解説動画で情報を端的に伝える

動画コンテンツにより、顧客に製品やサービスの最良の使い方を説明します。顧客にオファーできるものの情報はすべて動画で伝えます。

ノートパソコンに映る解説動画

説明動画とは?

説明動画は、顧客の質問に答えることのできる最適な方法です。説明動画は通常、短い解説の動画で、内容は限られています。見る人は、この動画によって製品やサービスをよく理解できるようになります。

 

説明動画は、顧客や見込み客に向けて作られていますが、厳密に言うとこれはマーケティング用の動画ではありません。プロモーションやマーケティング用の動画は、新製品や新しいサービス、ブランドなどについて顧客の関心を高めるものです。説明動画は、顧客に製品やサービスの使い方などについて説明する動画です。動画によるマーケティングとは、顧客を集め、宣伝をして製品の人気を高めるものですが、説明動画は、顧客に役立つ情報を提供し、サポートし、そして満足させるためのものです。

様々な人が写っている円形のコラージュ

動画の対象者を決める

誰へのメッセージなのか、見ている人が何を必要としているのか知ることが効果的な説明動画を作る上で最も重要です。「いつも自問自答で始まります。『誰が動画の対象なのか?誰に話しかけているのか?どんなメッセージを伝えたいのか?』などです」と語るのは、映像制作者で監督でもあるマイク・レナードさんで次のように付け加えました。「これらが基本となる質問で、ここからプロジェクトが進んでいきます」対象者が誰なのか分かっている場合、その悩みも分かっていることでしょう。その悩みが何を説明動画のトピックにするべきかを教えてくれます。

 

対象者を見極めることができれば、そのトピックについて対象者がどれだけの情報を持っているか、または持っていないのか理解する助けとなります。特定の業界の関係者のために動画を作るのであれば、彼らがある程度の基本となる知識を持っていることが想像されます。しかし、一般の人に向けて動画を作るのであれば、業界用語を使ったり、対象者が専門的な知識を持っていると思い込んだりしてはなりません。

 

無駄をなくしてポイントを押さえる

優れた説明動画は無駄がありません。動画に余分なコンテンツを加えるのは簡単です。しかし、説明の焦点が外れると、見ている人の注意がそがれてしまいます。ライブアクションの説明動画にするのであれば、最初に挨拶やテーマ以外の話を入れるのは避けましょう。「対象者は制作者と親しくなるために、サイトを見ているわけではありません」見ている人は何かを理解するためにサイトを見ています。60 秒で必要な情報を得ようとしてるのです」とテイラー・カバナーさんは言います。

 

情報は正確かつ明確に伝えましょう。動画の冒頭で、何についての動画なのか説明します。そして、なるべく明瞭な言葉を用いて、見ている人が必要とする情報を伝えます。「最後は簡単に情報の確認をして終了します。この動画ではこれについて説明しました、とかこれが追加情報のリンクです、という風にして終了します」とカバナーさんは言います。

ドローンを飛ばしている人のイラスト
解説動画でドローンと携帯電話をペアリングする方法を説明している人

説明動画をデザイン。制作する

説明動画は、顧客が信頼してこそ成功します。効果的な動画にすることが顧客の信頼を得、維持を維持するために重要です。動画を本格的に、かつプロ並みの出来具合に作れば信頼度が上がります。「使用方法などをオンラインで説明するのは、あまり勧められません。おそらく信頼を得ることは難しいでしょう」とカバナーさんは言います。

 

説明動画では、ビジュアルとテキストを最大限に活かして説明します。色々なタイプの説明動画がありますが、アニメ風動画やグラフィックを使うと、情報をより分かりやすく説明することができます。優れた説明動画は、ただ音声やナレーションで説明するだけではありません。ライブアクションの説明動画であっても、テキストやグラッフィックを動画に入れると、情報の重要なポイントを確実に伝えることができます。アプリについての説明では、アニメ化したインフォグラフィック、モーショングラフィック、ホワイトボードアニメーションを使うと、顧客が知りたいことを視覚的に見せて伝えることができます。

解説動画を説明する為の一連のイラスト

アニメ化した説明動画は、当然のことながらポップアップやグラフィックなどのビジュアル的要素を含み、必要な情報を視覚的に伝えます。アニメ効果が上手く働くと、アニメのそれぞれの要素が互いに補強しあい、見る人はそのトピックについてよく理解できるようになります。「さまざまなコミュニケーション手段を使うと、こちらの言いたいことを理解してもらえる確率が高くなります」とカバナーさんは言います。

 

顧客との関係を保つ 

優れたプロモーション動画は、見る人の関心を高めます。優れた説明動画は信頼を維持します。顧客が製品を購入した後で、満足のいくサービスを提供すると、顧客は再度購入するか、その友人等にその商品やサービスを勧めることが多くなります。

 

マーケティング戦略とは、単に新しい顧客を増やしたり、顧客に製品を再度買ってもらったりすることだけではありません。顧客との関係を築き信頼を得て、製品を販売した後も、顧客の満足度を維持することが必要です。そのためには、顧客の悩みや問題点について、説明動画で解決するのが良い方法です。

寄稿

Adobe Premiere Pro の多彩な機能

どどこにいても映画テレビ、Web サイトに使える魅力的な映像を作成できます。

その他のおすすめ...

ホワイトボードアニメーションのスチル画像

ホワイトボードアニメーションの基礎

良質なホワイトボードアニメーション動画を作成して、オリジナルの制作スタイルを確立しましょう。

動画エディターを開いている画面を横から見た写真

動画から音声を抽出する

映像から簡単に音声トラックを分離する方法を学びましょう。

 

画面に動画編集ソフトウェアを表示しているデスク上のノートパソコン

動画に文字入れする方法

2つの簡単な方法で、動画にテキストオーバーレイを入れます。

 

Adobe Premiere Pro を使用して動画に音声を加える人

Adobe Premiere Rush 動画編集ソフトで動画を高画質にする

この使い勝手の良いツールを使って、色補正とオーディオの調整をし、動画の画質をさらに高めましょう。

Adobe Premiere Pro を購入しましょう

最先端の映像編集ソフトウェアで思い通りの作品を作りましょう。

7日間の無料体験の後は月額2,728 /月(税別)