カメラレンズのf値を攻略

写真撮影でのFストップとは、レンズにどのくらい光が入るか、そしてどのくらい明るい露出になるのかを測定するものです。絞りについてよく理解し、撮影の際に正しいFストップを選ぶ方法を学びます。

Fストップコントローラーのカラフルな画像

Fストップとは

Fストップは、レンズ開口部の測定を表す用語です。レンズの開口部は、カメラのレンズに入ってくる光の量をコントロールし、それはFストップで測定されます。シャッタースピードやISO(光に対する感度)と共に開口部は、写真の露出トライアングルを構成する3つの基本の1つです。


Fストップは適切な露出を得るのに役立つだけでなく、被写界深度をも決めることができるので、写真の見た目や感じがこれで変わってきます。「たっぷりと光が当たっている状態や光があまり入らない状況で撮影している場合を除き、Fストップは大抵の場合、写真のスタイルや見た目をどのようにしたいのかを決めるのに使われます」と写真家のニコル・モリソンさんは言います。

 

重要な絞り

Fストップの「F」はレンズの 焦点距離を表します。焦点距離がレンズの視界を表すのに対し、Fストップは開口部の度合いを通して、光をどれだけセンサーに与えるかを示します。開口部はレンズの中心にある孔です。これは回転する刃でできていて、シャッターをリリースすると、これが開いて光を取り込みます。開口部の直径がどれだけ光を取り入れるか決定し、露出によりどれだけ明るくなるのかが決まります。

 

レンズを上手に選ぶ

撮影に使えるFストップの範囲は、カメラのレンズによって全く変わります。レンズが撮影できる一番小さなFストップを、最大絞りと呼びます。望遠レンズの多くは最大絞り値がf/2.8 または f/4ですが、中には変則的な範囲のレンズもあります。プライムレンズ、または固定焦点距離のレンズは、動く部品が少ないので、より大きな開口部にすることができます。

雲が広がるロッキー山脈の画像
背景に星空が広がる雪山の画像

使用するレンズは、撮りたい写真の種類によって決まります。天体写真を撮る場合で、速いシャッタースピードで少ない光用のレンズが必要な場合、絞り値はf/2.8か、それより広角のレンズが良いでしょう。しかし、日中に風景写真を撮る場合は、小さなFストップは避けた方が良いでしょう。速いレンズ、つまり大きな開口部のレンズは値段が高く、遅いレンズ、つまり小さな絞りのレンズはより求めやすい価格になっています。

 

手頃な価格のレンズを購入するには、自分に何が必要なのか理解し、撮りたい写真には最大開口部値のレンズが必要なのかどうかを考えて判断します。

 

Fストップのサイズ

Fストップは、焦点距離を分子、レンズ開口部の値を分母にして小数点で表されます。開口部のサイズは、それに相当するFストップと反比例して表されます。Fストップが小さければ、開口部は大きくなります。Fストップが大きければ、開口部は小さくなります。それでは、適切な開口部の設定はどのようにすれば分かるのでしょうか?このガイドで、色々な状況に合わせた開口部の設定について学びましょう。

チェーンネックレスをつけてカメラを見つめる人

f/1.2–f/2.8

開口部が大きいと光をたくさん取り込むので、暗い場所での撮影に向いています。この範囲のFストップはポートレート写真にもよく使われます。それは被写界深度が浅くなるので、背景にソフトなボケの効果が加わり、被写体が引き立って見えるからです。「人物だけに焦点を合わせ、他は全て背景の中にボケていくようにしたいなら、私は大きい絞り値を使います。

 

浅い被写界深度の写真の撮り方を学ぼうとしているなら、50mm のレンズが最高です。ほとんどの会社が、絞り値の大きい50mmのレンズを、比較的安い価格で売っています」とモリソンさんは言います。

 

f/4–f/8

このミッドレンジの絞り値のレンズは、ほとんどの状況に対応できます。被写界深度がさらに深いので、異なる距離においてそれぞれの物に焦点を合わせることができ、しかも光を十分に取り込み、背景のぼかし効果も得られます。「小さな絞りと、もっと深さのある被写界深度が好まれるもう1つの理由は、より多くのコントラストを得ることができるからです」とモリソンさんは付け加えます。

格子状の背もたれが印象的な白い椅子
空を飛ぶ鳥

f/11–f/32

小さい絞り値は、光が良く当たっている場面に向いています。 f/11以上のFストップでは、より深い被写界深度が得られ、フレームに入っている物のほとんどに焦点が合います。色々な物体が違う距離にある場合、絞り値を上げて、何もボケることがないようにします。「商品写真を撮る写真家は、高いFストップのカメラを使います。なぜなら、商品を撮影する時は全てに焦点が合っていなければならないからです」とモリソンさんは言います。

 

露出トライアングルを念頭にFストップを選ぶ

絞り値はすぐに判断するには便利な測定値ですが、それだけでFストップを選ぶべきではありません。実際には、どのようなシーンであっても、1つのFストップで全てが撮れると言うわけではありません。それはシャッタースピードと ISO、そして絞りのバランスであり、最終的には目標とする写真の外観により、それを決めていきます。

 

あまり光のない室内イベントの写真を撮る場合、レンズ開口部をいっぱいに開きます。しかし、被写界深度を浅くしたくはありません。全てに焦点を合わせる場合、フラッシュを使って開口部を中程度にしておきます。または ISOを上げて光の不十分さを補います。シャッタースピードを落として、光をより多く取り込むこともできます。

 

これだけのセッティングが整えば、撮影の際に色々と試すことができます。これはちょうど、それぞれの数値を使ってパズルを解くようなものです。光を使って作業するのは、多くの試行錯誤を必要とします。

 

カメラ設定でFストップを調整する

フィルムカメラと、一部のデジタルカメラには、レンズその物に絞りリングが付いていて、それを回して絞りのサイズを設定することができます。しかし、ほとんどのデジタル一眼レフカメラの場合、絞りはダイヤルまたはタッチスクリーンで選択して、設定します。ほとんどのフィルムカメラはFストップのレンジのみで設定しますが、現在、ほとんどのデジタル一眼レフのメーカーは設定範囲をさらに広げています。 

カメラのFストップ調整リング

Fストップの測定値に慣れましたら、Avと表示される絞り優先モードを使ってみます。露出トライアングルを学ぶには最適な方法です。Avモードでは、希望する絞りに設定すると、シャッタースピードとISOが自動的に調整され、適切な露出を得ることができます。この方法に慣れましたら、マニュアルモードに挑戦し、絞りやその他の設定をうまくコントロールしてみます。最初は学ぶのが難しいかもしれませんが、自分でコントロールすることに慣れてくると、やり甲斐を感じることでしょう。

 

1フレームごとに自分の目を磨く

「絞りは分かりにくいかもしれませんが、実際に撮ってみると理解できます」とモリソンさんは言います。そして、最高に良い方法は、実際にいろいろ試してみることです。最初はバランスの取れた設定をするのが難しいかもしれませんが、慣れてくれば簡単になります。いつの間にか、どの設定がどの状況に適しているか、把握できるようになります。 

寄稿

Adobe Photoshop Lightroom の多彩な機能

Lightroom 使

その他のおすすめ...

カメラの色々な ISO 設定

ISO の基礎知識
露出の三大柱の1つである ISO が写真で果たす役割ついて学びます。

水辺の犬 - 焦点距離のコツ | Adobe

焦点距離について学ぶ

どんな写真にも焦点距離を的確に選択する方法を学びます。

ステージで演技するバレエダンサー、シャッタースピード写真撮影 | Adobe

絞りとシャッタースピードを理解する

調

Photoshop Lightroomを入手

写真の閲覧から補正や加工、管理まで。スマホでもPCでも同期できる写真サービス。

7日間の無料体験の後は月額1,078 (税別)