動画編集にトランジションを適用する方法

動画編集におけるトランジションは、視聴者を次のシーンに導くためのクリエイティブな効果です。Adobe Premiere Pro を使って動画にトランジションを加える方法を学びます。

トランジションのテクニック

動画トランジションは、シーンからシーンへ移るためのクリエイティブな手法です。映画制作者はさまざまな手法のトランジションを使います。ストーリーラインの移行を表したり、時間の経過を見せたり、観客を次のシーンへスムーズに移行させることができます。トランジションは後処理で動画編集ソフトウェアを使って動画クリップに追加されます。

 

長編映画の制作でも、ミュージック動画動画コラージュやスライドショーでも、スムーズなトランジションをコンテンツに追加する手法は、簡単かつ効果的な動画編集のテクニックです。

 

どのトランジションが適しているのか

フェードイン、フェードアウト、クロスディゾルブのトランジションはどれもよく使われる動画用のトランジションです。というのも、このテクニックはモーショングラフィックとしても簡単に使用され、さほど注目される存在ではありません。それでも、派手で複雑なトランジションは、動画で使われればクリエイティブな存在になります。例えば、『スターウォーズ』のシリーズでは、ユニークなワイプトランジションが多く取り入れられていることが映画界でよく知られています。

植木鉢の画像に重ねられたAdobe Premiere Proトランジションメニューとタイムラインのウィンドウ

Adobe Premiere Pro のトランジションの使い方

 

1.「ウィンドウ」タブで「エフェクト」パネルを開きます

 

2.「動画トランジション」フォルダを開き、適用するトランジションを選択します

 

3.表示させたい2つの動画クリップの間にトランジションをドラッグ・アンド・ドロップします

 

4.「エフェクト」コントロールパネルを使って、トランジションの長さと位置をカスタマイズします

 

このビジュアル処理の手順は、こちらのガイド付き動画チュートリアルを参照します。

 

デフォルトのトランジションを適用する

トランジションを追加するより速い方法は、2つの動画クリップの間のトランジションを追加したいところで右クリックし、デフォルトのトランジションを適用します。これはクロスディゾルブ効果を加え、また動画クリップとオーディオトラックの両方に適用されます。

 

ハンドルを作る

動画を編集するときに覚えておくべきことは、トランジションでは、2つのフレームが重ねられることです。動画クリップのそれぞれの端の余白映像は、ハンドルと呼ばれます。ハンドルは、タイムラインで使っている映像よりも多い映像を使っている場合にのみ生じます。ハンドルを作るには、クリップの端をドラッグして伸ばし、トランジションにバッファーをもたせます。

 

余分な映像がない場合は、Premiere Pro で、選択した動画クリップの最後と最初のフレームを繰り返してトランジションを作ります。動画クリップを短くカットすることを避けるには、各ショットの前後に数秒多くカメラを回します。これで映像をカットするときにより多くの余裕を持つことができます。

Creative Cloud でトランジションを作る

Adobe の動画エディターにはないタイプのトランジションを使いたい時はプラグインが用意されていますので心配は無用です。Adobe のビデオパートナーファインダーで、Adobeアプリで使えるプラグインが見つかります。グリッチトランジション、リキッドトランジション、シームレストランジションなどの動画エフェクトはすべて、プラグインで作成可能です。

 

Adobe After Effects やPhotoshopでもトランジションを作成でき、それらをPremiere Pro のワークフローに組み込むことができます。手持ちの映像がなければ、Adobe Stockをチェックすると、高画質のストック動画をダウンロードして利用できます。

 

トランジションをうまく作るためのヒント

選びすぎないようにする

選ぶことは楽しいのですが、トランジションの種類が多すぎで気が取られてしまい、動画がアマチュアっぽくなる原因になります。豊富な数のエフェクトで動画を複雑なものにするよりは、確実なトランジションを使う方が良いでしょう。

 

トランジションに一貫性をもたせる

さまざまなトランジションをたくさん取り入れると、動画のペースが一定にならず、安定感がなくなります。数種類のトランジションを選んで、それを順番に使うと、流れがスムーズになり視聴者は違和感のないトランジションを体験することができます。

 

適切な場面で使う

トランジションがストーリーに与える影響を考えましょう。トランジションは、イントロやエンディングなど、映画の新しいチャプターや新たな展開を示します。同一シーンにおける2つの動画クリップのトランジションよりもより効果を期待できます。トランジションはストーリー性を豊かにするツールです。ただ単に空間を埋めるだけの効果ではありません。

Adobe Premiere Pro の多彩な機能

どどこにいても映画テレビ、Web サイトに使える魅力的な映像を作成できます。

その他のおすすめ...

都市を空撮したエスタブリッシングショット

エスタブリッシングショットでシーンを設定

エスタブリッシングショットは、アクションがどこで、いつ起きているのかを伝える重要なショットです。

映画撮影シーンで一眼レフカメラと共に写る男性クルー

主要撮影のガイド

セットが完了した撮影日の一部始終について学び、うまくいく映画撮影のコツをプロから学びます。

写真スタジオで撮影中の写真家とスタッフ

撮影現場でカギを握るショットリスト

スタッフがその日のカメラワークを決める際の基準となるショットリストの作成方法を学びます。

カラフルなデジタル動画エフェクト

人気の動画エフェクトを試す

人気のポストプロダクションエフェクトを使って、作成できる雰囲気やスタイルを学びましょう。

Adobe Premiere Pro を使う

業界最先端の映像編集ソフトウェアで思い通りの作品を作りましょう。

7日間の無料体験の後は月額2,728 円(税別)