アドビの課税ポリシーステートメント


2015年9月15日
すべての投資家の利益となるような強いグローバル経済とインフラストラクチャを構築するために、課税ポリシーは重要であるとアドビは考えています。しかし、アドビやその関連組織が支払った法人所得税の金額は、アドビによる貢献のすべてを表すものではありません。アドビによる、雇用を生み出す取り組み、独立事業のサポート、生産性効率の向上、地域でのパートナーシップ、社会奉仕活動、サービス時間、給与税、その他の多くの要素により、コミュニティに対する経済的な利益が生み出されています。
過去3年間、グローバルに貢献しているアドビの法人所得税の割合は平均で24%で、過去1年では26%でした。この割合は、同じ規模の同業他社と同等と報告されています。アドビは、適用される課税ルールに従い、責任をもって課税業務を管理しています。すべての投資家、顧客、従業員、ローカルコミュニティの関心を考慮し、責任を持って成果を生み出すように努力しています。

企業の社会的責任に関するアドビの最新の取り組みについては
Conversationsブログからご覧いただけます。