クリエイティブな生成AI

AIアートとは何か。また、どのようにして作られるのか

生成AIは急速に、アーティストにとっての重要なツールになりつつあります。生成AIアートとは何かを知り、その作成方法や、具体的な活用方法について学びましょう。

AIアートについて理解する

AIを使用して作成された画像は近年、急速に増加し、進化し、非常に詳細で想像力に富んだ結果を生み出しています。しかし、「そもそもAIアートはどのような仕組みで作られるのだろうか」と疑問に思っている方もいるかもしれません。

AIアートとは、簡単に言うと、生成AIを利用して作成されたアートワークのことです。そして生成AIは、大規模なデータセット内からパターンを見つけ出し、その情報を使用して新しいコンテンツを生成する技術です。必要なのは、Adobe FireflyのようなAIアートジェネレーターと、アイデアだけです。アーティストが詳細なプロンプトを入力すれば、その説明にもとづいてツールが画像のオプションを生成します。

砂漠に建つ3つのエッフェル塔と、近くを流れる川。フォトリアリズム

プロンプト:砂漠に建つ3つのエッフェル塔と、近くを流れる川。フォトリアリズム

生成AIには複数の種類があります。

 

詩からEメールまで、人が記述するものには大規模な言語モデルが存在します。これをテキストでトレーニングすれば、文章を生成するのに役立ちます。イラスト、絵画作品、ロゴなどの作成に関しては、画像にもとづいてトレーニングされた拡散モデルが、あらゆる種類のアートワークを作成するのに役立ちます。人気のある生成AIツールの多くは、これらのモデルのいずれかを使用しています。

 

アーティストたちは、詩や物語からアナログの絵画や写真などの作品まで、様々なアートワークを制作するために生成AIを利用しています。生成AIのスピードと柔軟性により、クリエイターはプロジェクトを迅速に開始して完了させることができ、創造的な表現のためのエキサイティングなアプローチを新たに開拓することができます。

AIがアートを生成する仕組み

人は、森の木々、街並み、鏡に映った自分など、身の回りにあるものからアートを創造します。生成AIも、言葉や画像の形で多くの情報を取り込み、それらを使用して、プロンプトからアートワークを生成します。

 

この能力を支えるテクノロジーは、ニューラルネットワークと呼ばれます。ニューラルネットワークは数学的なシステムで、大規模なデータセットからパターンを見つけ出すアルゴリズムです。AIジェネレーターに木を描くよう指示すると、AIは木の見た目について学習した情報を使用して新しい画像を生成します。そして、それらの画像をさらに洗練されたものにするのが、アーティストであるあなたのガイダンスです。例えば、ピンクのモミの木や、熱帯の花が咲く木など、より具体的な指示を追加できます。これらのツールには多くの情報が蓄えられていますが、AIアートを作成するにはユーザーの想像力が必要です。

ピンクのモミの木
ピンクの花が咲く木

プロンプト:(左)ピンクのモミの木、(右)南国の花が咲く木

アートの世界における生成AI

アーティストたちは、一般の人々が関心を寄せる前から何十年にもわたって、自分たちの作品で様々な形態のAIを試し、その影響や応用について考えてきました。

アーティストのVera Molnár氏は、ランダムに生成されたアートワークを制作するための初期的なプログラミング言語の実験を、1968年に開始しました。同氏は生成アートの先駆者とされており、その幾何学的な作品は主要な美術館のコレクションに収蔵されています。

 

数十年を経た今、AIによって生成されたアートは、ニューヨーク近代美術館でも見ることができます。2023年には、同美術館で、Refik Anadol氏が制作した常時変化する鮮烈なアートワークが巨大なスクリーンに展示されました。この抽象的な作品は、同美術館のコレクションに含まれる美術品をもとにトレーニングされたAIを使用して作られたものです。

 

AIによるアート作品はサザビーズでオークションにかけられたり、ヴェネツィアビエンナーレで展示されたりもしています。コロンビア大学やロードアイランドスクールオブデザインなどの教育機関では、AIが芸術コースのカリキュラムに取り入れられています。

 

これらは、AIが制作のあり方にどのような影響を与えたかを示すほんの一部の例にすぎません。他のテクノロジーの進歩と同様に、AIはアーティストにとって、アートの作成方法や定義を探求するうえでのインスピレーションとなっています。

 美しいギャラリーの油絵、赤、翡翠、オレンジ、グレー、シャープな線とブレンドされたトーン

プロンプト:美しいギャラリーの油絵、赤、翡翠、オレンジ、グレー、シャープな線とブレンドされたトーン

AI生成アートの背後にあるテクノロジーについて知る

アーティストの物理的な道具箱に、絵の具、鉛筆、インクなどがたくさん入っているのと同じように、AIアート作品の作成には様々な種類のテクノロジーが使用されています。大規模言語モデルと拡散モデルについては既に説明しましたが、ここでは、AIアートの生成に使用されるテクノロジーをさらにいくつか紹介します。

生成AIモデル

敵対的生成ネットワーク(GAN):GANは、同じデータでトレーニングされた2つのニューラルネットワークのセットで、双方が連携的に動作します。1つはフォトリアリスティックな画像を生成し、もう1つはその画像が本物なのか、それとも作られたものなのかを判断しようとします。例えば、1つ目のネットワークが馬の画像を生成すると、2つ目のネットワークはその画像が写真なのか、それともデジタルで作成されたものなのかを判断しようとします。これにより、システムがよりリアルな画像を生成できるようになります。

 

変分オートエンコーダー(VAE):変分オートエンコーダーは、それぞれ異なる役割を持つ2つのニューラルネットワークで構成されており、双方が連携的に動作します。1つはエンコーダーで、これが情報を取り込みます。もう1つはデコーダーで、取り込まれた情報をまったく新しいコンテンツへと再解釈できます。GANと同様に、VAEではフォトリアリスティックな画像が生成されます。

生成AIの手法

画像合成:画像合成とは、他の画像の大規模なデータセットから新しい画像を作成する行為を指します。

 

クリエイティブコーディング:アートワークを生成するためのプログラムを作成するアーティストは、クリエイティブコーダーと呼ばれます。クリエイティブコーディングの目的は、実用的な結果を生成することではなく、表現力豊かな結果を生み出すことです。

生成AIアートの革命に参加しましょう

今こそ、あなたのあらゆる知識を活用し、想像力と生成AIの力を組み合わせることで何が実現できるかを探求するべき時です。

Fireflyで生成された、ピアノを弾く女の子

新しい芸術スタイルを試してみましょう

生成AIを使用すれば、芸術の安全地帯から外へと踏み出すことも簡単になります。Fireflyのテキストから画像生成では、スタイルメニューから「スチームパンク」、「レイヤードペーパー」、「点描」などのオプションを選択して、新しいスタイルを探求できます。

時間を節約して制作効率をアップ

生成AIを使用すれば、クライアント用のモックアップやアートワーク用の参照画像をすばやく作成できます。Illustratorでは、Fireflyを利用した「生成再配色」や「テキストからパターン生成」(ベータ版)などのツールを使用して、アートをすばやく試作し、スタイリッシュなモチーフを作成できます。

Fireflyで生成された、オレンジ、パープル、ブルー、ピンクの4色の展覧会チラシ
ポップコーンで形成された「P」の文字(Fireflyで生成)

他のユーザーと作業を共有

Photoshopの生成塗りつぶしを使用したアートワークの編集作業に友人を招待できます。生成塗りつぶしはFireflyを利用したツールで、画像の任意の部分を選択し、シンプルなテキストプロンプトを使用してその部分を置き換えることができます。生成AIを使用すれば、これまでにない方法で他の人との共同制作ができます。

すべての人に「つくる力」を

生成AIは、より多彩な芸術表現を可能にします。熟練したグラフィックデザイナーがAIを使用して写真をドラマチックに編集することや、まったくの初心者が「テキストから画像生成」を使用して複数のタイプのアート制作に挑戦することもできます。

複数の色の煙を背景にした女性の画像(Fireflyで生成)

AIアートワークの作成を始めましょう


1 Firefly webアプリを開く

生成AIを使い始める最も簡単な方法は、Adobe Fireflyを使用することです。Firefly webアプリケーションを使用すれば、アートワークの作成をすぐに開始し、既存のアートワークの配色を変更したり、生成AIを使用して写真を編集したりできます。まずは、Firefly.adobe.comにアクセスし、ログインしてください。Adobe IDをまだお持ちでない場合は、こちらから無料で作成できます。また、Photoshopの生成塗りつぶし、Illustratorの生成再配色やテキストからパターン生成(ベータ版)、Adobe Expressのテキストから画像生成やテキスト効果など、Fireflyを利用した機能を探索することもできます。


2 プロンプトを入力する

的確で具体的なプロンプトを入力することは、生成AIアートを作成するための重要な要素の1つです。形容詞を使用し、芸術運動や媒体の名前を含めたり、雰囲気や感情を指定したりしてみてください。効果的なプロンプトの書き方については、「AIアートのプロンプト」を参照してください。


3 プロンプトのサンプルを参考にする

Firefly webアプリギャラリーで提供されている、「テキストから画像生成」のサンプルアートワークにマウスをかざすと、それらの画像の生成に使用されたプロンプトが表示されるので、それらのテクニックを自分の作品にも取り入れてみましょう。


4 設定を調整する

Firefly webアプリで利用できるオプションをいろいろと試してみながら、出力を調整しましょう。様々なコンテンツタイプ、スタイル、カラーとトーン、ライティング、構図のオプションから設定を選択できます。


5 さらに探求する

画像を生成したら、それをさらにどこまで発展させられるか追求していきましょう。生成AIを使用したアートワーク制作は、アート探求の促進剤となる可能性があります。AIを使用してアナログ作品にインスピレーションを吹き込んだり、他のアドビアプリに取り込んで高度な編集ツールで微調整するなどしてみましょう。詳しくは、AI生成アートを作成する方法に関するステップバイステップガイドをご覧ください。


無限の複雑なフラクタルパターン、超現実的、サイエンスフィクション、4k(Fireflyで生成)

プロンプト:無限の複雑なフラクタルパターン、超現実的、サイエンスフィクション、4k

Adobe FireflyとAI生成アートで創造性を解き放ちましょう

アーティストたちは数十年にもわたってAIの利用を試しながら、AIによってアートの制作方法や鑑賞方法がどのように変わるかを探求してきました。そして今、このテクノロジーはすべての人が簡単に利用できるものとなっています。今すぐFireflyを入手して、想像力をカタチにしましょう。

よくある質問

現在のFirefly生成AIモデルのトレーニングには、Adobe Stockのデータと、オープンライセンスの作品および著作権の切れた一般コンテンツが使用されています。

この記事をシェアしましょう

Adobe Fireflyで夢を創ろう

Firefly webアプリの生成AIで想像力の赴くままにクリエイティブを創造できます。Creative Cloudに新たに導入され、商用利用が可能になりました。

こちらもおすすめ

 Fireflyで生成されたスチームパンクの工場内部
 Fireflyで生成された宇宙飛行士と色彩豊かな宇宙の背景
 Fireflyで生成された折り紙の白鳥
Fireflyで生成された異星人の惑星と宇宙船