Trust Centerの関連情報

アドビは何百ものセキュリティプロセスとコントロールを適用し、業界認定の規格、規制、および認証を遵守するための支援をおこなっています。また、ソフトウェアすべてケーション実装おいて保護するため、Adobe Secure Product Lifecycleよりセキュリティ組みす。

企業

アイコン

Adobe® ID管理サービスのセキュリティ概要

Adobe ID管理サービス(IMS)は、企業のエンドユーザーアドビソリューションサービスで、製品とサービスすべてユーザー認証処理します。

アイコン

Adobe® Zero-Trust Enterprise Network Platform

このホワイトペーパーでは、Adobe® Zero-Trust Enterprise Network(ZEN)プラットフォームついて説明す。このプラットフォームは利用者やデバイスのセキュリティ態勢にもとづいて、アドビの企業ネットワークやリソースへ安全なアクセスを実現するイニシアチブです。

アイコン

Adobe® Vendor Security Review(VSR)Program

Adobe VSRプログラムアドビ確立されたセキュリティ標準対するベンダー準拠状態評価し、ベンダーセキュリティ対策リスクベースでのレビュー提供します。

アイコン

アドビクラウドサービスのコンプライアンス概要

アドビの総合的セキュリティ戦略重要コンポーある、Common Controls Framework(CCF)説明します。CCF使してどのようにSOC2、FedRAMP、PCI DSSなどの標準要件満たしているご確認ください。

アイコン

アドビクラウドサービス:インシデント対応の概要

アドビはリスクが最も高い分野に焦点を置いた包括的なインシデントへの対応プログラムを導入します。これは、アドビが保有するお客様情報のセキュリティに対する信頼を高めることを目的としたものです。

アイコン

電子政府向けアドビセキュリティ機能

アドビは電子政府向けセキュリティソリューションを日々拡張しています。アドビの強力でコスト削減効果の高いクラウドソリューションの概要をご確認ください。官公庁向けに特化した数々のセキュリティ機能が含まれます。

アイコン

アドビのセキュアエンジニアリングの概要

アドビは業界標準を遵守したセキュリティプロセスと対策の作成に投資してきました。研修や専門家のガイダンスのほか、できる限り多くのプロセスを自動化することでセキュリティを強化し、人的エラーを削減します。

アイコン

セキュリティ文化の構築

セキュリティ文化を全社的に構築し、あらゆるアドビ製品とサービスを通じてセキュリティの向上を目指しています。アドビが実践しているプログラムとポリシーについて詳しく説明します。


Creative Cloud

アイコン

Adobe Creative Cloudエンタープライズ版のセキュリティ概要

Creative Cloudは、プロジョ一元管理デプロイメント必要する大規模組織向け設計す。Creative Cloudエンターユーザーエクスデータキュティ機能ついて詳しく説明します。

アイコン

Adobe Business Catalystのセキュリティ概要

Business Catalyst(BC)は、企業webサイトオンラインマーティン機能を統合た、スモールビジネス向け一体型リューショす。Business Catalystユーザーデーセキュリティ機能詳しく説明します。


Document Cloud

アイコン

Document CloudサービスプラスされたAdobe Acrobat DCセキュリティ概要

Adobe Acrobat DCでは最新デスクトップソフトウェアほかに、プレミアム機能Adobe Document Cloudサービス利用す。このホワイトペーパーでは、総合的キュティ強化実装厳重対策手順説明します。


ホワイトペーパーをダウンロード
 (英語 / 日本語)

アイコン

Adobe Signのセキュリティ概要

Adobe Signでは、手書き署名プロセスデジタル化す。Adobe Signキュティ機能vと多くの規格標準規格準拠する仕組みをご確認ください。


ホワイトペーパーをダウンロード
 (英語 / 日本語)

アイコン

Adobe Sign and 21 CFR Part 11 Shared Responsibilities Guide

このホワイトペーパーでは、21 CFR Part 11準拠ューション適切実装するための、vアドビお客様責任ついて詳細にv説明しています。


アイコン

Adobe Sign and 21 CFR Part 11 Handbook

このハンドブックでは、適切システム実装とv適切手続き管理より、Adobe Signよる電子サイン法的拘束力確保し、21 CFR Part 11要件vに準拠する方法について説明します。

アイコン

アドビドキュメントサービスのセキュリティ概要

アドビドキュメントサービスは、サードパーティロッパーAPI介して、アドビ製品(Adobe Acrobat DC、Adobe Acrobat Webなど)同じ基盤技術一部アクセスようします。このホワイトペーパーでは、アドビキュサービスその関連データ保護に、アドビが実装厳重な対策キュティv手順ついて説明します。


Experience Cloud

アイコン

GDPRプライバシー基準検証の結果

この文書は、Adobe Marketing Cloud、Adobe Analytics Cloud、Adobe Advertising Cloud向けの、GDPRプライバシー基準コンプライアンス検証の要件に関するTRUSTe LLCによる独自検証です。

アイコン

Adobe Analyticsのセキュリティ概要

Adobe Analyticsセキュリティアーキテクチャと機能について説明します。顧客データを使用して有望な顧客を絞り込み、マーケティング効果を高めることができます。

アイコン

Adobe Campaignのセキュリティ概要

Adobe Campaignセキュリティアーキテクチャ機能ついて説明します。Adobe Campaignクラス最高レベルのキャンペーン、プロモーション、パーソナライゼーション管理機能を備え、あらゆるチャネルを横断してマーケティングプログラムを実行できます。

アイコン

Adobe Targetのセキュリティ概要

Adobe Targetユーザージューキャンペーンモジュールネットワークアーテクチャ、データター構成、セキュリティ機能ご確認ください。


アイコン

Adobe Experience Manager as a Cloud Serviceキュティ概要

新しいAdobe Experience Manager as a Cloud Serviceおけるwebコンテンツメントプラットフォームアーキテクチャセキュティ機能をご確認さい。ユーザー情報とコンアセット安全保護する仕組み説明します。

アイコン

Adobe Experience Managerマネージドサービスのセキュリティ概要

Adobe Experience Managerのwebコンテンツおよびアセット管理は、アドビのマネージドサービスプラットフォームで利用できます。このセキュリティ機能について説明します。

アイコン

Adobe Experience Manager Screens
のセキュリティ概要


AEM Screensは、動的でティブデジタルエンスおよびインタラションを様々なタイプデジタル画面に公開できる安全なデジタルサイネーソリューションです。このセキュリティ機能について説明します。

アイコン

Adobe Experience Manager Livefyreのセキュリティ概要

Adobe Experience Manager Livefyreでは、リアルタイムのコンテンツ、会話、ソーシャルキュレーションを組み合わせて、消費者とつながることができます。このホワイトペーパーでは、実装されている厳重な対策とセキュリティ手順について説明します。

アイコン

Adobe Magento Commerce Shared Responsibility Guide

Magento Commerceは、責任共有セキュリティモデルによるPaaSプラットフォームです。アドビ、お客様、クラウドサービスプロバイダーがソリューションのセキュリティを維持するためにそれぞれ独自の責任を負います。

アイコン

Adobe Magento Commerceのセキュリティベストプラクティスガイド

このガイドでは、Adobe Magento Commerceのインストール環境をキュリティ関連のインシデントから保護するために設計された手法について詳しく紹介します。Magento Commerceお客様には、このガイド記載されているガイダンス従うこと推奨います。

アイコン

Adobe Audience Managerのセキュリティ概要

お客様が収集した情報をAdobe Audience Managerセキュティ機能データ構造保護する仕組み説明します。堅牢なユーザープロファイル構築し、貴重web上セグメント明らかするのに役立ちます。

アイコン

Adobe Marketoのデータ保護概要

Adobe Marketoは、あらゆるタッチポイントパーソライズされたエンゲージメント作成、管理、実行できます。 のホワイトペーパーでは、Marketoとお客様のデータのセキュリティを強化するためにアドビが実装するアプローチについて説明します。

アイコン

Adobe Experience Platformのセキュリティ概要

Adobe Experience Platformは、すべての顧客データの一元化標準化を支援するAdobe Experience Cloud基礎なるvテクノロジーです。
リアルタイムの顧客プロファイルを作成してアクティブ化することで、パーソナライズされたカスタマーエクスペリエンスを強化できます。このホワイトペーパーでは、プラットフォームとお客様のデータのセキュリティを強化するために実装している機能について説明します。 

アイコン

Adobe Primetimeのセキュリティ概要

Adobe PrimetimeIP接続れたスクリーン視聴者コンテンツ配信できます。コンテンツとユーザーデータ保護役立つPrimetimeアーキテクチャセキュリティ機能について説明します。

アイコン

Adobe Advertising Cloudのセキュリティ概要

Adobe Advertising Cloudは、従来のTVからデジタル形式まで対応する広告管理ためエンドツーエンドプラットフォームです。
このホワイトペーパーでは、お客様のエクスペリエンスとデータのセキュリティを強化するために実装しているセキュリティ手順について説明します。


その他

アイコン

Adobe Captivate Primeのセキュリティ概要

Adobe Captivate Primeは、学習用コンテンツ効率的設定、配信、追跡する管理システム(LMS)です。
ソリューションに実装されているセキュリティ手順の詳細を説明します。

アイコン

Adobe Connectホステッドデプロイメントキュリティ概要

Adobe Connect web会議プラットフォームセキュリティ機能よって、web会議、eラーニング、オンラインセミナーセキュリティ保護される仕組みを説明します。


企業

アイコン

Adobe® ID管理サービスセキュリティ概要

Adobe ID管理サービス(IMS)は、企業エンドユーザーアドビソリューションつなげるサービスで、アドビの製品とサービス対するすべてのユーザー認証を処理します。

アイコン

Adobe® Zero-Trust Enterprise Network Platform

このホワイトペーパーでは、Adobe® Zero-Trust Enterprise Network(ZEN)プラットフォームついて説明います。このプラットフォーム利用者デバイスセキュリティ態勢もとづいて、アドビ企業ネットワークリソース安全アクセス実現するイニチブです。

アイコン

Adobe® Vendor Security Review(VSR)Program

Adobe VSRプログラムはアドビ確立されたセキュリティ準にする各ベンダーの準拠状態評価し、ベンダーのセキュリティ対策ついてリスクベースでのレビュー提供します。

アイコン

アドビクラウドサービスのコンプライアンス概要

アドビの総合的セキュリティ戦略重要なコンポーネントである、Common Controls Framework(CCF)ついて説明します。CCF使用してどのようにSOC2、FedRAMP、PCI DSSなどの標準要件満たしているかご確認ください。

アイコン

アドビクラウドサービス:インシデント対応の概要

アドビはリスクが最も高い分野に焦点を置いた包括的なインシデントへの対応プログラムを導入します。これは、アドビが保有するお客様情報のセキュリティに対する信頼を高めることを目的としたものです。

アイコン

電子政府向けアドビセキュリティ機能

アドビは電子政府向けセキュリティソリューションを日々拡張しています。アドビの強力でコスト削減効果の高いクラウドソリューションの概要をご確認ください。官公庁向けに特化した数々のセキュリティ機能が含まれます。

アイコン

アドビのセキュアエンジニアリングの概要

アドビは業界標準を遵守したセキュリティプロセスと対策の作成に投資してきました。研修や専門家のガイダンスのほか、できる限り多くのプロセスを自動化することでセキュリティを強化し、人的エラーを削減します。

アイコン

セキュリティ文化の構築

セキュリティ文化を全社的に構築し、あらゆるアドビ製品とサービスを通じてセキュリティの向上を目指しています。アドビが実践しているプログラムとポリシーについて詳しく説明します。

Creative Cloud

アイコン

Adobe Creative Cloudエンターイズ版セキュリティ概要

Creative Cloudは、プロビジョニングの一元管理とカスタムデプロイメントを必要とする大規模組織向けに設計されています。Creative Cloudエンタープライズ版のユーザーエクスペリエンスとデータセキュリティ機能について詳しく説明します。

アイコン

Adobe Business Catalystセキュティ概要

Business Catalyst(BC)は、企業webサイトとオンラインマーケティング機能を統合した、スモールビジネス向けの一体型ソリューションです。Business Catalystのユーザーエクスペリエンスとデータのセキュリティ機能について詳しく説明します。

Document Cloud

アイコン

Document CloudサービスプラスされたAdobe Acrobat DCのセキュリティ概要

Adobe Acrobat DCでは最新のトップソフトウェアほかに、プレミアム機能Adobe Document Cloudオンラインサービス利用ます。
このホワイトペーパーでは、総合的なセキュリティを強化するために実装されている厳重な対策と手順について説明します。

アイコン

Adobe Signのセキュリティ概要

Adobe Signでは、手書き署名プロセスデジタル化できます。Adobe Signセキュリティ機能多く業界規格標準規格準拠る仕組みをご確認ください。

アイコン

Adobe Sign and 21 CFR Part 11 Shared Responsibilities Guide

このホワイトペーパーでは、21 CFR Part 11に準拠したソリューションを適切に実装するための、アドビとお客様間の責任について詳細に説明しています。


アイコン

Adobe Sign and 21 CFR Part 11 Handbook

このハンドブックでは、適切なシステム実装と適切な手続き管理により、Adobe Signよる電子サイ法的拘束力を確保し、21 CFR Part 11要件に準拠する方法ついて説明します。

アイコン

アドビドキュメントサービスのセキュリティ概要

アドビドキュメントサービスは、サードパーティのデベロッパーがAPIを介して、アドビ製品(Adobe Acrobat DC、Adobe Acrobat Webなど)と同じ基盤技術の一部にアクセスできるようにします。このホワイトペーパーでは、アドビドキュメントサービスとその関連データを保護するために、アドビが実装している厳重な対策とセキュリティ手順について説明します。

Experience Cloud

アイコン

GDPRプライバシー基準検証の結果

この文書は、Adobe Marketing Cloud、Adobe Analytics Cloud、Adobe Advertising Cloudの、GDPRプライバシー基準コンプライアンス検証要件関するTRUSTe LLCよる独自検証です。

アイコン

Adobe Analyticsのセキュリティ概要

Adobe Analyticsのセキュリティアーテクチャと機能について説明します。顧客データを使用して有望な顧客を絞り込み、マーケティング効果を高めることができます。

アイコン

Adobe Campaignのセキュリティ概要

Adobe Campaignセキュリティアーキテクチャと機能について説明します。
Adobe Campaignクラス最高ルのキャンペーン、プロモーション、パーソナライゼーション管理機能を備え、あらゆるチャネルを横断してマーケティングプログラムを実行できます。

アイコン

Adobe Targetのセキュリティ概要

Adobe Targetユーザーモジュールキャンペーンモジュールのネットワークアーキテクチャ、データセンターの構成、セキュリティ機能をご確認ください。


アイコン

Adobe Experience Manager as a Cloud Serviceのセキュリティ概要

新しいAdobe Experience Manager as a Cloud Serviceおけるwebコンンツマネジメントプラットフォームアーキテクチャセキュリティ機能ご確認ください。
ユーザー情報とコンテンツアセットの安全を保護する仕組みを説明します。

アイコン

Adobe Experience Managerマネーサービスのセキュリティ概要

Adobe Experience Managerのwebテンツおよびアセット管理は、アドビのマネージドサービスプラットフォームで利用できます。このセキュリティ機能について説明します。

アイコン

Adobe Experience Manager Screens
のセキュリティ概要


AEM Screensは、動的でティブなデジタルエクスペリエンスおよびインタラクションを様々なタイプのデジタル画面に公開できる安全なデジタルサイネージソリューションです。このセキュリティ機能について説明します。

アイコン

Adobe Experience Manager Livefyreのセキュリティ概要

Adobe Experience Manager Livefyreは、リアルタイムコンテンツ、会話、ソーシャルキュレーション組み合わせて、v消費者つながることできます。
このホワイトペーパーでは、実装されている厳重な対策とセキュリティ手順について説明します。


アイコン

Adobe Magento Commerce Shared Responsibility Guide

責任共有セキュリティモデルによるPaaSプラットフォームです。アドビ、お客様、クラウドサービスプロバイダーがソリューションのセキュリティを維持するためにそれぞれ独自の責任を負います。

アイコン

Adobe Magento Commerceキュティベストティガイド

このガイドでは、Adobe Magento Commerceインストール環境キュリティ関連のインシから保護するために設計された手法ついて詳しく紹介します。Magento Commerceご利用お客様には、このガイド記載されているガイダンス従うことを推奨しています。

アイコン

Adobe Audience Managerのセキュリティ概要

お客様が収集した情報をAdobe Audience Managerセキュリティ機能データ構造保護する仕組み説明します。堅牢なユーザプロファイル構築し、貴重web上のセグメント明らかする役立ちます。

アイコン


Adobe Marketoのデータ保護概要

Adobe Marketoは、あらゆるタッチポイントでパーソナライズされたエンゲージメントを作成、管理、実行できます。 このホワイトペーパーでは、Marketoとお客様のデータのセキュリティを強化するためにアドビが実装するアプローチについて説明します。

アイコン

Adobe Experience Platformのセキュリティ概要

Adobe Experience Platformは、顧客データの一元化標準化支援するAdobe Experience Cloud基礎なるテクノロジーです。
リアルタイムの顧客プロファイルを作成してアクティブ化することで、パーソナライズされたカスタマーエクスペリエンスを強化できます。このホワイトペーパーでは、プラットフォームとお客様のデータのセキュリティを強化するために実装している機能について説明します。 

アイコン

Adobe Advertising Cloudのセキュリティ概要

Adobe Advertising Cloudは、TVからデジタル形式まで対応する広告管理のためのエンドツーエンドのプラットフォームです。このホワイトペーパーでは、お客様のエクスペリエンスとデータのセキュリティを強化するために実装しているセキュリティ手順について説明します。

アイコン

Adobe Primetimeのセキュリティ概要

Adobe PrimetimeIP接続されたスクリーンで視聴者にコンテンツを配信できます。コンテンツとユーザーデータの保護に役立つPrimetimeのアーキテクチャとセキュリティ機能について説明します。


その他

アイコン

Adobe Captivate Primeセキュティ概要

Adobe Captivate Primeは、あらゆる式の学習用コンテンツを効率的に設定、配信、追跡する学習管理システム(LMS)です。ソリューションに実装されているセキュリティ手順の詳細を説明します。

アイコン

Adobe Connectホステッドントセキュリティ概要

Adobe Connect web会議プラットフォームセキュリティ機能よって、web会議、eラーニング、オンラインセミナーセキュリティ保護される仕組み説明します。