電子サインの作成方法

電子サインは要求する認証のレベルを下げつつ、デジタル署名と同様の利便性を提供します。電子サインを使用すると、PDFやその他の文書に迅速かつ安全に署名できます。電子サインで署名する方法を学びます。

 

電子サインの作成方法

電子サインは要求する認証のレベルを下げつつ、デジタル署名と同様の利便性を提供します。電子サインを使用すると、PDFやその他の文書に迅速かつ安全に署名できます。電子サインで署名する方法を学びます。

署名の作成

紙の文書に別れを告げましょう。Acrobat Signを使用すれば、PDFの電子サインを簡単に作成できます。電子サインなら、ご使用のモバイルデバイスから、よりすばやく効率的に文書への署名が可能になり、デジタルワークフローを強化できます。

電子サインで文書に署名する方法

電子サインとは?

電子サインは、電子形式の文書やフォームに対する同意または承認の意思を、法的に有効な形で記録するための手段です。これには、より厳格な認証を必要とするデジタル署名も含まれます。事実上、あらゆる個人または業務プロセスにおいて、手書き署名の代替手段として電子サインが使用できます。

 

信用と法的効力

信用と法的効力

Acrobat Signで作成した電子サインは法的に有効であり、法的拘束力を備えています。世界中の先進国における電子サイン関連法規対応しています。

信頼性とセキュリティ

信頼性とセキュリティ

いつでも安心して使える高可用性と、高度なセキュリティおよびプライバシーを確保。世界中のどこでも優れた性能を発揮し、世界トップレベルの厳しいセキュリティ標準に準拠しています。

処理状況のトラッキングと管理

処理状況のトラッキングと管理

すべての署名のステータスを把握できるほか、通知の受け取りやリマインダーの送信、依頼の変更や取り消し、トランザクションに対する詳細な監査証跡の表示が可能です。

Acrobat Sign - 電子サイン
信用と法的効力

信用と法的効力

Acrobat Signで作成した電子サインは法的に有効であり、法的拘束力を備えています。最も厳格な要件を満たし、世界中の電子署名関連法に対応しています。

信頼性とセキュリティ

信頼性とセキュリティ

いつでも安心して使える高可用性と、高度なセキュリティおよびプライバシーを確保。世界中のどこでも優れた性能を発揮し、世界トップレベルの厳しいセキュリティ標準に準拠しています。

処理状況のトラッキングと管理

処理状況のトラッキングと管理

すべての署名のステータスを把握できるほか、通知の受け取りやリマインダーの送信、依頼の変更や取り消し、トランザクションに対する詳細な監査証跡の表示が可能です。

デジタル署名の方法

Acrobat Signでは、PDFのデジタル署名を簡単に作成できます。

デジタル署名による署名

Acrobat Signでオンラインで署名する方法

Acrobat Signを使用すれば、PDFの電子サインを簡単に作成できます。

関連トピック

以下の関連トピックについて理解を深めましょう。電子サインに関するリソースもご覧ください。

電子サイン

デジタル署名

オンラインでPDFに電子サインし、署名

電子サイン

デジタル署名

オンラインでPDFに電子サインし、署名

Acrobat Signの電子サインに関するよくある質問


Acrobat Signは、法的に有効な電子サインを使用した文書やフォームを送信、署名、管理、アーカイブできる、Document Cloudソリューションです。Acrobatのwebアプリやモバイルアプリも使用可能なため、いつでもどこでもどんなデバイス・ブラウザーでも、文書に署名し、他者に署名を依頼、署名プロセスを追跡することができます。

Acrobat Signで電子サインを作成する方法は、4つあります。名前を入力するか、手書きの署名の画像ファイルをアップロードするか、マウスでサインを描画するか、タッチスクリーンデバイスに指またはタッチペンでサインすることができます。

はい。電子サインは世界中のほとんどの先進国で法的な効力と法的拘束力を持ちます。さらに、発展途上国の中にも電子サイン法を制定する国が出てきています。米国では 2000年にESIGN Act可決され、事実上あらゆる用途において電子サインの効力が法的に認められました。EUでは、2016年7月にElectronic Identification and Trust Services Regulation(eIDAS)規則が発効しました。その他の国々でも同様の法整備がおこなわれています。詳しくは、電子サインの法的な有効性関するページをご覧ください。

Acrobat Signは、スマートフォン、タブレット、MacやWindowsなどのデスクトップコンピューターを含む、ほぼすべての最新のデバイスでの文書への署名に対応しています。