注意:2014年11月以降は、オープンソースのコードエディター(無償)であるBracketsプロジェクトに一本化し、Edge Codeの開発は行われません。今後も新機能の更新があるBracketsへ移行してください。
 

Edge Code CC:HTML、CSS、JavaScriptのコーディング

 
Edge Codeは、HTML、CSS およびJavaScriptを扱うWebデベロッパーおよびデザイナー向けの軽量テキストエディターです。オープンソースのBracketsプロジェクトを基盤とし、ブラウザーと連携して画面上にコードの変更内容を直接表示することで、開発時間を短縮します。
 
Adobe Edge Code CC

機能

  • コンテキスト内コード編集
  • CSS、HTML、JavaScript対応のコードヒント
  • カラー編集のための統合ビジュアルツール
  • Edge Inspect、Edge Web Fonts、Adobe PhoneGap Buildによる強力な編集機能
  • コミュニティから生まれた50を超える機能拡張
  • HTMLのライブ開発(ライブプレビューを含む)
  • CSS Quick Editの新規ルールセレクター
  • エディター内で画像をプレビュー
  • ベジェ曲線タイミング関数用ビジュアルエディター
  • 複数カーソルのサポート、同時に複数の場所での編集が可能
  • CSSシェイプエディター 拡張機能(Edge CodeとBrackets用)
  • ファイルの検索と置換の機能強化

今日から始めるBrackets

Bracketsのダウンロード方法と使用方法、すばやくコードを作成できるヒントとテクニックなどを説明します。
Creative Cloudチュートリアル