iPadでPDFをダウンロード保存し、表示・編集する方法

iPadでPDFをダウンロード保存し、表示・編集する方法

最近はビジネスや教育の場において、iPadをPDFビューアとして活用する機会が増えています。

iPadを使えばPDFファイルをすぐに開けるほか、WebページやメモをPDFとして保存することもできます。

保存したPDFは、iPadの「ファイル」機能や「Apple Books」「Adobe Acrobat Reader」などのアプリを使えば開けます。

さらには、iPadにデフォルトで付いているマークアップ機能やAdobe Acrobat Readerアプリを使えば、PDFファイルへの書き込みも可能です。

 

この記事では、iPadでPDFファイルをダウンロード保存し、表示する方法や、保存後のPDFファイルを編集する方法について解説します。

 

※本記事では「PDF」をファイルの形式(.pdf)を指す言葉として用います。

※本記事で紹介する内容は2023年5月時点の情報に基づきます。

iPadでWebページやメモをPDFに変換して保存する方法

まずは、iPadを使ってWebページや「メモ」をPDFファイルに変換・保存する方法について解説します。

代表的な3パターンを取り上げてみましょう。

 

  1. 閲覧中のWebページをPDFに変換して保存する
  2. 「メモ」アプリの内容をPDFに変換して保存する
  3. メールに添付されたPDFファイルを保存する

 

それぞれの手順を詳しく見ていきましょう。

 

1.閲覧中のWebページをPDFに変換して保存する

iPadで閲覧しているWebページをPDFに変換し、保存する方法を解説します。

気になったWebページや、ECサイトで発行される領収書などをPDFファイルで保存したいときに便利です。

 

【手順1】iPadの「Safari」アプリで保存したいWebページを開き、右上の「追加・共有」ボタンをタップする

 

iPadの「Safari」Webページを開き、「追加・共有」ボタンをタップ

【手順2】「オプション」をタップし、表示される送信フォーマットの中から「PDF」を選択後、「戻る」をタップする

オプションからPDFを選択
オプションからPDFを選択して戻る

【手順3】任意の保存先を選択する

PDFの保存先の選択肢が表示されるので、任意の保存先を選択します。

「ファイル」や「Keep」といったiPadにデフォルトで入っているアプリのほか、Acrobatがインストールされている場合は、「Acrobatに読み込み」という選択肢も表示されます。

※ここでは「ファイル」アプリへの保存を例に解説します。

iPadでPDFの保存先を選択

【手順4】保存場所を指定し、右上の「保存」をタップする

iPadでWebページをPDFで保存

これで、WebページをPDFファイルにして任意の保存場所に保存できました。

 

2.「メモ」アプリの内容をPDFに変換して保存する

iPadの「メモ」アプリに記録した文章や図をPDFに変換し、保存する方法です。

「メモ」の内容を他のデバイスで確認したり、誰かに共有したりしたいときに便利です。

 

【手順1】iPadの「メモ」アプリで、PDFに変換したいメモを表示する

iPadの「メモ」で、PDFに変換したいメモを表示

【手順2】右上の「共有」ボタンをタップし、「プリント」を選択する

「メモ」の共有ボタンからプリントを選択

【手順3】右上の「共有」ボタンをタップし、保存場所を指定する

※ここでは「ファイル」アプリへの保存を例に解説します

「メモ」の共有からファイルに保存を選択

【手順4】右上の「保存」をタップする

「メモ」の保存をタップする

これで、「メモ」アプリ内のメモをPDFに変換して任意の保存場所に保存できました。

 

3.メールに添付されたPDFファイルを保存する方法

「メール」アプリで受信したPDFファイルを、iPad内に保存する方法です。

メールで届いた大事な資料を整理できます。

 

【手順1】「メール」アプリを開き、保存したいPDFファイルが添付されているメールを表示する

「メール」アプリを開く

【手順2】添付されているPDFをタップする

メールに添付されたPDFをタップ

【手順3】「共有」ボタンをタップし、任意の保存先を選択する

PDFファイルの保存先の選択肢が表示されるので、任意の保存先を選択します。

「ファイル」や「Keep」といったiPadにデフォルトで入っているアプリのほか、Acrobatがインストールされている場合は、「Acrobatに読み込み」という選択肢も表示されます。

※ここでは「ファイル」アプリへの保存を例に解説します。

「共有」ボタンをタップし、保存先を選択

【手順4】保存先フォルダを指定して、右上の「保存」をタップする

「保存」をタップする

これで、メールに添付されたPDFファイルを任意の保存場所に保存できました。

 

 

PDFファイルが保存される場所

PDFファイルを保存する際、iPadの各アプリ内の保存場所を選択することになります。

ここでは、オススメの保存先を3つ紹介します。

 

  1. 「ファイル」アプリ内
  2. 「Apple Books」アプリ内
  3. 「Adobe Acrobat Reader」アプリ内

 

各アプリの特徴について解説しながら、それぞれの場所に保存するメリットについて紹介します。

 

1.「ファイル」アプリ内

iPadに標準搭載されているファイル管理アプリです。

iPad内や、iCloud Driveといったクラウドストレージ内を一覧表示し、任意の場所にファイルを保存・移動・コピーができます。

また、新規フォルダの作成も可能で、複数のPDFファイルを整理するのに向いています。

 

クラウドストレージ「iCloud Drive」に保存すれば、別の端末からも見られるようになります。

クラウドストレージ「iCloud Drive」に保存

2.「Apple Books」アプリ内

iPadに最初からインストールされているApple純正の電子書籍リーダーアプリです。

Appleが運営するストアからダウンロードした電子書籍を楽しめます。

電子書籍を読めるだけでなく、オーディオブックを聴くことができるほか、保存したPDFファイルの表示も可能です。

 

「Apple Books」でPDFファイルを保存した際は、「ライブラリ」という場所に保存されます。

「Apple Books」でPDFを保存すると「ライブラリ」に保存

なお、WebページをPDFに変換して「Apple Books」に保存したい場合は、Safariなどのブラウザ上部にある「追加・共有」ボタンをタップ後、「ブック」(Apple Books)のアプリアイコンを選択します。

「Apple Books」に保存

3.「Adobe Acrobat Reader」アプリ内

アドビが提供する無料のPDFリーダーアプリです。

PDFファイルの保存や表示だけではなく、注釈機能を使ってハイライトやコメントを追加したり、デジタル署名を入れたりと、様々な機能を利用できます。

「Adobe Acrobat Reader」アプリ
「Adobe Acrobat Reader」アプリ

PDFを活用して業務をより効率化したい方は、ぜひ「Adobe Acrobat Reader」アプリをApp Storeからダウンロードしてください。

 

Adobe Acrobat Reader(無料)をダウンロードする

 

なお、「Adobe Acrobat Reader」に保存したい場合、「オプション」→「PDF」を選択すると、「Acrobatに読み込み」という選択肢が表示されるのでタップしてください。

Acrobat Readerの「オプション」→「PDF」を選択
「オプション」→「PDF」を選択
Acrobatに読み込み

読み込みをすれば、「Adobe Acrobat Reader」アプリの「このiPad」に保存されます。

Acrobat Readerアプリの「このiPad」に保存

iPadでPDFファイルを表示・閲覧する方法

続いて、保存したPDFファイルをiPadで表示・閲覧する方法について、先ほど紹介した保存先のアプリごとに解説します。

 

1.「ファイル」アプリに保存したPDFファイルを閲覧する方法

「ファイル」アプリを開き、「場所」からPDFファイルを保存した場所を選択します。

直近で該当ファイルを開いた場合は、上部にある「最近使った項目」から探すと早いです。

該当のPDFファイルをタップして開きます。

 

2.「Apple Books」アプリに保存したPDFを閲覧する方法

「Apple Books」アプリを開き、「ライブラリ」タブの「コレクション」をタップし、「PDF」を選択します。

すると、保存されているPDFファイルが一覧表示されますので、該当のPDFファイルをタップして開きます。

PDFアイコンを長押しすれば、PDFファイルの並び順を変更することも可能です。

 

3.「Adobe Acrobat Reader」アプリに保存したPDFファイルを閲覧する方法

「Adobe Acrobat Reader」アプリを開き、「ファイル」タブをタップして、保存した場所から該当のPDFを選択します。

iPad内にあるPDFファイルだけでなく、Adobe クラウドストレージやGoogleドライブなど、外部のクラウドストレージに保存されているPDFファイルも選択できます。

 

iPadでPDFファイルに書き込みをする方法

ここからは、iPadで保存したPDFファイルに書き込みをする方法を2つ解説します。

 

  1. iPadのマークアップ機能を使う
  2. アプリ版の「Adobe Acrobat Reader」(無料)を使う

 

1.iPadのマークアップ機能を使う

iPadに搭載されているマークアップ機能を使うことで、PDFファイルにメモを書き込めます。

新たにアプリをダウンロードすることなく使えるので、手軽にPDFファイルに書き込みたい方にオススメの方法です。

 

【手順1】「ファイル」アプリ、あるいは「Apple Books」でPDFファイルを開く

※ここでは「ファイル」アプリで開いた場合を例に解説します。

「ファイル」か「Apple Books」でPDFファイルを開く

【手順2】PDFファイル内の任意のページを表示し、右上の「マークアップ」アイコンを選択する

「マークアップ」アイコンを選択する

【手順3】画面下部に表示されたツールバーからペンとインクの色を選択し、PDFに直接書き込む

ツールバーの中には、ペン以外にもハイライトを引けるマーカー消しゴムツールなどがあります。

書き込みを削除したい場合は、「一つ戻る」ボタンか「消しゴム」ツールで消せます。

ツールバーからペンとインクの色を選択し、PDFに直接書き込む

なお、iPadは指で操作できますが、PDFファイルに書き込む際は、Apple Pencilやタッチペンを使うのがオススメです。

 

また、PDFファイルへの書き込みは、手書きのメモ以外にもテキストの入力や、図形の設置などが可能です。

ツールバー右側にある「+」ボタンを選択すると、「テキスト」「署名」「シェイプ」などを追加できるので、ぜひ活用してみてください。

ツールバーからペンとインクの色を選択し、PDFに直接書き込む

【手順4】書き込みが完了したら「追加・共有」ボタンをタップし、「ファイルに保存」をタップする

「追加・共有」ボタンをタップし、「ファイルに保存」をタップする

これで、マークアップ機能を使い、PDFファイルに書き込んだ内容を保存できました。

 

2.アプリ版の「Adobe Acrobat Reader」(無料)を使う

続いて、無料のPDFリーダー「Adobe Acrobat Reader」のアプリを使って、メモを書き込む方法を解説します。

 

「Adobe Acrobat Reader」アプリは、メモ書きはもちろん、校正ツールとしても便利です。

テキスト入力によるもコメントの追加や、ハイライトや打ち消し線、注釈(コメント)など、様々な機能を用いてPDFファイルの内容を校正できます。

ファイルを共有すれば、複数人で同じPDFファイルに書き込めるので、企画書や契約書などの書類をレビューするときにも便利です。

 

Adobe Acrobat Readerアプリ(無料)をインストールする

 

【手順1】Adobe Acrobat Readerアプリを起動し、PDFを開く

Adobe Acrobat Readerアプリを起動し、PDFを開く

【手順2】右下の「鉛筆マーク」を選択する

「鉛筆マーク」を選択する

【手順3】「注釈」を選択する

「注釈」を選択する

【手順4】上部のツールバーから「鉛筆ツール」を選択し、書き込む

指で書き込むこともできますが、Apple Pencilやタッチペンを使ったほうが、よりスムーズに書き込めます。

ツールバーから「鉛筆ツール」を選択し、書き込む

書き込んだ内容を消したい場合は、「一つ戻る」ボタンをタップするか、「消しゴム」ツールを選択して、消したい部分をなぞりましょう。

「完了」ボタンを押して保存する

これで、Adobe Acrobat Readerを使い、PDFファイルに書き込んだ内容を保存できました。

 

なお、Adobe Acrobat Readerでは、PDFファイルの表示スタイルを「単一ページ」や「リーディングモード」から選べ、表示を変えて書き込めます。

表示スタイルの「単一ページ」「リーディングモード」

校正に使える「Adobe Acrobat Reader」の便利機能

Adobe Acrobat Readerなら校正に役立つさまざまな機能が無料で使えます。

 

1.注釈

「ノート注釈ツール」を使うことで、注釈を入れたい場所にコメント付きの吹き出しを入れられます。

ノート注釈ツール

2.ハイライト

「ハイライトテキストツール」を使うことで、選択した文字にハイライトを入れられます。

※ただし、スキャンして作成したファイルや画像をPDFに変換したファイルは、テキストを選択できないため、ハイライトを入れられません。

ハイライトテキストツール

3.打ち消し線

「打ち消し線ツール」を使うことで、選択した文章に打ち消し線を入れられます。

※ただし、スキャンして作成したファイルや画像をPDFに変換したファイルは、テキストを選択できないため、ハイライトを入れられません。

打ち消し線ツール

これらの便利な機能を使えば、PDF資料のブラッシュアップがiPadだけで完了します。

まだ使っていないという方は、ぜひApp Storeからダウンロードしてみてください。

 

無料のAdobe Acrobat Readerアプリをダウンロードする

 

Acrobat Readerのアプリは無料でもさまざまな機能が使えますが、Adobe Acrobatの有料プランならさらに多くの機能が使えるので便利です。

たとえば、以下のような機能を使用できます。

 

●      PDFファイルのテキストや画像の編集

●      PDFファイルのページの並び替えや削除

●      PDFファイルをWord、Excel、PowerPoint形式に変換

●      スキャンした文書を編集および検索可能なPDFに変換

 

PDFファイルの内容をしっかり編集したい場合は、Adobe Acrobatの有料プランを検討してみてください。

 

Adobe Acrobatの有料プランを確認する

 

iPadを活用してPDFファイルを手軽に保存・表示・校正しましょう

iPadを使えば、場所を選ばずにいつでも気軽にPDF資料を確認できます。

 

PDFファイルの保存・表示・書き込みは、iPadに標準搭載された機能やアプリで手軽に行えますが、Adobe Acrobat Readerアプリ(無料)を使えば、校正まで対応できます。

また、Acrobat Readerを用いれば、Adobe クラウドストレージに保存したPDFファイルを複数人で同時にチェックできるので便利です。

 

iPadユーザーの方は、ぜひPDFファイルを積極的に活用し、仕事や勉強の効率化を図りましょう。

 

(制作:園田もなか、ノオト、ウェブライダー)