PDFを直接編集して書類作成をスピードアップ

PDFを直接編集して書類作成をスピードアップ

テキストや画像の編集

資料の一部テキストや画像を修正、または新たに追加したい場合は、PDFを直接編集することができます。スマートフォンやタブレットからでも編集可能です。

別のファイル形式に変換して編集

資料を大きく修正したいときなどは、WordやExcel、PowerPointなどの元のファイル形式に変換してから編集するのが便利です。AcrobatDCならレイアウトや内容を保持したまま、ほとんどのファイル形式に変換できます。

ページの差し替えや順番の変更

用途に合わせて資料の特定ページ差し替えたい場合も安心です。PDFへのページの追加や削除だけでなく、ページの順番も簡単に入れ替えたりすることができます。

複数のPDFを一つにまとめる

ばらばらに存在するPDFを一つにまとめることで、資料の管理が楽になります。また、結合だけでなく、任意のページだけを分割して取り出すこともできます。

Acrobatの最新機能をいつでも活用

社会のニーズの変化とともに、働き方も進化しています。Adobe Acrobatもそれに合わせて常にアップデートし、新機能を追加しています。Adobe Acrobatを購入すれば、最新の機能をすぐに利用できます。

   

Acrobat Standard DC

信頼性の高いPDF文書を作成、編集、署名するためのツール                                                                                        

1,518

/月

1,518 円

年間契約が必要です(Windowsのみ)。


おすすめ

Acrobat Pro DC

あらゆるデバイスで使用できるトータルソリューション                                                

1,738

/月

1,738 円

年間契約が必要です(Windows版/Mac版)


導入のご相談はこちら

Acrobatのエキスパートが対応します。

chat_icon

Acrobat Readerをお探しの方はこちら

グループ版ライセンスもご利用いただけます。  詳細を見る

Acrobat ReaderとAcrobatはどう違う?

Acrobat ReaderとAcrobatはどう違う?

DC/Acrobat総合カタログをダウンロード

Acrobat (Pro/Standard)

Acrobatは有料アプリケーションです。PDFを使ったあらゆる作業を可能にし、仕事の生産性を大幅に向上できます。

チェックマーク

PDFの閲覧、注釈の追加、印刷、署名、編集、変換、セキュリティ設定などすべての機能を利用可能

チェックマーク

コメントの記入・収集

チェックマーク

100GBまでのクラウドストレージ

社内稟議用資料

Acrobat Reader

Acrobat Readerは無料でダウンロードできるアプリケーションです。PDFの閲覧をに加え、いくつかの機能を無料でご利用いただけます。

チェックマーク

PDFの閲覧、注釈の追加、印刷、署名(利用回数制限有)

チェックマーク

コメントの記入・収集

チェックマーク

2GBまでのクラウドストレージ

*利用するには無料のAdobe IDの登録が必要です。

img

Adobe Acrobat

Adobe Acrobat

PDF市場

販売本数シェアNo.1

PDF市場

販売本数シェアNo.1

Acrobatは世界で500万以上の企業や団体で利用されており、文書業務の効率化に役立てられています

※PDFソリューションにおいて、直近年度の販売本数シェア(株)東京商工リサーチ調べ2022年3月時点

ユーザーの声

様々な用途に使えます

Acrobat DCの良い点は、できる事の幅が広い点です。ファイルの結合・文字の挿入・捺印など様々な事に使用しています。特に書類への捺印は、今まではメールで届いた書類を印刷し捺印し、スキャナで取り込みそれをメールで送付するという手間が発生していました。ペーパーレスを目指していながら実際には印刷するという手間と無駄が発生していましたが、その点が大きく解消されました。

(自動車・輸送機器業)

もはや使うのが当たり前のソフト

UIがよく、廉価版の他のソフトよりも本ソフトの信頼性が老舗だけあって高いと思います。文字化けもほとんどなく、エラーもほとんど出会ったことがないくらい安定性が高いソフトだと感じます。

(デザイン・クリエイティブ職)

PDFファイルが編集できる

PDFの閲覧だけではなく、編集・結合・分割などができるので便利で、なによりもPDF上ですぐ編集ができるので効率よく作業ができます。

さらに、PDFファイル内で修正依頼をお願いする際にもコメントでわかりやすく色を塗ることができるため、工数削減になっています。セキュリティー面でも安心ですし、簡単に編集作業もできるのでもう手放せません。

(営業・販売・サービス業)

よくあるご質問

はい。体験版には、Acrobat Pro DC の最新デスクトップバージョン(Mac 版と Windows 版の両方)に加え、高度なモバイル機能やオンライン機能を活用できる Adobe Document Cloud サービスが含まれます。文書を PDF に変換して、デスクトップ、モバイルデバイス、またはブラウザーから編集可能な Microsoft Office ファイル形式で書き出すことができます。iPad や Android タブレットデバイスでテキストや画像を編集し、スマートオートフィル機能でフォームに入力および署名したり、フォームを送信したりできます。さらに、PDF をレビュー用に共有したり、他のユーザーに署名を依頼したり、デスクトップ、モバイルデバイス、またはオンラインから返答をトラックおよび管理したりできます。体験版 FAQ を参照してください。


Acrobat DC は、サブスクリプション購入の方式で提供されています。 Acrobat Pro DC または Acrobat Standard DC を年間または月々のいずれかのサブスクリプションプランを通じて購入できます。サブスクリプションには、デスクトップ向けの Acrobat Pro または Standard に加えて、Adobe Document Cloud モバイルアプリケーションと Document Cloud サービスが含まれています。

 

ストアで Acrobat DC 製品をご注文いただくか、アドビリセラーにお問合せください。企業や組織向けの Acrobat DC を購入する場合は、Acrobat のボリュームライセンスのページを参照してください。


最新バージョンの Acrobat の登録済みユーザーの皆様は、インストールや製品に関連する問題の個別サポートをご利用いただけます。サポートはインシデント単位で提供され、価格もお手頃です。世界各国のサポートの電話番号、サポート文書の記事、チュートリアルなどのサポート情報(すべて無料)について詳しくは、Acrobat ヘルプを参照してください。Acrobat ヘルプには、Acrobat に関する一般的な問題の詳細情報も掲載されています。


Acrobat DC の個人版ライセンスでは、複数のコンピューターに Acrobat をインストールし、最大 2 台のコンピューターでライセンス認証(ログイン)することができます。詳しくはこちらをご覧ください。


初めて Acrobat DC デスクトップソフトウェアを起動する場合は、ライセンス認証をおこなうためにインターネットに接続する必要があります。それ以降は、オフラインでの作業が可能です。サブスクリプションを購入した場合は、クレデンシャルの確認のために、定期的に(月々プランの場合は 30 日ごと、年間プランの場合は 99 日ごと)ログインするよう求められます。Acrobat Sign で電子サイン用に文書を送信して他のユーザーと PDF を共有するには、オンライン接続が必要です。


いいえ。しかし、Acrobat Reader モバイルアプリケーションには、Acrobat の最も一般的な機能を含む重要な PDF ツールが付属しています。Acrobat Reader を Android デバイスや iOS デバイスで使用すると、PDF の作成、書き出し、署名、整理および共有を簡単におこなうことができます。また、iPad および Android タブレットで作業する際には、PDF 内のテキストや画像を編集したり、ページを整理したりすることもできます。詳しくは、Acrobat Reader モバイル版アプリを参照してください。


仕事効率化に役立つAcrobat DC

Acrobatの機能をユースケース別にご紹介しています。

製品導入に関するご相談やお見積もり

onlineform
 
電話

0120-921-104

(受付時間:平日9:30-18:00)

onlineform
 
オンラインフォーム
14:00までにいただいたお問い合わせは、当日中にご連絡差し上げます。
onlineform
 
チャット

(受付時間:平日9:30-18:00)

お役立ちコンテンツ

DC/Acrobat総合カタログをダウンロード

DC/Acrobat総合カタログをダウンロード

 

Acrobatの概要とプランが分かる総合カタログ

社内稟議用資料

社内稟議用資料

 

稟議資料とコスト削減効果を試算するためのシミュレーションツール