セピア写真で印象的に

セピア写真の歴史をたどり、デジタル写真に温かみと夢見心地のような効果を加える方法を学びましょう。

車と並木道のセピア調の写真

セピア色のモノクロ写真

アンティークショップに置かれた古い写真でも、美術館に展示されたアートとしての写真でも、セピア写真はすぐに人の目を引きつけます。「セピア写真は、モノクロ写真と同じようにモノクロの配色です。つまり1つのトーン、1つのカラーから構成されています。しかし、モノクロでなく茶色です」と語るのは写真家のエレン・フィッシュさんです。 

       

伝統的なモノクロ写真は標準的なグレースケールを使ってハイライトと影を出しますが、セピア写真はその代わりに、赤っぽい茶色を使ってそうした色を出していきます。「セピアの場合、光をもっと柔らかく使います」とフィッシュさんは付け加えます。そのようにして、ソフトで夢見心地のような美しさを出すことができるのです。

       

暗室から生まれたセピア写真

セピアの色調は、アナログのフィルム撮影の時代に始まり、それは写真現像の際に暗室で行われました。技術的には、セピアトーニングとは化学反応のプロセスです。そのプロセスで写真印刷の感光乳剤の中にあるメタリックシルバーがシルバー混合硫化物に変換されます。このプロセスにより写真の最終的な色の変化により、写真が周辺の環境にも耐えられるようにします。その結果、写真は長い年月の間保存されることになります。

暗室で写真を確認している写真家

暗室でのセピアトーニングのプロセスは、カラー写真ではできません。この方法を行う写真家は現在でもいますが、これはコストがかかり、しかも特別な化学薬品と機器がなければ適切に行うことができません。「暗室の方がもっと伝統的なやり方です。暗室の方法を好む人もいます。実際に暗室で、薬品や液体を使って作業するという、その雰囲気を気に入っているのです」と語るのは写真家のグレゴリー・バロスさんです。写真は現像し印刷すれば、思い通りに撮れたかどうか確認できます。一方、セピア効果が出たかどうかは、デジタル写真のツールを使えば簡単に確認することができます。     

 

セピアの色合いでアート風な外観

セピアトーニングは元々、写真を長く保存するために使われたので、現存している古い写真の多くはセピア写真です。そのため、セピア写真はアンティーク的な側面をもつようになりました。現在、デジタル写真でセピア色の効果を加えれば、レトロまたは古色蒼然とした感じの写真にすることができます。このセピアのテクニックを使えば、昔の記憶を表現したりノスタルジックな雰囲気を見る人に伝えたりすることができます。

 

セピア色は温かみのある優しい色合いで、エッジが柔らかな感じになります。力強いラインと影のある、硬い感じの建築写真でさえ、セピア効果を施せば暖かく柔らかな外観となります。

 

「セピアは風景写真ととても良い相性があると思います。写真に色を加えるととても綺麗になりますが、あのビンテージセピアの色は独特の雰囲気を出します。フルカラーの写真より、ずっとレトロな感じを出すことができます」とバロスさんは言います。ポートレートから自然の写真まで、セピア写真は題材に意外性のあるアプローチを与えてくれます。      

セピアフィルターを使ってデジタル写真の色を調整する

デジタルセピア写真を作成する

Adobe Photoshop の写真編集ソフトがあれば、温かで優しい感じのセピア効果を作るのに暗室は必要ありません。実際、後処理の最中にセピアフィルターを適用すれば、どのような画像でも、フルカラーの写真を簡単にセピア色にすることができます。画像/色調補正/フォトフィルターの順にクリックし、セピアを選ぶだけです。次に、スライダーを使って調整レイヤーを編集し、セピア効果をどれだけ強調したいのか決めていきます。 

 

カラー写真をモノクロ写真に変換し、その後でセピア効果をかけると、より 本格的なビンテージの雰囲気を出すことができます。写真をモノクロに変換するには、画像/色調補正/モノクロの順にクリックします。次に、ハイライト、ローライト、カラースライドを調整していきます。グレースケールの画像ができたら、セピア効果を適用して写真に柔らかで温かいタッチを加えましょう。

テーブルの上にある花を生けた花瓶のセピア写真
鉄製手すりの向こうにある、花の咲いた木のセピア写真

撮影:エレン・フィッシュ

良いセピア写真を撮影する方法

光に注意する

どのようなモノクロ写真もそうですが、セピア写真も強いハイライトと影が必要です。「十分な光がないと、良い写真にするのは難しくなります。そのような写真は撮りたくありません。それが写真撮影というものです。写真は文章や絵画と同じでそれらを書くための筆、つまり光が重要なのです。ですから私は、とにかく外に行って1日のうちのさまざまな光を使って写真を撮ってごらんなさい、と助言しています」とバロスさんは言います。自然の光、ポートレートの光、スタジオの光など、どの光がセピア写真に適しているか試してみましょう。

       

構図を考える

「アート風な写真に最も重要なのは光です。光が線や形や構図を作るからです。そして次に重要なのは、何を画面から取り除くか、ということです」とフィッシュさんは語ります。セピア写真では構図が大変重要です。色を使わないので、フレームの中の線、形、そのアレンジが写真を素晴らしくもすれば、台無しにもします。三分割法やリーディングラインなど、色々な構図スタイルを使ってみて、どの方法が思い通りの作品になるのか決めていきましょう。

夜の穏やかな水の上にかかった橋のセピア写真

撮影:グレゴリー・バロス

カメラの設定を色々試す

セピア色を使うと写真は自然に、穏やかでシュールな雰囲気を醸し出します。このセピア効果は、浅い被写界深度でより強調することができます。また、深い被写界深度ですべての画像を鮮明に撮影し、柔らかなセピア効果を対照的に見せることもできます。カメラ設定が、写真の仕上がりに大きく影響することを覚えておきましょう。カメラの設定では、慎重な選択が大切ですが、創造性豊かな作品を目指す上では、自由に色々と試してみるのもよいでしょう。

       

色々試して失敗も経験する

「私は幸いなことに、学ぶことをやめない性分なんです。そして、学びでは失敗は絶対に必要です」とフィッシュさんは言います。学び、成長することで良い写真家になっていきます。色々な写真チュートリアルで学んだり、独自の題材を決めて撮影したり、過去の写真をまねて撮影したりして、経験を積んでいきましょう。

       

写真家であることは、たやすいことではありません。「必ずしも、写真撮影が大好きである必要性はありません。私の場合も、いつも写真が大好きなわけではないのですが、写真が私自身なのです。写真は自分を表現する方法なのです。自分が自分らしくあることを、あきらめないことです」とフィッシュさんは語ります。写真によって、自分の考え方を人に伝えることができます。ツールボックスの中にセピアトーニングの機能があれば、自分の情熱や考え方を目に見える方法で示すことが増えたことになります。

協力

エレン・フィッシュ、 グレゴリー・バロス

Adobe Photoshop Lightroom の多彩な機能

Adobe Lightroom のプリセットで写真を簡単に編集し、クラウドの写真ストーレージ管理を使えば、どこにいても自分の作品にアクセスできます。

その他のおすすめ...

石の階段に座る人たちの古い写真と復元されたカラー写真

Photoshop で古い写真を復元する

Adobe Photoshop を使って、古い写真を数回クリックするだけで、元の美しい写真に復元する方法を学びましょう。

ポーズをとっている人のポートレート写真

拡散光写真の撮り方

スタジオでも広い屋外でも、ソフトな光で被写体を引き立てる方法を探ります。

砂漠を歩くラクダの影

影写真を撮るコツ

写真にバランス、深み、魅力を加えるドラマチックな影を撮影する方法を学びます。

窓の外を見ている子供をおんぶした父親

芸術としての写真入門

ティ

写真についてさらに学ぶ

Lightroom

Lightroom プラン

どこからでも写真を編集、整理、保存、そしてシェア
7 日間の無料体験の後 1,078  /月(税別)

Lightroom
Photoshop

フォトプラン

Lightroom、Lightroom Classic、Photoshop、20 GBのクラウドストレージを利用可能
7 日間の無料体験の後 1,078 /月(税別)

Lightroom

コンプリートプラン

Creative Cloud のアプリとツールをすべて利用可能
7 日間の無料体験の後 6,480 /月(税別)