ティルト・シフト撮影

ティルトシフトレンズを使って、個性的な被写界深度効果を得て、写真の遠近感を自由にコントロールする方法を学びます。さらに、ティルトシフト写真撮影のテクニックを磨くため専門家からアドバイスを受けます。

河沿いの建物を写したチルトシフト写真

ティルトシフトレンズで写真を変える

ミニチュアモデルのような効果、高層ビルのラインをまっすぐにする効果、ポートレートで選んだレンズブラー効果の実験など、ティルトシフト効果は創造力を掻き立てる撮影方法です。ティルトシフトレンズを使用することで、デジタルツールでしか表せない被写界深度や遠近感をカメラで実現します。高画質で個性的な写真を撮りたいのであれば、ティルトシフトレンズは最適なツールかもしれません。

ティルトシフトカメラレンズのティルト写真
ティルトシフトカメラレンズ

ティルトシフトレンズの仕組み

ティルトシフトレンズには、ティルト機能をコントロールするツマミと、シフト機能をコントロールするツマミの 2 つがあります。

 

ティルト

ティルトノブは、センサーに対してレンズを傾けることで、ピント面を変化させます。つまり、ピントの合う範囲を決めるピント面がカメラのセンサーに対して平行ではなく、一定の方向に傾くことになります。

 

ピント面を傾けた後は、被写界深度を広く、または狭くする選択的フォーカスが可能になります。レンズブラーを多用して被写界深度を浅くする、または、ピントをシャープに合わせることもできます。また、カメラからの距離が異なる 2 つのポイントにピントを合わせることもできます。

 

ティルト機能でピントを操作できるのは、「シャインプルーフの原理」と呼ばれるものによるものです。これを利用した例として、ミニチュアフェイク写真があります。画像の大部分をぼかし、被写界深度を非常に浅くして撮影することで、現実の風景をミニチュアスケールのモデルのように見せることができます。

 

シフト

ティルト効果は画像のピント面を変えるものですが、シフト効果は画像の遠近感を変えるものです。シフトノブを使って、レンズをカメラ本体で上下左右に移動させることができます。レンズが動けば画像面も動くので、センサーには画像全体のうち異なる部分が記録されることになります。カメラを動かさなくても、パノラマ写真が撮れるというわけです。シフトノブを使用するには、画像の開始点にしたい箇所にカメラのレンズを向け、ノブをひねってレンズを任意の方向に移動させることで、思い通りの構図を得ることができます。

 

どんなレンズでも、光の輪が長方形のイメージセンサーに当たります。しかし、ティルトシフトレンズでは、イメージサークルが通常のレンズよりもはるかに大きくなります。シフトすることでイメージサークルをセンサーの周りに移動させることができます。ファインダーで見ているものは、レンズで見ているもののほんの一部に過ぎません。あたかも Lightroomで写真の形に切り取られたようなものだと考えてください。レンズを移動させるということは、クロップボックスを画像上で動かして理想的な構図を探すようなものです」写真家の ニック・ウリビエリさんはこのように語ります。

 

このパノラマタイプの機能によって、撮影者と被写体がどの位置関係にあるかに関わらず、完全な直線を撮影できます。 代表的な例として、建築写真では、高い建物が高くなるほど後ろに向いているように見えることがあります。 シフト機能を使えば、上に向かって完全な平行線になるような画像にすることができます。

 

写真編集ソフトで遠近感を補正する方法

ティルトシフトレンズの使い方として、1枚の写真を撮った後、ノブを上にずらしてもう1枚の写真を撮り、Adobe Photoshop などの編集アプリでつなぎ合わせてパノラマ写真を作るという方法があります。「画像のつなぎ合わせは、私の作業の流れの中で大きな部分を占めています。私は、画像の30% をオーバーラップさせています」と建築写真家のアンドリュー・ピーラージさんは言います。

 

また、Adobe Photoshop Lightroom の「変形」パネルでも遠近感を補正することができます。これらのツールにより、画像の領域を引き伸ばす、または圧縮できますが、この作業では画像をある程度切り取ることになります。この機能は多くの画像で有効ですが、画像に多くの歪みがある場合は、トリミングによって画質が低下したり、構図が変わったりする可能性があります。後処理ツールは多くの場合、適切な処理方法となりますが、プロの写真家や撮影現場で満足のいく結果が求める人にとってティルトシフトレンズが最適です。

 

ティルトシフトシンズの5つの使い方

ビジネス街の写真
ビジネス街に流れる運河を下る船の写真

撮影 : ニック・ウリビエリ 

建築写真撮影

街並みや建築物を撮影するため、および完全に直線的な写真を撮るためのティルトシフトレンズがない場合は、レンズを地面と平行にし、被写体に対して垂直に配置する必要があります」とウリビエリさんは説明します。しかし、大抵の場合、建物と平行ではなく、歩道から建物を見上げるような形になるので、建物全体をフレームに収めるには広角レンズが必要になります。

 

広角レンズで建物全体が写りますが、縦のラインは真っ直ぐではなく、ある1点に向かって内側に合流するように見えます。シフトタブを使用して撮影すると、この問題が解決され、建物が歪まずに本来あるべき姿で撮影できるようになります。

 

風景写真撮影

建築写真撮影の原理が同様に風景写真にも当てはまります。森や山の風景などは、シフト効果による線の後退を避けることができる被写体です。


また、ティルト効果を使えば、風景の中で被写体が近くにあっても遠くにあっても、シャープに表現することができます。例えば、手前に野花があり、遠く山があるとします。「花の近くにいる場合、普通のレンズでは花と山の両方をシャープに撮れる絞りはありません。しかしレンズを傾けると、ピント面が後ろに傾くことで、花と山の両方と交差させることができます」とウリビエリさんは言います

ビーチにいる人々を撮影した空撮写真

ミニチュア効果

被写界深度が浅く、画面全体がぼやけていてマクロ撮影
のように見えるため、撮影者はティルトノブを使ってミニチュア模型のようなシーンを作ることができます。

カメラに向かってポーズをとっている人の白黒写真

ポートレート

ティルト機能による選択的フォーカスにより、ウェディング写真やカップルの写真を撮影する際に幸福を感じさせるような撮影テクニックを使うことができます。ピント面を傾けることで、一部の要素だけにピントを合わせ、周囲は柔らかくぼかし、被写体を引き立て、見る人の視線を重要な部分に誘導することができます。

 

商品写真

「商品撮影で、小さな絞りだけではピントが合わない場合、ピント面を傾けることで、近くにある物、遠くにある物をシャープに見せることができます」とウリビエリさんは言います。また、被写体以外のものをぼかすこともできます。これは食べ物の写真でよく使われるテクニックです。

 

ティルトシフト撮影のコツ

草原に立つカメラが取り付けられた三脚

適切な三脚を使用する

ティルトシフト撮影では、可動部が多くなるため、丈夫な三脚が必須アイテムとなります。 レンズを上にシフトさせながら、カメラを安定させて連続したフレームを撮影する場合、カメラを持って撮影するには無理があります。

 

購入前に試す

「ティルトシフトレンズは非常にシャープで良く設計されていますが、それため価格も高いのです」とピーラージさんは言います。ティルトシフトレンズは価格が高いので、購入する前にレンズをレンタルするか、人から借りて、使い勝手を確かめてから希望するレンズを購入すると良いでしょう。

 

「高価なレンズですから、23 枚レンタルして使用してから購入を決めるのをおすすめします。しかし、結果的には購入金額に見合うだけの価値があります」とウリビエリさんは言います。

ビルの間を歩く人々の写真
ビル群の脇を流れる運河を下る船

撮影 : ニック・ウリビエリ 

徐々に試す

ティルトシフトレンズは、従来のデジタル一眼レフカメラ用レンズに比べて慣れるまで時間がかかるため、買ってすぐにテクニックが身につくわけではありません。「私が初めてティルトシフトレンズを使ったとき、最初の 1、2 ヵ月はイライラしたものです。その仕組みを知るために、何度も繰り返し試してみました。実際に手に取って撮影し、失敗を繰り返す必要があるでしょう。それが慣れるための最良の方法です」とピーラージさんは言います。

 

レンズを使いこなす上で、いきなりティルト機能とシフト機能を組み合わせてはなりません。最初からティルト機能とシフト機能を組み合わせて使うのではなく、1 つずつ試してみて、それぞれの機能に慣れるようにします。ティルトシフトレンズはすべてマニュアルフォーカスなので、構図決め、撮影の準備に時間がかかります。「最も難しいのは、ゆっくり時間をかけてピントを合わせていくことだと思います。目標達成のためには、慎重に進めていかなくてはなりません」とウリビエリさんは言います。

 

どのような写真を撮りたいのか、どのような経験を積んでいるのかに関わらず、ティルトシフトレンズはすべての写真家に新しい発見を与えてくれます。「ティルトシフト撮影にはさまざまな方法があります。このレンズでどのような創造性豊かな写真が撮れるのか、その方法について人々は未だに模索しています」とピーラージさんは言います。

 

ティルトシフトレンズの基本的な使い方を理解した上で、ティルトシフトレンズを使ってさまざまな創造性豊かな写真を撮影しましょう。

寄稿

Adobe Photoshop の多彩な機能

Photoshop 使

その他のおすすめ...

街の夜景のボケ写真

写真の背景をボケにする方法

写真を印象的に見せる美しいボケについて学びます。

水辺の白い犬  - 焦点距離の取り方のコツ | Adobe

焦点距離を理解する

どのような写真でも必要な焦点距離を選択する方法を説明します。

アニメ風の 2 人が近未来的な背景を見つめている

マットペインティングで新しい世界の創造

映画やテレビ、ゲームなどで使われる SF の世界の都市やファンタジーの風景をマットペイントで表現する方法を学びます。

Lightroom

Lightroom プラン

どこからでも写真を編集、整理、保存、そしてシェア
7 日間の無料体験の後 1,078  /月(税別)

Lightroom
Photoshop

フォトプラン

Lightroom、Lightroom Classic、Photoshop、20 GBのクラウドストレージを利用可能
7 日間の無料体験の後 1,078 /月(税別)

Lightroom

コンプリートプラン

Creative Cloud のアプリとツールをすべて利用可能
7 日間の無料体験の後 6,248 /月(税別)