初心者向けの撮影用照明器具

自然で適切な露出の写真を作るために、撮影道具セットとして用意しておきたい様々な照明器具について詳しくご紹介します。

自然光か、人工照明かにかかわらず、写真撮影は光が命です。撮影初心者は、自然光の下で撮影する人が多いでしょう。しかし、カメラに慣れてくるにつれ、屋内撮影にも興味が出てきたり、よりクリエイティブなアプローチを試したくなるはずです。これは、特別な照明器具が必要になることを意味します。

ソフトボックス

ソフトボックスは、三脚上に装着する大きなボックスで、内部光源(電球)から被写体に向かって光を拡散します。様々な形状やサイズがあるので、用途に応じて使い分けましょう。

ソフトボックスは、ポートレート撮影製品撮影に適した魅力的な照明です。

レフ板

レフ板は、光を発するわけではありませんが、人工照明(例:ソフトボックス)や、窓から差し込む自然光を調整できます。レフ板には、反射する光の特性をそのまま保つものと、反射する光を変化させて、写真の色温度や色調を変えられるものがあります。

ディフューザーとフィルター

カメラでフラッシュ撮影すると、一部が強く写りすぎたり、細部が飛んだりする場合があります。ディフューザーとフィルターは、フラッシュによる強すぎる光も拡散できる、安価なツールです。

最高の撮影用照明セット

照明器具の良いところは、必要なものがすべてセットになっていることです。必需品が一つになった、人気のセットをいくつかご紹介します。

**Fovitec Studio Pro 2500-Watt:**初心者向けの優れたキットで、3つのソフトボックス、スタンド、ブームスタンド、キャリーケースが含まれます。

StudioFX 2400-Watt:室内撮影用にぴったりのセットです。ソフトボックス2台とヘアライトソフトボックス1台が含まれます。ヘアライトソフトボックスは、モデルの髪を逆側から照らし、ドラマチックな効果を出すことができます。

**LimoStudio 600-Watt:**比較的安価なセットです。スタンド3台、電球3個、電球ソケット3個、アンブレラリフレクター2台、携帯用バッグ2個が含まれます。

写真撮影のヒントやテクニックを読み、もっとインスピレーションを得ましょう。

**Adobe PhotoshopLightroom**のすべての機能を使いこなしましょう。