Substance 3D PainterおよびDesignerによる3Dスマートマテリアルのデザイン - L488

英語の字幕がビデオ再生画面よりご利用いただけます。

このページを共有

SPEAKERS


ABOUT THE SESSION

現実のマテリアルをスマートな方法で再構築し、プロジェクト間でマテリアルとマスクを再利用および共有する方法を学習します。アドビのテクニカルアーティストであるLaurens Corijnがこのラボをご案内します。Substance 3D PainterのスマートツールとSubstance 3D Designerのパラメトリックな可能性によって、Substance 3D Collectionの可能性を最大限に引き出し、製品デザインからリアルなゲームや視覚効果、様式化されたアニメーションなどのプロジェクトまで、思い通りの外観を実現する方法を発見しましょう。

このSubstance 3Dツールのラボでは、以下の内容を学習します。

  • レイヤーとマスクを使用して、複雑で適応力の高いスマートマテリアルを作成する
  • ベイク処理されたモデルデータを使用して独自のマスクジェネレーターを構築する
  • 各Substance 3Dアプリを最大限に活用する

技術レベル: 中級, 上級

タイプ: ラボ

カテゴリー: ハウツー

トラック: イラストとデジタルペインティング, グラフィックデザイン, 3DとAR

対象: アート/クリエイティブディレクター, ゲーム開発者, グラフィックデザイナー, 印刷物デザイナー, 3D, イラストレーター

本コンテンツの著作権はアドビに帰属します。本コンテンツの録画や掲載は一切禁止されています。


本ページにリンクされた資料(以下「セッション資料」)にアクセスすることで、以下に同意したものとします。1.セッション資料はアドビの利用規約に基づくサンプルファイルであり、2. 当該講演者の指示のみに従ってセッション資料を使用します。

Play button

Presented by EK Fluid Works

5 Steps for Next-level Results in 3D and Video Creation

あなたにおすすめのセッション

Adobe Stockの無料素材

Adobe MAXの参加者のために厳選されたAdobe Stockの写真、ビデオ、テンプレートの素材を探そう