次世代のレンダリング

次世代のレンダリング

Adobe PDF Print Engineの機能

カラーマネジメント

カラーマネジメント

最高のパフォーマンス

最高のパフォーマンス

印刷品質

印刷品質

開発の効率化

開発の効率化

カラー:最新のカラー画像処理科学を製品に組み込めます。

透明効果のブレンド処理

透明効果のブレンド処理

PDFの一部である透明効果は、最新のグラフィックデザインに不可欠です。PDF Print Engineは、透明なオブジェクトブレンドして、ドロップシャドウ、ソフトエッジ、背景などの注目集める印刷エフェクト生成します。スポットカラースムーズシェード組み合わせた場合でも、透明度シームレスレンダリングされ、最大のインパクト与えます。

ICCベースのカラーマネジメント

ICCベースのカラーマネジメント

PDF Print EngineにはAdobe Color Engine同梱されますが、外部カラーマネジメントモジュール(CMM)統合することもできます。どのような組み合わせカラースペースプロファイルされたジョブ要素も、出力プロファイル従って効率的組み合わされ、目的の印刷条件変換されます。 

PDF2.0カラー機能

PDF2.0カラー機能

黒点補正(BPC)、Spectral data for spot colors(CxF)、ページレベルの出力インテントなど、PDF 2.0新しいカラー機能すべてサポートされています。

過去最高にスムーズなシェード

よりスムーズなシェード

軸方向および放射状にグラデーションのブレンドが長く続くと、バンディングやノイズの発生を防ぐことが課題となります。PDF Print Engine使用すると、連続した色合い常によりスムーズレンダリングされます。

16ビット処理

16ビット処理

PDF Print Engineは、チャネルあたり最大16ビットまで、任意のビット深度を含む画像およびグラフィックスカラープレーン処理して、わずかなカラーシフト忠実にレンダリングし、厳密な色精度実現します。

パフォーマンスの向上:利用できるハードウェアリソースの効率を最大化します。

最大のパフォーマンスを得るために開発

最大のパフォーマンス得るため開発

パフォーマンス最優先の基盤を備えたPDF Print Engineは、リッチグラフィックスおよびバリアブル印刷(VDP)用の最速レンダリングテクノロジです。レンダリングアルゴリズム継続的最適化されており、Adobe Creative Cloudアプリケーション最新機能よって作成される複雑なエフェクト最速出力します。

バリアブル印刷(VDP)用のPDF/VT

VDP用のPDF/VT

PDFワークフローの利点をVDP印刷もたらすために、PDF/VCT策定されました。不透明および透明繰り返すアートワークリアルタイムキャッシュして、取り出すことができます。さらに高速なパフォーマンス実現するために、PDF Print Engineは、各要素のラスターまたは表示リストオブジェクトキャッシュするように構成できます。

Mercury RIPアーキテクチャ

Mercury RIPアーキテクチャ

Mercury RIPアーキテクチャにより、ジョブのパフォーマンスが向上します。このアーキテクチャは、複数の専用CPUでの並列処理を最大化するスケーラブルで動的なプラットフォームです。

タイル並列処理

タイル並列処理

表面積が広い場合はタイルに分割し、各タイルをPDF Print Engineの個別のインスタンスでレンダリングできます。ラスタライズされたタイルはシームレスに再構成されるため、大判印刷のパフォーマンスがさらに向上します。

64ビット処理

64ビット処理

PDF Print Engineは、最新の64ビットプロセッサーアーキテクチャの機能を活用するようデザインされています。

 

印刷品質:デザインを忠実に出力

アンチエイリアス

アンチエイリアス

PDF Print Engineは、テキストやグラフィックスの鋭いエッジを視覚的に滑らかにすることができます。これは、低解像度で特に役立ちます。

ハーフトーンオリジン

ハーフトーンオリジン

ステップアンドリピートジョブの同一のユニットをピクセルグリッド固定および位置して、各要素のスクリーニング一貫させるので、常に一定のハーフトーン仕上がります。

インラインイメージ処理

インラインイメージ処理

PDF Print Engineは、定義済みのアルゴリズムを使用した実行時の画像修正やメタデータ入力用に構成できます。

非バイナリハーフトーン

非バイナリハーフトーン

PDF Print Engineは、非バイナリハーフトーンスクリーニング用に正確な2ビット、3ビット、4ビット連続階調出力を作成できます。

圧縮の最適化

圧縮の最適化

PDF Print Engineは画像、ベクター、タグ付けされていない領域を、ピクセルレベルで識別できます。これにより、コンテンツの種類に応じて最も効率のよい圧縮ができるようになりました。

開発の効率化:製品開発とテストを効率化します。

JDFベースの自動化

JDFベースの自動化

PDF Print Engineは、CIP4による業界標準のジョブ定義形式(JDF)によって管理されるワークフローに統合されています。

PDFヘルパー

PDFヘルパー

PDF Print Engineには「PDFヘルパー」ユーティリティ含まれており、入力されるファイル(読み取り専用)ランタイムインスペクション基づいた動的なジョブ構成できます。

PDFライブラリとの緊密な統合

PDFライブラリとの緊密な統合

Adobe PDFライブラリ使用しているシステムの場合、PDF Print Engineランタイム起動し、ジョブコンテンツリアルタイムレンダリング直前に修正することができます。

強化されたUnicodeのサポート

強化されたUnicodeのサポート

制御パラメーター、ファイルパスおよびパスワードに、マルチバイト文字を含めることができます。

PDFドライバーのサポート

PDFドライバーのサポート

PDF Print Engineは、Adobe PDFドライバー経由でデスクトップアプリケーションから直接送信された印刷ストリーム対応できます。また、Adobe PDF Converter介してPostScript受け入れることもできます。

コミュニティに参加

LinkedIn
Facebook
Twitter
YouTube

お問い合わせについては、pdfprintengine@adobe.comまで電子メールをお送りください。