リフレクション写真の撮り方

水面や鏡などを使ったリフレクション写真は、被写体やシーンの独特な景観を捉えます。物などを映す表面を色々な方法で捉えて印象的な写真を撮りましょう。

森と背後の山を映し出す水面

撮影:パトリック・コエツル

リフレクション写真とは?

どのようなタイプの写真ジャンルであっても、物を映し出す表面を使った写真をリフレクション写真と呼びます。静かな湖の水面に山が映し出されている風景写真はリフレクション写真です。高層ビルの窓に映し出される都市の画像は、リフレクション写真です。また、同じ都市景観が歩道の水溜りに映っている写真もリフレクション写真です。自撮りのポートレートでも、窓に映っている姿を捉えている場合はリフレクション写真と言うことができます。

「リフレクション写真というのは、シーンをどれだけ違う目で見ることができるか、ということです」水面に映る物の姿は、私にとって大変魅力があります。すごく引き込まれます。その美しい光景を何度でも見たくなります」と語るのは写真家のパトリック・コエツルさんです。

 

魅力的なリフレクション写真の撮り方を学び、世界を写真で逆さまにしてみましょう。

 

さまざまな光景を違う見方で見ると美しいリフレクションを発見します

美しいリフレクションはどこにでもあります。しかし、写真に使える表面を発見するには、自分の目を訓練し、周りをよく観察しなければなりません。「多くの人が川、湖、水溜りのそばを歩いて行きますが、すべての人が水に映っている物の姿を見るわけではありません」とコエツィさんは説明します。

 

物を映し出している表面、例えば湖や水溜り、または窓を動かすわけにはいきません。ということは、自分が動いて良いアングルを発見しなければいけない、ということです。

 

「リフレクションを撮影する時には、視線の高さを調整する必要があります」と写真家のタイラー・グロブマイヤさんは言います。「物のリフレクションをより多く捉えたい場合は、地面低くまで自分の体を下げなくてはなりません。道に水溜りがあれば、しゃがんで道路の表面まで視点を下げます。

トンネル入口の車のライトの光を反射する水たまりと雪

撮影:パトリック・コエツル

物を映し出している表面の周りを動きながら、構図を考えます。被写体を前景に持ってきたり、湖に映す被写体を中心に持ってきたり、または 三分割法を使ってみたりして、水溜りに映る建物の位置を決めます。他の通行人に奇異な目で見られても気にしないようにしましょう。雨どいから溜まった水の最適なアングルを得るには、水から数センチの位置まで身を低くする必要があるかもしれません。しかし、美しい写真を撮りたいのであれば、そのくらいは我慢しましょう。

 

水、そこに映る景色、窓、鏡などを新たな視点から見る目を、養います。それができれば、あとは想像力のなせるままにリフレクション写真を撮っていきましょう。

 

屋外でのリフレクション写真撮影で知っておくべきこと

ガラスのように静かなで平坦な池の表面も、大雨が降っている時には何も映しません。しかし、嵐が過ぎた後、水面は全く静かになり、周りの木々は雨粒で輝いていることでしょう。どのような写真撮影もそうですが、撮影のタイミングが肝心です。

 

天候

天気をコントロールすることはできませんが、計画をしっかり立てることで、撮影を成功につなげることはできます。湖や池の平坦な表面を見つけるにしても、風があっては台無しになります。風は早朝や夕方の方が静かに吹いています。山や木などが鏡のように水面に映っている様子を捉えたい場合は、そのような時間帯に撮影してみましょう。そしてもちろん、天気予報も必ずチェックしておきます。

 

照明

平で物を映し出す表面にとって、真昼のギラついた太陽光は悪影響を与えます。「リフレクション写真を撮る場合、最も避けたいのは太陽光のギラつきです」とグロブマイヤさんは言います。撮影に最適と言われるゴールデンアワーは、日の出と日の入り近くの光が拡散された時間帯で、1日の中で太陽のギラつきのない、好ましい光が得られる時間帯です。

 

しかし、適切な機材とカメラの設定によっては、正午近くでも撮影ができ、また、夜間でさえもリフレクション写真を撮影することができます。

 

撮影場所

水面に映る建物や山に応じて、適切なアングルを決めるのは大変な作業になるでしょう。しかし、事前に少しのリサーチをするだけでも時間と面倒が省けるかもしれません。

リンカーン記念堂のリフレクティングプールに映るワシントン記念塔
リンカーン記念堂のリフレクティングプールに映るワシントン記念塔と国会議事堂

撮影:パトリック・コエツル

「旅を計画する時はいつも構図を考えています。構図のことが頭から離れないのです。行ったことのない場所へ行く時は、時間をかけてGoogle マップ やGoogle Earthで調査します」とコエツルさんは言います。よく知っている場所であれば、思い通りのリフレクション写真を撮影するための時間やアングルを簡単に見つけられるかもしれません。しかし、自然光が得られる時間は限られています。事前に調査をしなければ、タイミングを逃してしまうかもしれません。

 

「事前準備は絶対に必要です。Google マップなどに地名を入力して、サンプルイメージを見てインスピレーションやアイデアを得ます。Google マップ を見ると、日の出や日の入りの時に、どのようなアングルがいいか計画できます。光が違う方向から来るかもしれませんから」とコエツィさんは説明します。

 

カメラ設定と機材で鏡のような画像を撮る

写真撮影が常にそうであるように、設定や機材の選択は、何を撮影したいのかその目的によって決まります。樹木とそのリフレクションの両方を撮影したい場合と、リフレクションだけを撮影したい場合とでは、設定と使う機材は異なってきます。

 

「座ってリフレクションが映る表面を撮影したい場合、その写真や構図は普通とは違うものを望んでいるはずです。望遠レンズや広角レンズを使って、色々違う写真を撮ってみるといいでしょう」とグロブマイヤさんは言います。

 

焦点距離と絞り

レンズによって 焦点距離が違います。その点が、どのようなリフレクション写真を撮影できるかを決める一つの要素でもあります。焦点距離の短い広角レンズを使うと、山と水面に映るそのリフレクションでは広い範囲のシーンを撮影できます。望遠レンズのように焦点距離が長いレンズは、リフレクションだけを撮影するのに向いています。

 

絞りを大きく開けると被写界深度が狭くなり、ボケ効果のようにボケた背景の写真を撮影するのに向いています。リフレクションのあるポートレートを撮りたい場合、絞りを大きく開けると、思い通りの写真が撮れます。絞り を小さくすると、より広い範囲にピントが合うので、被写体とそのリフレクションを撮影する場合に適しています。

水に映るロッキー山脈とハイカー

撮影:タイラー・グロブマイヤ

シャッタースピード

光量とフレームの中の動きに応じてシャッタースピードを調整します。シャッタースピードが速いと、一瞬の時間をそこに留めることができます。歩いている人物が、水溜りや窓に映っているのを捉えるには最適です。水面に波紋がある時でさえ、シャッタースピードが速ければ、リフレクションを部分的でも捉えることができます。

 

被写体と、それを映す面が静止した状態であれば、撮影の方法などが広がりを見せます。カメラを三脚に固定し、水面に被写体の姿を美しく写せるような天気であれば、シャッタースピードを比較的遅くすることができます。夜間に三脚を使って、遅いシャッタースピードで星が水面に写る様子を撮影してみましょう。

 

シャッタースピードを遅くすると、水が跳ねる美しい情景を撮影することができますが、その場合、長い露出時間となり、リフレクションを捉えることはできません。この場合、数秒かけてさざ波の動きを捉えるので、幻想的で滑らかな水面として写りますが、水面のリフレクションは写りません。

 

円形ポラライザーとニュートラルデンシティ・フィルター

これらのフィルターは両方とも、レンズに付けてカメラに入ってくる光を減少させます。ニュートラルデンシティ(ND) フィルター は、レンズのサングラスのような物です。これらのフィルターは眩しい光を抑えるので、太陽の位置が高い時間帯でも、リフレクション写真を撮影できます。円形ポラライザーは、水面などの表面から跳ね返る光を除去または減少させます。どちらかのフィルターをリフレクション写真の撮影に使えば、太陽のギラつきを抑え、リフレクションのディテールをさらにはっきり捉えることができます。

 

リフレクション写真で創造力を高める

山の景色が湖に映り、綺麗な対称を描いているのは実に美しい写真です。しかし、より多くの他のタイプのリフレクション写真にも挑戦してみましょう。

 

「写真にもう少しリアルな感じを加えることにも挑戦してみましょう。例えば、石を水の中に投げて水面を乱してみます。すると、映ったイメージがすぐに乱れますが、リフレクションはまだそこにあります」とグロブマイヤさんは勧めています。水溜りに木の葉を置いてみます。それを使って色々試して、どうなるのか見てみましょう。

 

水に映る山

撮影:タイラー・グロブマイヤ

機材の使い方によっては、さらに色々なことを試すことができます。「三脚を持っていきましょう。写真を撮ってくれる人がいなければ、タイマーを使って自分で撮影し、自身をリフレクションの中に入れると、より楽しい写真になります」」とグロブマイヤさんは言います。

 

大切なのはためらわずに撮影していくことです。「アート感溢れる写真を目指します。自分ではすごい写真になる、と思うかもしれません。しかし、実際にはそうでもなかったりします。それでも全く問題ありません。というのも、全く予期していなかった嬉しい結果が出るかもしれません」とコエツルさんは言います。

 

リフレクション写真を微調整する

リフレクション写真のコツを掴むには、練習を積むことです。申し分ない写真を目指して撮影した写真を整理、調整するには、Adobe Photoshop Lightroomを使いましょう。Lightroom を使えば、写真を編集、調整することができます。ハイライト、影、色相、彩度を調整してリフレクション写真の効果をさらに高めます。好みの編集方法がある場合、それをLightroom プリセットとして保存し、自分だけのフィルター風調整として何度でも利用できます。

 

リフレクション写真がうまく撮影できなかったら、Adobe Photoshop が強い味方になります。例えば、2枚の写真を結合する HDR画像を作成できます。まず、全体の景色を撮影し、それをベースとします。次に水面の向こう側にある被写体にピントを合わせて撮影します。最後に、水面にピントを合わせてリフレクションを捉えます。この3枚の写真をPhotoshop で結合させると、十分に光が当たり、ピントの合った写真が出来上がります。

 

美しいリフレクションがないか常に周囲を観察し、あればそれを撮影し、ベストショットを保存します。そして、後処理では思う存分編集を加えていきます。撮影と、後処理の編集でリフレクション写真のスキルを上げていきます。そうすれば、ますます美しいリフレクション写真を撮れるようになるでしょう。

協力

Adobe Photoshop Lightroom の多彩な機能

Adobe Lightroom のプリセットで写真を簡単に編集し、クラウドの写真ストーレージ管理を使えば、どこにいても自分の作品にアクセスできます。

その他のおすすめ...

白い幹の木が茂った写真

樹木写真で華麗な構図をつくる

ロケーション、タイミング、機材選択のコツをつかんで、樹木の美しい写真の撮り方を学びます。

澄んだ空に雲を切り裂く山の空撮

山岳写真の撮り方

プロの風景写真家のコツをつかんで素敵な山岳写真を撮影しましょう。

街の夜景のボケ写真

写真の背景をボケにする方法

写真を印象的に見せる美しいボケについて学びます。

カメラのさまざまな ISO 設定

ISOの概要
露出の三大柱のひとつである ISO が写真で果たす役割を学びます。

Lightroom

Lightroom プラン

どこからでも写真を編集、整理、保存、そしてシェア
7 日間の無料体験の後 ... /月(税別)

Lightroom
Photoshop

フォトプラン

Lightroom、Lightroom Classic、Photoshop、20 GBのクラウドストレージを利用可能
7 日間の無料体験の後 1,078 /月(税別)

Lightroom

コンプリートプラン

Creative Cloud のアプリとツールをすべて利用可能
7 日間の無料体験の後 6,248 /月(税別)