デスクトップアプリケーションの使用状況情報に関するFAQ

 

最終更新日:2020年7月29日

 

アドビのプライバシーポリシーは、お客様が当社のWebサイト、製品、およびサービスを使用または操作する際に、アドビが個人情報を収集および使用する方法を開示しています。このFAQは、当社のデスクトップアプリケーションがお客様の個人情報を収集および使用する方法についての追加情報を提供します。

お客様は、ご自身がアドビデスクトップアプリケーションをどのように利用しているかに関する情報(以下「使用状況情報」という)をアドビと共有するかどうかを選択することができます。使用状況情報はお使いのアドビアカウントと関連付けられており、当社はお客様一人ひとりに合った体験を提供するとともに、製品の品質および機能を改善することができます。お客様は、いつでもアカウント管理ページで設定を変更することができます。

 

デスクトップアプリケーションの使用や操作の方法に関する情報を共有しないことを選択できますか?

はい。お客様は、アカウント管理ページで環境設定を指定して、使用状況情報の共有を無効にすることができます。この設定はベータ版のアプリケーションには適用されません。ベータ版では、使用状況情報が常にアドビと共有されます。

この設定は、お客様のデスクトップアプリケーション内の機能の使用状況に適用されますが、これらのデスクトップアプリケーションから接続されるBehance、Adobe Fonts、Document CloudまたはCreative Cloudなどのオンラインサービスには適用されません。これらのサービスの一部として収集される使用状況情報には、サービス個別のプライバシーポリシーおよびアドビプライバシーポリシーが適用されます。オンライン使用状況の追跡からのオプトアウトについて詳しくは、アドビプライバシーセンターのプライバシーに関する選択肢のセクションを参照してください。

 

どのような情報が共有され、またアドビはそれを何に使用しますか?

お客様は、アドビデスクトップアプリケーションの使用および操作の状況について、以下の種類の情報を共有するかどうかを選択できます。

  • デバイス、オペレーティングシステム、インストールされているメモリ量、画面解像度などのシステム情報
  • アドビ製品情報(バージョン番号など)
  • ページ数や一意のドキュメント識別子など、ドキュメントに関する情報(ドキュメント内のコンテンツではない)
  • ドキュメントを開いた回数などのドキュメント使用状況情報、および
  • お客様によるアドビのアプリケーションの操作方法、アドビのデスクトップアプリケーションがお客様のコンテンツに対しておこなう動作(お客様が使用する機能や選択したオプションなど)

 

これらの情報はお使いのAdobe IDと関連付けられ、お客様一人ひとりに合ったアプリケーション使用体験を提供するため、製品を改善に役立てるため、およびお客様とのコミュニケーションを図るために使用されます。

お客様に関連する情報をアドビが使用する方法の概要については、アドビプライバシーセンターを参照してください。

 

デスクトップアプリケーションはどのようなオプションを提供しますか?

  • Creative Cloudアプリケーション(2014年リリース時点)
  • Adobe Photoshop Elements、Adobe Premiere Elements(バージョン13時点)
  • Acrobat Standard DC、Acrobat Pro DC(2017年のリリース時点)
  • Adobe Photoshop Lightroom CC、Adobe Photoshop Lightroom 6
  • Adobe FrameMaker 2017

 

企業ユーザーや教育ユーザーが、アドビデスクトップアプリケーションの使用状況に関する情報を共有する方法には、どのようなオプションがありますか?

 

Creative Cloud

Creative Cloud PackagerまたはEnterprise IDを使用してアプリケーションのインストールを管理している場合、Creative Cloudグループ版、Creative Cloudエンタープライズ版、およびCreative Cloud教育機関向けでは、この情報をアドビと共有する機能は無効であり、有効にすることはできません。例外的に、ベータ版アプリケーションは、使用状況情報をアドビと共有します。

ただし、管理者の許可に基づき、ユーザーがAdobe IDを使用してCreative CloudデスクトップからCreative Cloudアプリケーションをインストールする場合、ユーザーはアプリケーションの使用状況に関する情報を共有することができます。ユーザーは、アドビアカウント管理ページにアクセスして、いつでも環境設定を変更することができます。

 

Photoshop ElementsおよびAdobe Premiere Elements

Adobe Volume Licensing(教育機関向けを含む)を使用してアプリケーションのインストールを管理している場合、この情報をアドビと共有する機能は無効であり、有効にすることはできません。