写真の構図の基礎

実証されてきた確実な構図の取り方を学び、写真の主人公となる題材をどこに置くか決めて観る人を惹きつけるテクニックを身に付けましょう。

テーブルに置かれたブドウ、オレンジ、一杯の水

写真の構図とは?

写真の構図とは、写真の中に見える物をどのようにアレンジするかということです。「長方形の中で物を並べていく、楽しい作業です。」と写真家のアダム•ロングさんは言います。あるスペースの中に物やシーンを収めるのは、簡単に聞こえるかもしれませんが、そうではありません。写真の構図は難しいけれど、これは常に重要です。「照明、撮影場所、衣装、スタイリング、その他全てが完璧であったとしても、構図が良くなければ、台無しです。」と写真家のグレース•リベラさんは語ります。 

 

構図のルール

写真の構図とは、題材に焦点を合わせるだけは済まされません。ここでは、観る人の関心を引く写真を撮るために、最もよく使われる構図のテクニックを説明します。

たなびく青い布の上に座っている笠をかぶった人物
写真構図が考えられたビーチと人間の写真
  • 三分割法

三分割法とは、カメラのフレームの中に見えるものを最適な割合で分割する方法です。フレームの中のスペースを縦と横の線でそれぞれ三等分し、碁盤の目を描きます。バランスの取れた自然な写真にするには、構図を構成する要素になるものを、これらの線が交差する位置、あるいは線によって分割されている部分に持ってきます。この方が、物をただ真ん中に持ってくるよりも、もっと興味をそそる構図となります。「被写体の周辺を良く見て、イメージを三分割してみましょう。」とロングさんは言います。1 つのセクションだけに何か面白いものがある写真より、上下左右すべてに興味をそそる構図の方が良い写真と言えます。

 

  • バランスのよいイメージ

バランスは対称性に関係していますが、そうではない場合もあります。バランスの取れた写真というのは必ずしも、左右または上下が同じではありません。むしろ、写真のそれぞれの部分が互いに引き立てて、全体を美しく見せています。写真を観る人の目は、興味の対象となる物を探し、その過程で他の物も見ています。反対側に余白があるからこそ、中心となる題材のバランスが取れていることもあります。「沢山の物が写っている複雑な写真の場合、それと全く対象的なスペースに目は惹きつけられるかもしれません。」とロングさんは言います。「それは爽快な感じであり、良い意味で混乱や刺激を生みます。

沢山のカーペットに囲まれて座る女性
蕾のまま向かい合う2本のチューリップ

派手で鮮やかな色は、人の注意を引きますが、混乱や複雑さも感じさせます。「ある一定の色の彩度を上げると、人の目はそこにいきます。」とロングさんは語ります。「何かに人の目を集中させたい時は、その色の彩度か輝度を上げるといいですね。

バランスの取れていない写真は、混乱した感じや、アマチュアな感じを与えます。「バランスが良くない写真は、どこか変な感じがします。」とロングさんは言います。「大抵の場合、人は写真に一種の流動性を求めます。」左側にある物は右側にある物に呼応し、それらが画像の中心にある物を取り囲んでいるかもしれません。美的感覚や画像に対する直感などと同様に、練習を重ねていくことでバランスを認識できるようになります。「バランスを人に教えることはできません。」とロングさんは語ります。「物を見たときにそれを感じとるんです。」経験を積めば積むほど、画像の中の要素がお互いにどう調和をもって関わり合うのかが、分かってきます。

 

  • リーディングライン、焦点、被写界深度を使う

写真は立体を平面にします。その場の雰囲気や大きさを保つために、写真家は写真の中に何を収め、どこに焦点を合わせるか考えなけれないけません。

 

リーディングラインは、ある物、または焦点を合わせた位置に人の目を誘導する視覚的な要素です。それは、遠くまで続く道路だったり、何かに向かって伸びている腕だったり、月に向かって伸びる木の枝だったりします。何かに注意を誘導するものすべてがこの役割をします。リーディングラインは、平面である写真の表面に、深さ、サイズ、形を与えてくれます。

 

焦点と被写界深度も、写真に立体であるかのような錯覚を起こさせます。被写界深度が浅ければ、すぐ目の前にある物に焦点を合わせているような印象を観ている人に与え、また、平面である写真にさえも、深さと大きさの違いを与えてくれます。

プ―ルに浮かぶ人
  • 適切な視点を探す

動き回って色々な構図を試してみましょう。視点を変えるだけで、普通の写真と優れた写真の間にある違いを生みます。「何を取り除くか、あるいは何を入れるか。それを選んでいるだけなのです。」とロングさんは言います。

 

被写体と自分との間隔の取り方や、距離を変えてみましょう。「私は動き回ります。」とリベラさんは語ります。「すごく低い位置や高い位置に自分を置いてみます。被写体を下から見たり、それを横方向に動かして見たりします。」近くに寄り、遠くに離れ、動き回って被写体を収めたい位置を探してみましょう。

 

最後に、構図を決める時は、その写真が何の目的に使われるのかを頭に入れておきましょう。「もしかしたら写真の上に文字がかぶさるかもしれないし、雑誌に使うのかもしれません。」とリベラさんは語ります。撮影する時にそういった要素を考慮に入れ、自分なりのコンセプトを作りながらビューフィンダーを覗いてみましょう。

綺麗に咲いた花を持つ手
  • ポストプロセスの切り抜きで、さらに素敵な構図に

もし写真の構図にいまいち納得がいかないなら、ポストプロセスの簡単な切り抜きで改善することも可能です。写真の中で、被写体の位置が最適な場所ではないかもしれません。しかし、フレームの端を少し動かすだけで、平凡な写真が素敵な写真に変わることもあります。

 

以前撮った写真をもう一度観る時には、違うアングルや視点から観てみましょう。「画像を回転させてみてください。」とリベラさんは言います。「切り抜きをする時に、画像を回転させたり、反転させたり逆さまにしてみると、何か違うものを発見できるかもしれません。

 

構図を理解する

良い写真を撮るには、構図のルールを守る以上のことが必要です。三分割法などのルールを、意識しないで、または目的無しに使えるようになるのは可能です。構図の要素はアルゴリズムや公式などとは違います。写真家にとって構図はある種の決断するスキルにはなりますが、代わりに決断してくれるわけではありません。「リーディングラインはいいですけれど、それが私を皆さんの興味の対象に誘導してくれるといいのですね。どこか変な所じゃなくてね。」とロングさんは言います。

 

写真構図のルールは基本です。良い写真には何が必要かという基本を頭に入れたら、あとはルールを破っても構いません。「基本がしっかりすれば、あとは実験的なことをしてみましょう。」とリベラさんは言います。「何をどうやって写すか、という決まったルールはありません。それがアーティストの特権ですね。自分のルールを作って、自分のイメージを作りましょう。

 

優れた写真家は、題材とシーンを見る優れた目を持っています。構図は、写真家が見ているものを他の人にも見せるためのツールです。写真家は広い世界の要素を、機材や技能を使って集め、それを長方形の中にうまく綺麗に収めるのです。それは、人間的なサイズの人物写真でも、広大なスケールの風景写真でも、微細な世界のマクロ写真でも、どんなタイプの写真にも共通する真理です。

その他のおすすめ...

夜の日本の街、夜景撮影のコツ | Adobe

夜景写真を上手に撮る方法
ここで紹介する夜間撮影のコツを実践すれば、撮影場所が暗くても写真の品質が下がることはありません。

街の夜景のぼかし写真

写真の背景をぼかす方法

写真を印象的に見せる美しいぼかし効果について詳しく学びましょう。

水辺の犬、焦点距離のコツ | Adobe

焦点距離について学ぶ

どんな写真にも理想的な焦点距離を選択する方法を紹介します。

ステージで演技するバレエダンサー、シャッタースピード写真撮影 | Adobe

絞りとシャッタースピードを理解する

ブレのないきれいな写真や動きの多い被写体を撮影できるよう、シャッタースピードを調整する方法を説明します。

Photoshopを入手

プロフェッショナル画像編集ツール。

7日間の無料体験の後は月額2,480 (税別)