の3つタイプの写真を早速試してみましょう。

 

  • 基本の撮影:基本の露出、つまり明るい部分と暗い部分の中間であるミッドレンジに合わせた露出の写真です。

  • 暗い写真: シーンの最も明るい部分に合わせてシャッタースピードを設定した写真です。この写真では明るい部分(例えば空など)のディテールを捉え、暗い部分はシルエットになります。

  • 明るい写真: シーンの最も暗い部分に合わせてシャッタースピードを設定した写真。この写真では暗い部分(例えば地面など)のディテールを捉え、明るい部分は白飛び状態になります。
     

ブラケットで自動的にHDR 写真を撮る

多くのカメラにはブラケット機能が付いています。この機能で、3枚以上の写真が自動的に撮れます。「カメラは基本の画像をまず撮り、その後で次の画像(少し露出不足気味)、そして次の画像(少し露出過多気味)を撮ります。シャッターボタンを1回押せば、3枚続けて撮れます」とコスローさんは説明します。

 

カメラの機能によっては、ブラケット写真の露出を選ぶことができる機種もあります。例えば、ブラケットを 1.0にセットすると暗い画像では露出が元の画像の-1.0 になり、明るい画像では露出が元の画像の+1.0になります。

アーチの門から覗かせる橋のHDR写真

撮影:ルーカス・コスローさん

注意すべき点

良質のHDR写真に求められるのは、3つのタイプの露出をいかに満遍なく、1枚の写真に表すかということです。そうすれば、3種類の写真をより簡単に1枚の画像にすることができます。 これらの写真を撮る時には、なるべく時間差を開けず撮影して、以下の事項に注意します。
 

 

  • ゴースティング:雲や風の強い日の木などでは、動く物は全て写真の中ではブレて見えます。三脚を使い、素早く撮ることで、カメラの動きを最小限に収めることができます。ただし、一部のゴースティングは避けられないので、編集ツールで修正します。

  • ホワイトバランス:マニュアルでホワイトバランスを設定し、撮影間で色が変わらないようにします。Photoshop とLightroom で色を微調整できますが、できる限り元のファイルで、色に一貫性を持たせましょう。

  • シャッタースピード: 写真の露出をコントロールしてHDR を統合するには、シャッタースピードを調整します。写真を撮影する際、同じ絞り(fストップ)にします。

  • RAWファイル:写真は rawモード で撮影します。RAWファイルには、膨大な色の情報と正確なピクセル値が含まれています。編集後、必要に応じて画像をTIFF、JPG (またはJPEG)、または他の形式に変換します。
都市を撮影した空中 HDR 写真

撮影:ルーカス・コスローさん

Adobe Photoshop Lightroom をHDR のソフトウェア として使う

HDR では、数枚の写真を最終的に1枚の写真として仕上げるために、後処理用のツールが必要になります。しかし、スタンドアローンのHDR プログラムやプラグインは必要ありません。Adobe Photoshop Lightroom には、ほとんど撮影に使える高性能HDR ソフトのオプションが揃っています。

Adobe Photoshop Lightroom HDR マージメニューに重ねられた滝の写真

Lightroom でHDR を作成するために写真を統合する方法

以下の簡単なチュートリアルにより、HDR 写真をLightroom で統合する方法を学びます:

 

1.画像を選択:写真グリッド、正方形グリッド、ディテールビューで複数の露出ブラケット写真を選択します。

 

2.統合を開始する: 写真 写真の統合 HDR を選択します。

 

3.HDR 統合設定を調整する:HDR 統合メニューでは、自動整列の選択、自動設定の微調整、ゴースト除去の調整ができます。

 

  • 自動整列を使えば、手持ちカメラで撮影した画像を簡単に統合できます。
  • 自動設定を使うと、HDRで統合した画像を均等な色合いにするためのエフェクトを、プレビューし、編集することができます。
  • ゴースト除去の設定を使って、写真間での移動のためにできた不自然な半透明の部分を、統合写真の中で微調整します。画像内のゴースト現象を、「なし、弱、中、強」の設定を使い必要に応じて除去します。

4.仕上げ: 「統合」をクリックすると、統合された画像がDNG 形式で保存されます。

湖の上空の稲妻の写真に重ねられた Adobe Photoshop Lightroom HDR マージメニュー

Lightroom Classic でHDR写真を統合する方法

以下のステップに従ってLightroom Classic でHDR画像を作ってみましょう:

 

1.画像をインポートする:次にライブラリのパネルで、ブラケットした画像にハイライトを入れて選択します。

 

2.「写真の統合」を選択する: 写真 写真の統合 HDR (ショートカット Ctrl+H)を選択します。

 

3.HDR統合プレビューをチェックする:写真を正しく整列させるためにLeave Auto Align をチェックします。Leave Auto Tone をチェックして、正しいスタート地点を作ります。画像を統合させた後で、画像をさらに微調整できます。

 

4.「ゴースト除去」を選択する: フレーム間で物が動いたためにブレが生じた時は、「ゴースト除去」の弱、中、強を選んで、ゴースト現象を必要に応じて調整します。Lightroom がブレた物体を検出し、元画像に写っている物の位置を修正してブレを除去します。

 

5.画像をクリックする: Lightroom が画像を統合し、DNGファイルとして保存します。

 

6.画像を微調整する: 現像モジュールで、新しくできたHDR画像を開き、露出、彩度などをマニュアルで調整します。

霧がかかった山々の写真に重ね合わせた Adobe Photoshop Lightroom Develop Module

PhotoshopでHDR写真を統合する方法

Photoshop で画像をHDRに統合することもできます。

 

1.開始する: Photoshopで、ファイルを選択 自動処理 HDR Proに統合、を選択します。Adobe Bridge から画像をインポートする場合は、ツール Photoshop HDR Proに統合、を選択します。

 

2.統合を調整する: HDR Pro に統合のメニューで、統合したい画像を選びます。三脚なしで写真を撮った場合は、Attempt To Automatically Align Source Images(元画像を自動整列させる試み)を選択することもできます。

 

3.ビット深度を選択する: 32ビット、16ビット、8ビットから選択します。注意:32ビットはHDR画像のダイナミックレンジ全体を保存できます。

 

4.色調を調整する: ゴースト除去をチェックし、トーンマッピングのさまざまな方法のオプションを選択します。これにより、最終画像の色調が選択した出力ファイルのサイズに合わせて自動的に調整されます。

 

5.作品を保存する: 色調設定をプリセットとして保存すれば、バッチ処理も簡単に行うことができます。

都市の建物から覗く太陽の HDR 写真
都市にかかる橋を映した HDR 写真

撮影:ルーカス・コスローさん

HDR写真をさらに試す

携帯機器であれば、1回のみのクリックでHDR写真を撮ることができます

携帯機器向けのLightroom を使えば、HDRスタイルの写真が1回のみクリックするだけで、その場で撮影できます。互換性のある携帯機器でアプリ専用カメラを起動させ、HDRモードを有効にします。

 

  •  携帯用Lightroom のライブラリをクリックし、右下隅のカメラアイコンを選択します。

  • シャッターボタンの左側を長押しして、 HDRを選択します。これで、Lightroom のカメラが自動的に露出ブラケットを捉え、画像を整列、統合し、ゴースト除去を実行します。

携帯機器でHDR 写真を撮る時は、カメラを三脚か、他の物に固定するとベスト写真が出来上がります。

 

HDR のパノラマも簡単に合成

同じ露出ブラケットを使って、パノラマ写真を撮っていきます。Lightroom が露出ブラケットのファイルを統合し、1回のみの手順でHDR のパノラマ写真を合成します。

 

直感的なユーザーインターフェースと豊富なオンラインチュートリアルが備わったPhotoshop とLightroomには、HDR写真を撮影するために必要なもの全てがあります。コントラストの強いシーンのエッセンスはこのツールで捉えてみましょう。どのような写真が撮れるのか早速試してみましょう。

提供元

Adobe Photoshop Lightroom の多彩な機能

Lightroom 使

その他のおすすめ...

デジタルカメラとデジタルカメラのアクセサリー

デジタル一眼レフの基本
この種のデジタルカメラの長所、短所を学びましょう。

プロファイルから始める写真編集

プロファイルから始める写真編集

編集第一歩として、またスタイリッシュ効果与えるために、写真プロファイル適用することす。

日本の夜の街、夜景撮影のコツ | Adobe

夜景写真を上手に撮る方法

アニメ風の 2 人が近未来的な背景を見つめている

マットペインティングで新しい世界の創造

映画やテレビ、ゲームなどで使われる SF の世界の都市やファンタジーの風景をマットペイントで表現する方法を学びます。

Lightroom

Lightroom プラン

どこからでも写真を編集、整理、保存、そしてシェア
7 日間の無料体験の後 1,078  /月(税別)

Lightroom
Photoshop

フォトプラン

Lightroom、Lightroom Classic、Photoshop、20 GBのクラウドストレージを利用可能
7 日間の無料体験の後 1,078 /月(税別)

Lightroom

コンプリートプラン

Creative Cloud のアプリとツールをすべて利用可能
7 日間の無料体験の後 6,248 /月(税別)