樹木の撮り方

普遍的な魅力を持つ樹木の写真は、自然写真の定番となっています。植物界の巨人とも言える樹木を美しく撮影するコツを得ましょう。

沢山並ぶ白樺の木の写真

美しい樹木を撮る

樹木写真は、風景写真の中でも重要な位置を占めています。樹木は、ポートレート写真の背景としても合いますが、樹木だけも撮影対象として大変意義があります。また、樹木のウォールアートやアートプリントは、どこにでもある木という植物に人が強いイメージを抱いていることから、ホームインテリアとしても人気があります。樹木という自然界の美しさを表現するために、1 本または2 本の木を写真の被写体にしてみましょう。

 

木はどこにでもあり、その存在は大変意義があります

ロサンゼルスのダウンタウンから数マイル離れた場所で撮った写真であっても、また国立公園の森の奥深くでハイキングをしながら撮った写真であっても、1本の木をうまく撮影した写真は感動的です。世界のほとんどの地域と気候で、何らかの種類の樹木が生息しています。また、多くの人々にとって、樹木は生命や力の象徴であり、人それぞれに色々な思い出を呼び起こします。

 

「私は子供の頃、木に囲まれて育ちました。庭にある木でツリーハウスを建てたものです。私は木とのふれあいをとても楽しんでいますし、多くの人がそうだと思います。木はとても心地よく、癒しがあり、温かみがあります」と風景・野生動物写真家の ジョゼフ・ファイラーさんは語ります。

木と夕日の写真
芸術的なヤシの木の写真

樹木写真の種類

 どのような気候でも樹木を見つけ出し、その写真を撮る方法は多くあります。また、樹木は季節、天候にかかわらず美さを放ちます。

 

多くある樹木の撮影方法

以下に紹介する撮影方法の中から、好みに合った方法を選んでみてください。

 

  • 芸術風写真 : 撮影用の三脚を携行し、構図を考えます。出来上がった樹木写真は額縁に入れたり、ギャラリーに展示したりしましょう。

  • 抽象写真 : 樹木の独特の要素を表現し、色と形に焦点を当てて、すぐ識別はできなくとも芸術的な解釈の余地を残した印象的な写真を作ります。

  • シルエット : 空を背景に暗いシルエットで木を表現することで、樹木の形状をアピールします。

  • 白黒写真 : 色の情報を取り除き、白黒だけの画像で光と質感を重視する樹木写真です。

  • 長時間露出 : 長時間露出を行うことで、光とその動きが樹木や周囲に与える影響を見ることができます。
砂漠に1本生えているサボテンの木の写真

さまざまな樹木が撮影対象になる

樹木は人と同じように個性的で、それぞれに特別な表情があります。ここでは写真映えする樹木の種類と、その生息場所を紹介します。

 

  • ジョシュアツリー : アメリカ南西部のモハーベ砂漠に生息している棘のあるセウシャンツリーです。

  • ヤシの木 : 背が高くて細い木、背が低くてがっしりした木、ヤシの木などは南国の美しさを表現する代表的な樹木です。

  • レッドウッドツリー : セコイアとその仲間であるレッドウッドは、主に北カリフォルニアと南オレゴンに分布しています。

  • 白樺の木 : 白い幹で知られる白樺の木は、アメリカ北部に生息しており、秋には人気の被写体となります。

  • 樫の木 : 枝を大きく広げる樫の木は、生命の木を象徴するような雄大な被写体になれます。特に、バージニア州からフロリダ州に分布するサザンライブオークは、枝が地面に伸びて広がっているのが特徴です。

  • ブリストルコーン・パイン : 地球上で最も古い生命体のひとつであるこの松の木は、そのねじれた幹が魅力的です。ユタ州、ネバダ州、コロラド州などの西部地域の高地に生息しています。  

 

樹木写真のコツ:

リサーチ、タイミング、機材、テクニックなどが整っていれば、素敵な樹木写真を撮ることができます。

 

カメラのことを知る

撮影に出かける前に、機材を使って練習しましょう。「まずはカメラに慣れることが大切です。せっかく絶好の光が差し込んでいるのに、カメラの設定を知らないという状況は避けたいものです」と、自然写真家のパトリシア・ダビッドソンさんは言います。

 

目的地をリサーチする

見知らぬ土地を歩き回り、素晴らしい木の写真を撮ることもできますが、望み通りの写真を撮るためには計画が必要です。撮影場所だけでなく、その場所でどの時期に撮影するのがベストなのかをリサーチしましょう。

 

「私はジョージア州で紅葉とヒノキを撮影してきたばかりです。夜明け前に湖でカヤックを漕ぎ、木を撮影するための場所を見つけました。危険はなく素晴らしい旅でした。事前に行ったリサーチのおかげで、その場所を確認できました。自分がどこに行くのか、その目的も十分承知していました」とファイラーさんは言います。

日の出と共に写る複数のヤシの木の写真
木々の隙間から光る太陽光線

タイミングが重要

樹木を撮影するには、日の出直後や日没直前のゴールデンタイムが最適です。「撮影に出かけるときは、日の出の 1 時間半前には起きています。撮影は早起きが基本です。帰宅後に昼寝をすればいいのですから」とファイラーさんは言います

 

森の撮影では、被写体に直接日光が当たらない早朝の時間帯が最も適しています。木々の枝から差し込む明るい日差しは、カメラのセンサーに負担をかけ、写真の一部に影響を与えて白っぽくなります。曇りの日は樹木の撮影に適しています。また、霧が発生すると、印象的な画像になります。

 

撮影用機材を揃える

樹木の写真を撮るときには三脚があると安心です。静止した被写体を撮影しますので、カメラのマニュアル設定と三脚の安定性を利用して、より鮮明な写真を撮ることができます

 

三脚に加えて、以下のようなアイテムがあると良いでしょう:

 

  • 広角レンズ : 木の近くに立ちながら、木の広大さを表現するのに最適な方法です。

  • 望遠レンズ : 遠くにある 1 本の木にピントを合わせたいときにおすすめです。被写体に近づくために、私有地に侵入したり、公園の安全標識を無視したりしないよう注意します。

  • 円偏光板 : 濡れた木の照り返しや反射を取ることができるレンズ用フィルターは、雨の中での撮影時に大きな助けになります。
     

構図を工夫する

構図を工夫して、独自性のある写真を撮ってみましょう。樹木は、写真のリードライン (見る人の目を引く線) を確認するのに最適な方法です。撮影は必ず RAW ファイルで行います。後処理での編集が容易になります。

 

Adobe で樹木写真

樹木写真は、Adobe Photoshop Lightroom などの後処理ソフトで仕上げましょう。Lightroom で画像のさまざまな箇所を調整し、さらに高度な効果を加えることができます。

 

「後処理ではさまざまなことを処理しなければなりません。そこで Lightroom で細かい調整をします。その後、さらに調整が必要な場合は Photoshop を使用します」とダビッドソンさんは言います。

ボケ効果された木々の写真

ぼかし効果を出す

長時間の露出、またカメラを左右に振って撮影することで、樹木写真に芸術的なタッチ、すなわちぼかしを加えることができます。ダビッドソンさんはPhotoshop でぼかし効果を加えることを推奨しています。

 

二重露出スタイル

樹木は、コラージュや二重露光風の画像に仕上げるのに適した被写体です。ここでは、2 枚の画像を結合して定形モンタージュ風に仕上げる方法を学びます。

 

樹木撮影には工夫と根気が必要です。後処理で画像を好きなだけ調整しても結構ですが、樹木やその周りの植物を変えるようなことは加工してはなりません。樹木を見つけた場所は、見つけたときと同じ状態にしておきましょう。思い通りの写真を撮ることよりも、自然に敬意を払い、自然との時間を過ごすことの方が大切です。

 

「屋外での撮影に勝るものはありません。そこが好きなんです、写真撮影のために外に出ても、必ずしも何かを得られるわけではありませんが、探索するだけでもとても素晴らしい経験ができます」とダビッドソンさんは言います。

寄稿

Adobe Photoshop Lightroom の多彩な機能

Lightroom 使

その他のおすすめ...

川に突進するウシカモシカの群れを撮影した見事な自然の写真

あらゆる自然の写真を撮影するためのコツ

ピンクの傘をさして歩く女性を三分割法を使用して撮影した写真

三分割法の使い方とその先のステップ

構図のスキルを磨いて、もっと魅力的な写真を撮りましょう。 

Lightroom

Lightroom プラン

どこからでも写真を編集、整理、保存、そしてシェア
7 日間の無料体験の後 1,078  /月(税別)

Lightroom
Photoshop

フォトプラン

Lightroom、Lightroom Classic、Photoshop、20 GBのクラウドストレージを利用可能
7 日間の無料体験の後 1,078 /月(税別)

Lightroom

コンプリートプラン

Creative Cloud のアプリとツールをすべて利用可能
7 日間の無料体験の後 6,248 /月(税別)