Mercury RIPアーキテクチャ

Mercury RIPアーキテクチャ

Mercury RIPアーキテクチャは、Adobe PDF Print Engine複数のインスタンスを動的に管理し、マルチコア/ネットワーク化クラウドプラットフォームで並行して動作する並列処理フレームワークです。これは、現在および将来の市場で最速のデジタルプリンターバリアブル印刷ジョブ出力するために最適化されたスケーラブルなプラットフォームです。包装、産業用、パーソナライズされたマーケティングコミュニケーション、およびステートメントに最も効果を発揮します。Mercury認定システム特定のハードウェアプラットフォーム効率を最大化し、リソースの使用を最適化します。ジョブ、ページ、面付け処理並行して行われ、ロードバランス行うことが可能です。こうすることで、ジョブのレンダリング待ち状態の間、アイドル状態CPUないようにします。Mercury RIPアーキテクチャ使用すれば、PDF Print Engineは、1回のプレスまたは複数のプレスでの大量印刷対応できます。

Mercury

次のプリプレスソリューションがMercury RIPアーキテクチャで認証されています。

Canon imagePRESS Server B5000(EFI Fiery)

Canon VarioPrint i300(PRISMAsync)

EFI Fiery IC-315 server

Fujifilm JetPress 540W、720、720F(XMF)

Fuji Xerox 1400 Inkjet Color Continuous Feed 印刷システム

Fuji Xerox 11000 Inkjet Press

Gallus Labelfire 340

GX Print Server for the Iridesse Production Press

Heidelberg Primefire 106

Ricoh ProVC40000、VC60000、VC70000(TotalFlow R600A)

Screen EQUIOS for Truepress Jet520HD Series、520NX Series

Xerox EX-P 5 Print Server(EFI Fiery)

Xerox FreeFlow Print Server for the Xerox Brenva HD Production Inkjet Press

Xerox FreeFlow Print Server for the Xerox iGen 5 Press

Xerox IJ Print Server(EFI Fiery)for Impika Inkjet Presses

Xerox IJ Print Server(EFI Fiery)for Trivor 2400

Xerox Versant 3100 Press(EFI Fiery)

Xeikon X-800

タイル並列処理は、Mercury RIPアーキテクチャの1機能です。大判を複数のセクションに分割し、PDF Print Engineの個別インスタンスに割り当てることで、システムパフォーマンスを強化します。複数のタイルを並行して処理し、シームレスに再構成するタイル並列処理は、ポスターや看板、設計図のレンダリング時間を全体的に大幅に削減します。

コミュニティに参加

LinkedIn
Facebook
Twitter
YouTube

お問い合わせについては、pdfprintengine@adobe.comまで電子メールをお送りください。