赤ちゃんの写真撮影のヒント

赤ちゃんの成長は早いものです。あっという間に過ぎ去ってしまう瞬間を写真に収められる、赤ちゃんの写真撮影のコツやアイデアを見てみましょう。

赤ちゃんはいつの間にか歩き出して、話し始めて、読めるようになって、気が付けば大学生になっています。人生は瞬く間に移り変わっていきますが、子どもが小さい頃の思い出は大切にしたいものです。一生の宝物になるような思い出に残る赤ちゃんの写真を撮るために、こちらのヒントを役立ててください。

赤ちゃんの写真撮影のヒント

ペールトーンで配色する: 中性色を使うと主役(もちろん、赤ちゃん)に注目が集まります。視覚的な面白さを足すために、中間色のニットブランケットやふわふわのぬいぐるみなど、異なる質感で遊んでみましょう。

**定期的に撮影する:**赤ちゃんの写真を撮る重要な理由は、成長を記録することです。決まったスケジュールで撮影を行い、魅力的なタイムラプス記録を作りましょう。撮影は毎回、大体同じセッティングで行いましょう。毎回背景が違うと、そちらに注意が向いてしまいます。

**昼寝の時間を考慮する:**赤ちゃんのスケジュールに合わせて計画を立てましょう。赤ちゃんは、昼寝の後や、ご飯の後が一番ご機嫌なときかもしれません。もしくは、昼寝_中に_写真を撮ってしまえば一番簡単です。丁度いい時間帯を見つけ、それに合わせて作業しましょう。

**撮影セッティング:**撮影セットは、赤ちゃんを加える前に準備しましょう。照明と小道具の用意を終わらせておくと、赤ちゃんがカメラの前に座っていなければならない時間が最小限になり、機嫌に左右される手間も最小限になります。

**適切な設定を行う:**カメラをポートレートモードに設定します。つまり、絞りを小さくして赤ちゃんにピントを合わせ、背景は柔らかくぼけさせましょう。特に、新生児の撮影などでは、から写真を撮ります。赤ちゃんが床で寝そべったり、ハイハイしたりしている上から、立って撮影しましょう。

スキルを高める

思い出に残る写真を撮り、テクニックを磨き、編集で画像の質を上げる方法についてさらに詳しく学びましょう。**Adobe PhotoshopLightroom**を試して、役立つヒントとちょっとした編集で仕上がりに差をつける方法を知りましょう。