基本的な写真用語一覧

どの業界でもそうですが、撮影には専門用語があります。このガイドでは、機材、テクニック、処理など撮影に関する一般的な用語を紹介しており、写真撮影の世界をより深く理解することができます。

さまざまな写真のコラージュ

写真撮影用語を知る

プロの写真家として活躍するためには、目が利くだけでは足りません。写真撮影には、画質、カメラの部品、撮影・編集技術など、専門的かつ芸術的な用語が多く使われています。機材、技術、カメラの設定など、写真の芸術性を追求するためには、正しい用語を知る必要があります。

ダンサー、コーヒー、カメラレンズ等の様々な写真のコラージュ

写真撮影の基本用語

絞り : 光を取り入れるために開く部分です。F ストップまたは F 値は、絞り(レンズ開口部)の開き具合を示します。

 

被写界深度 : 写真の中で最も近くにあるものと最も遠くにあるものとの差被写界深度が浅いと、比較的近い背景の被写体がぼやけます。被写界深度が深いと、遠くの背景にもピントが合います。

 

ダイナミックレンジ : 画像内の最も暗い色調と最も明るい色調の差、つまりカメラが表現できる暗さと明るさの範囲最も暗い色調と最も明るい色調が真っ黒または真っ白になることはほとんどありません。通常、カメラは人間の目よりも低いダイナミックレンジを備えています。

 

露出トライアングル : 絞り、ISO、シャッタースピードの組み合わせで、カメラに取り入れる光の時間と強さを決定します。フィルムでもデジタルでも、この露出設定を調整することで、さまざまな露出が得られます。

 

焦点距離 : カメラのレンズの光学中心とカメラセンサー (またはイメージセンサー) との間の距離 (通常、ミリメートル単位で測定)

 

F ストップ : 絞り(開口部)の大きさであり、F 値とも呼ばれるF 値が小さいということは、それだけ絞りが開いていることを意味します。F 値が大きいほど、絞りが狭いことを意味します。例えば、F1 F6 よりもはるかに多くの光を取り込みます。

 

ISO : 光に対するカメラの感度ISO が高ければ高いほど感度が高くなり、写真は一般的に明るくなります。ISO が低いと感度は低くなります。かつてはフィルム用の用語でしたが、デジタル時代になってからはカメラの設定用語として使われています。ISO の名称は、 2 次世界大戦後にカメラを含む工業製品や商業製品の規格を制定したスイスの国際標準化機構に由来します。

 

シャッタースピード : カメラのシャッターが開き、内部のセンサーが光でさらされる時間です。非常に速いシャッタースピードは、動く被写体をブレずに撮影するときなどに使われます。低速シャッターは夜間撮影や風景写真によく用いられ、シャッター時間を長くすることで、より多くの光をカメラに取り込むことができます。

さまざまなカメラパーツのコラージュ

撮影機材の種類と機材

オートフォーカスとマニュアルフォーカス : オートフォーカスとは、自動的にピントを被写体に合わすことです。最近のカメラソフトは、人の顔などの一般的な被写体を認識して、ブレが出ないようにしてくれます。ほとんどの場合、オートフォーカスはコントロールまたは操作できます。マニュアルフォーカスは、撮影者が手でレンズを動かして被写体に焦点を合わすことです。

 

カメラ本体: センサー、電子機器、ソフトウェアなどデジタルカメラの主要部分です。写真を撮るときに手に持つ機器です。通常、カメラ本体にはレンズは含まれていません。

 

DSLR : DSLR Digital Single Lens Reflex の略で、「デジタル一眼レフ」という意味です。デジタル一眼レフカメラは、従来の一眼レフカメラの光学系とデジタルセンサーを組み合わせたカメラです。

 

ホットシュー : フラッシュなどの電子アクセサリーを装着するためのカメラの取り付け部通常、カメラ本体の上部にあります。

 

ライトメーター : 光源や空間内の光量を正確に測定するための装置

 

ミラーレスカメラ : 技術的には、デジタル一眼レフカメラ、ポイントアンドシュートカメラ、スマートフォンのほとんどが、文字通りのミラーを内部に持たないミラーレスカメラです。ただし、ミラーレスカメラとは、センサーに直接光を当て、撮影者が電子ビューファインダーで常に潜在的な画像のプレビューを見ることができるカメラの名称です。

 

ポイントアンドシュート : 使いやすさを追求した小型カメラです。ピント合わせや露出調整を自動で行い、フラッシュが内蔵されているので、使いこなすのに高度な技術を必要としないのが特徴です。スマートフォンが普及した現在では、これらのカメラはあまり使用されなくなりました。

河を渡る為にジャンプする野生動物の写真
リビングルームの写真

プライムレンズ : 焦点距離が一定のレンズ焦点距離を変えられるズームレンズとは異なります。単焦点レンズと呼ばれることもあります。

 

一眼レフカメラ : 通常、デジタルカメラ以前のカメラに適用される用語ミラーとセンサーに対して 単一つのレンズが動くカメラです。古いカメラでは、レンズが 2 つある場合もあり、ファインダーで被写体をよく見ることができませんでした。一眼レフカメラでは、撮影者がファインダーで見たものが、実際の写真の仕上がりに近いものになります。

 

望遠レンズ : 遠距離撮影に特化したレンズで、被写体をカメラに近づけて表わすことができます。望遠レンズはサイズが大きく、焦点距離が物理的な長さよりも短いのが特徴です。そのため、遠くにいる野生動物などの被写体をより近くに感じることができます。

 

ビューファインダー : 撮影者が写真を撮るために覗くものです。一眼レフカメラでは、カメラの光学機器を通して被写体を見ます。現在、ほとんどのカメラには電子ビューファインダーが搭載されており、シャッターを切ったときにカメラのレンズに写る画像がデジタルで表示されるようになっています。

 

広角レンズ : 焦点距離が物理的な長さよりも短いレンズです。広い視野を確保できるので、風景や建築物大人数での撮影などに適しています。

 

ズームレンズ : 焦点距離を調整できるレンズで、レンズを交換することなく素早く画角を変えることができます。フォトジャーナリストやイベントフォトグラファーに人気があり、その場の状況に応じて柔軟に対応できるため、イベントを撮影するのに適しています。

3枚の写真のコラージュ:歩いている人、肖像画、夜の街並み

写真撮影のテクニックと他の用語

絞り優先 : カメラの設定の一つで、通常 A または Av と略されます絞りや F 値を設定すると、それに合わせてカメラが自動的にシャッタースピードや ISO を選択する機能です。特定の被写界深度を保ちつつ撮影したい場合に便利です。

 

アスペクト比 : 画像の幅と高さの比率一般的な消費者向けカメラのアスペクト比は 3:2 4:3 です。スマートフォンでは、通常、アスペクト比が約 4 : 3 の写真で撮影します。

 

ボケ : 日本語では「霞」「ぼかし」を意味します。意図的に背景をぼかすことを指し、ポートレートでよく使われます。

 

色収差 : カラーフリンジパープルフリンジとも呼ばれます。レンズが色のすべての波長を正しい位置に持ってくることができず、ゴーストが発生することです。通常、古く低品質の写真を指します。グリッチ効果と同様に、意図的に加えることでレトロな雰囲気を醸し出すことができます。

 

構図 : 画像の各要素のフレーム内での配置です。構図は、カメラを動かしたり、ピントを調整したり、後処理で画像を切り取ったりすることでコントロールすることができます。構図テクニックの一例として、3 分割法があります。 

山の雪に覆われた木造の小屋
露出設定が異なる森林の写真を比較をする画像

クロップファクター : カメラのセンサーサイズとレンズの見え方の比率のことです。最近のデジタル一眼レフカメラでは、クロップファクターによる歪みを補正するために、サイズの異なる複数のセンサーを搭載しています。

 

手ぶれ補正 :カメラの動きに伴うブレを軽減するためのさまざまな手法のことです。手ぶれ補正には、カメラに内蔵されているものと、後処理で行うものがあります。

 

露出オーバーと露出アンダー : カメラのセンサーに入る光の量が多すぎたり少なすぎたりすること露出オーバーの写真は、白飛びしているように見え、一般的には被写体の顔色が青白く見えます。露出不足の写真は、暗くてぼんやりした印象になりがちです。

 

後処理またはポストプロセッシングAdobe Photoshop Photoshop Lightroom などのプログラムを使って、写真ファイルの切り抜き、編集、変更、改善を行うことです。

 

RAW ファイル : 未加工のデータです。RAW 画像ファイルは、圧縮や加工が一切されていないファイルです。つまり、画像に関連するすべてのデータが含まれているため、写真をアーカイブにするときに適しています。ただし、オンラインでの利用など、用途によってはファイルサイズが大きすぎる場合もあります。

 

シャッタースピード優先 : カメラのこの設定は、タイムバリューと呼ばれることもあり、通常は S または Tv と略されます。シャッタースピードを設定すると、それに合わせてカメラが自動的に絞りと ISO を選択する機能です。

 

TIFF : tagged image file format(タグ付き画像ファイルフォーマット) の略です。高解像度のラスターグラフィックス(一定の画素数で構成されたグラフィックス) を保存するための一般的なフォーマットです。TIFF を変換できる画像ファイルとしては、JPG PNG があります。

 

ヴィネット画像の境界部分の輝度を下げることです。多くの場合、この効果によって画像の中心部の明るい部分に人目が行き、画像が穴や望遠鏡を通して見たように見えます。

 

ホワイトバランス : デジタル写真で、色をより自然に見せるための手法特に白は、光の色温度によって青く見えたり、黄色く見えたりします。ホワイトバランスを調整することで、白は白く、その他の色は正確に見えるようになります。

 

ニコンやキヤノン、またはスマートフォンのカメラを使用する場合、以上の用語を知ることで、写真への理解が深まり、スキルアップにつながります。次に、拡大されたファッションポートレートや夜景のタイムラプスなど、さまざまな写真のタイプを見ていき、それぞれのジャンルにどのような特徴があるのかを確認していきます。

Adobe Photoshop Lightroom の多彩な機能

Lightroom 使

その他のおすすめ...

雪山の白黒写真

白黒写真でモノクロの世界を発見しましょう。

ょう

Lightroom

Lightroom プラン

どこからでも写真を編集、整理、保存、そしてシェア
7 日間の無料体験の後 1,078  /月(税別)

Lightroom
Photoshop

フォトプラン

Lightroom、Lightroom Classic、Photoshop、20 GBのクラウドストレージを利用可能
7 日間の無料体験の後 1,078 /月(税別)

Lightroom

コンプリートプラン

Creative Cloud のアプリとツールをすべて利用可能
7 日間の無料体験の後 6,248 /月(税別)