日常を変えるイノベーション

探求を重視するアドビの社風は、創意工夫に富んだ思考や、適切な問題解決、独創的なプログラムを生む原動力であり、アドビの事業とコミュニティを円滑に機能するための基盤です。

 
日常を変えるイノベーション
社員のやる気を引き出す

社員のやる気を高める

2012年、アドビは年次の業績評価を廃止し、Check Inを利用した会話でマネージャーが随時部下にフィードバックを提供できるようにしました。その結果、従業員のサポートが充実したことで離職率が大幅に減少してやる気が高まり、同時にマネージャーはより自信を持ってマネジメントできるようになりました。今では、他社が独自のCheck-Inプログラムを導入できるよう、ツールおよびリソースをオープンソースで提供しています。

Check-Inについて詳細を見る(英語)  

クリエイターの支援

創造性に富んだビジュアルコンテンツは、人類の文化に不可欠だとアドビは考えています。2015年に設立したAdobe Creative Residencyは、この信念のひとつのあらわれです。このプログラムでは、2人の才能のあるアーティストに対し、1年間、個人的なクリエイティブプロジェクトに専念し、その作品と発見をクリエイティブコミュニティと共有するチャンスが提供されます。

Creative Residencyプログラムについて詳細を見る

クリエイターの尊重
イノベーションを解き放つ

イノベーションを解き放つ

真っ赤なパッケージのAdobe Kickboxには、従業員ひとりひとりが、新しい製品やサービスの考案に使用できる6つのイノベーションプロセスが用意されています。アドビの社内で使用されていたこのツールは、いつしか業界の話題になりました。そこでアドビはすべての企業が使用できるように、Kickboxをオープンソースで提供しています。

KickboxについてのFortune誌の記事を読む(英語)

Adobe Labsをのぞき見る

Sneaksデモでは、Adobe Labsの内部で生まれつつあるアイデアやテクノロジーをのぞき見ることができます。Adobe Sneaksの背後にいる人々やテクノロジーを詳しくご覧ください。 

Peek Behind the Sneaksについて詳細を見る(英語)

Peek behind Sneaks
商品化のための研究

商品化のための研究

アドビの研究部門に所属する従業員は、驚異的で楽しいテクノロジーを探求し、生み出すことに努めています。アドビの研究部門がもたらす今日の技術革新は、明日のユーザーエクスペリエンスを大きく変えます。 

アドビの研究部門について詳細を見る(英語)

Jeff Chien、シニアプリンシパルサイエンティスト

 

発明に掛ける情熱

アドビの共同創業者がよく口にするように、「優れたアイデアのきっかけは、会社の至るところに存在」します。

アドビのシニアプリンシパルサイエンティストであり、社内発明家であるJeff Chienは、これまで51件の特許技術を開発しました。それらの技術はAdobe Photoshopに組み込まれ、この最強の画像エディターの重要機能の基盤となっています。

Jeff Chienの特許について詳細を見る(英語)

Facebook
Twitterアイコン
LinkedInアイコン