アドビは、PDF Print Engineメジャーバージョンの間に、ソリューションパートナーポイントリリース配布しています。
バージョン5の公開から2年後(2020年7月)に、アドビはバージョン5.5をリリースしました。このバージョンでは、包装および大判印刷での印刷品質の再現性を向上させる重要な新機能が導入されています。

Fine Line Rendering

PDF Print Engineでのテキストレンダリングは、Creative CloudアプリケーションおよびAcrobat DCでテキストを表示するために使用されるのと同じテクノロジであるCoolTypeを使用します。
ただし、一部の包装ワークフローでは、ライブテキストがアウトライングラフィック変換されます。このようなジョブに対応するために、PDF Print Engineバージョン5.5では、Fine Line Rendering導入されています。
これは、アウトラインテキストやバーコードなどのグラフィック要素をレンダリングするための新しいアルゴリズムです。このアルゴリズムは、アウトラインから、非常に細い線と小さなポイントサイズのテキストの、より軽くすっきりとした外観を生成します。

#

Fine Line Renderingの動作

Fine Line Renderingは、包装、セキュリティ印刷、マッピング、アーキテクチャなどの複数のジョブセグメントでコンテンツをレンダリングするための強力で新しいオプションです。

#
#
#

お問い合わせについては、pdfprintengine@adobe.comまで電子メールをお送りください。