コンテンツが多彩で更新頻度の高いWebサイトの運用フローを効率化



【2015年7月14日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐分利 ユージン、以下 アドビ)は、関西テレビ放送株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:福井澄郎、以下 関西テレビ)のWebサイトに、アドビのデジタルマーケティングソリューションAdobe Marketing Cloudに含まれるWebコンテンツ管理(WCM)ソリューションAdobe Experience Managerが採用されたことを発表しました。国内のテレビ局におけるAdobe Experience Managerの採用はこれが初となります。

関西テレビは、視聴者向けの番組表、各番組の詳細ページ、事業イベントページ、アナウンサーのブログ、ローカルニュース、天気など、多彩で更新頻度の高い豊富なコンテンツを提供するWebサイトを展開し、管理を行っています。これまでは、番組改編やリニューアルのたびに大規模なWebサイト更新が必要となること、多数の編集者と制作者がコンテンツ制作にかかわることで、ページ作成、確認、承認、修正、更新作業におけるプロセスの煩雑さがWebサイト運営における課題となっていました。検討の結果、これらを解決するWebコンテンツ管理ソリューションとしてAdobe Experience Managerの採用を決定しました。今後関西テレビのWebコンテンツを順次移行していき、2015年度末には完全移行する予定です。

採用に当たっては、更新作業の合理化を図ることのできる使いやすい操作性に加え、すでに導入済みのAdobe Creative Cloudとの親和性の高さによるクリエイティブアセット活用のすばやさ、直観的に多様なモバイルデバイスに対応したモバイルサイトを構築できるレスポンシブ機能、Webサイトの運用フロー改善におけるアドビコンサルティングサービスによる手厚いコンサルティングおよびトレーニングサービスが高く評価されました。

Adobe Experience Managerの導入により、放送前、放送中、放送後でのシームレスなコンテンツ切り替え、番組関連情報の即時更新を実現し、視聴者へのよりよいデジタルエクスペリエンスを提供します。また、効率化を図ることで、Webサイト運営にかかわるROIの向上も見込んでいます。

関西テレビについて
関西テレビ放送株式会社は、大阪市北区に本社を置き、近畿広域圏を対象地域(近畿2府4県と徳島県・三重県の一部、約972万世帯)に、テレビ放送を行うフジテレビジョン系列の放送局です。地元に特化したニュースから全国ニュースまで広く報道を行い、ドラマ、スポーツ、ドキュメンタリー、バラエティなど幅広い番組を提供しています。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。http://www.ktv.jp/ktv/outline

Adobe Marketing Cloudについて
Adobe Marketing Cloudは、様々なデバイスとデジタルタッチポイントを通じてマーケティングコンテンツの高度なパーソナライゼーションを実現することでビッグデータを駆使し、顧客と見込み客への効果的なリーチとエンゲージメントを支援します。密接に統合された8つのソリューションにより、分析、Web/アプリのエクスペリエンス管理、テスト/ターゲティング、広告、ソーシャルエンゲージメント、キャンペーン管理に重点を置いた、包括的なマーケティングテクノロジーをマーケターに提供します。また、Adobe Creative Cloudとの連携機能により、あらゆるマーケティングチャネルにおいて、クリエイティブアセットを容易に活用できます。Adobe Marketing Cloudは、Fortune 50企業の2/3をはじめ、世界中の多くの企業に採用されており、そのトランザクション処理件数は年間30兆5,000億件以上に上ります。

アドビについて
アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。
アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

Adobe, the Adobe logo, Adobe Experience Manager, Adobe Marketing Cloud and Creative Cloud are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated in the United States and/or other countries.

© 2015 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. All other trademarks are the property of their respective owners.

 

 

このプレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレス窓口