AR(拡張現実):IllustratorとAeroを使用した印象的な作品の制作 - L336

英語の字幕がビデオ再生画面よりご利用いただけます。

このページを共有

SPEAKERS


ABOUT THE SESSION

Illustratorで作成したデザインを、拡張現実(AR)という新たな次元に昇華させる方法を紹介します。デザイナー兼イラストレーターのMichael Fugoso(Fugstrator)が、このラボで実際に実機を操作しながらプロセス全体を詳しく説明します。まずIllustratorを使ってきれいなイラストを作成し、その後Adobe Aeroに搭載されたリアルタイム3Dを活用してイラストに躍動感を与えます。思った以上に簡単に実現するので、きっと驚かれることでしょう。

Michaelが自身のワークフローを通して、以下の内容について説明します。

  • シェイプ、間隔、色を適切に使用する計画を立てて、IllustratorアートをARに変える方法
  • Illustratorのスキルを磨くためのテクニックとプロによるアドバイス
  • 自身のスキルセットにARを追加する方法
  • クライアントから「ポップな作品」を依頼されたときに、期待どおりの作品を制作する方法がわかっていること

技術レベル: 初級, 中級

タイプ: ラボ

カテゴリー: ハウツー

トラック: イラストとデジタルペインティング, グラフィックデザイン, 3DとAR

対象: アート/クリエイティブディレクター, ゲーム開発者, グラフィックデザイナー, 印刷物デザイナー, webデザイナー, 3D, イラストレーター

本コンテンツの著作権はアドビに帰属します。本コンテンツの録画や掲載は一切禁止されています。


本ページにリンクされた資料(以下「セッション資料」)にアクセスすることで、以下に同意したものとします。1.セッション資料はアドビの利用規約に基づくサンプルファイルであり、2. 当該講演者の指示のみに従ってセッション資料を使用します。

Play button

Presented by HP Inc.

From 3D to VR: Alex Trochut on his Evolution Using Medium

あなたにおすすめのセッション

Adobe Stockの無料素材

Adobe MAXの参加者のために厳選されたAdobe Stockの写真、ビデオ、テンプレートの素材を探そう