After Effects と Premiere Pro の違い:映画制作に最適なツールの選び方

Adobe のAfter Effects とPremiere Pro は、どちらも動画編集用の高機能アプリケーションです。それぞれの機能を使って、さらに美しい映像をつくりましょう。   

Premiere ProとAfter Effectsでの動画編集

優れた作品を作るための方法

動画編集用のソフトウェアが必要なら、Adobe Premiere Pro とAfter Effects のどちらを使っても、動画クリップのカット、接続などを実行することができます。しかし、両方のソフトに共通の機能が備わっていても、各ソフトは、後処理の別の編集でその機能を最適に発揮します。それぞれに異なる長所を持っていますが、この2つのソフトを同時に使った時に効果を最大限に発揮します。

 

Premiere Pro を使う

本番撮影を終えたら、映像を編集していきます。撮影した映像をすべて見て編集していきましょう。Premiere Pro は動画エディターの、後処理向けに開発されています。アーティストや映画制作者がコンテンツを整理し、動画ファイルを編集し、音声と画像を微調整して品質を高めるための高度な機能が備わっています。

 

タイムライン編集

Premiere Pro には、タイムラインがあり、ここで動画ファイルをカットして任意のシーケンスに、ドラッグ・アンド・ドロップします。プロのYouTuberやハリウッドの映画制作者も、Premiere Pro を使って優れた投稿動画や、大ヒット映画を作っていますが、このソフトは直感的な操作で実行できるので初心者でもすぐに使えるプログラムです。

Premiere Pro で動画のタイムラインを編集する

オーディオ編集

Premiere Pro を使って、撮影セットで録音した音声を編集または同期する、音声レベルを高くしたり低くしたりする、音楽やサウンドエフェクトを動画に加えたりすることができます。 

 

カラー補正

カラー補正はAfter Effectsでも可能ですが、多くの場合、Premiere Pro が使われます。その理由は、本格的なカラーグレーディング、補正、レンダリングなど、ユーザーにとって大変使いやすいツール(例えばスコープやルックアップテーブル『LUT』など)が揃っているからです。

 

After Effects を使う 

Premiere Pro がすでに撮影した映像のカット、アレンジ、色の補強などに使われるのに対し、After Effects は高品質のモーショングラフィックやビジュアルエフェクトを動画に加えるツールとして業界標準のソフトとなっています。時間を割いて、チュートリアルを1つか2つ見て練習すれば、After Effects で色々な編集をすることができます。

 

アニメーション

After Effects はデザイナーやアニメーターが、ベクターとラスターアートで2D や3D のアニメーションを作成する時に使うモーショングラフィック用のツールとして好評です。また、写真などをアニメーションにインポートして、さまざまなタイトルやモーショングラフィックを作成することができます。 

 

視覚効果

After Effects を使って、多種多様なビジュアルエフェクト(VFX)を動画に加えることができます。複数の画像を合成して独創的なショットを作ったり、またはロトスコープを使って人間や物体を動画から取り出した3Dモーショングラフィックなど、個性的なタッチをシーンに加えましょう。戦闘シーンで爆弾を爆発させる、後処理で照明効果を出す、アニメーションと動画を使ってモーションコラージュを作る、などAfter Effects は現実で困難なことを可能にするツールです。

After Effectsで動画に視覚効果を加える

モーションタイトルとテキスト
Premiere Pro にも映画にタイトルを加えるツールがありますが、After Effects のモーションタイトルと動くテキストの機能では、アニメーション化したテキストレイヤー を作成し、それを使うことで、人目を引くオープニングのクレジットシーケンスや、ローワーサードグラフィック、3Dのモーションテキスト、動く文字動画などを作成することができます。

 

Premiere Pro とAfter Effects の両方を使って魅力を倍増する

Premiere Pro とAfter Effects はそれぞれに利点があります。しかし、これら2つのプログラムの卓越した点は、シームレスに互いを統合できる能力でしょう。Premiere Pro を使って作品のラフカットを編集し、After Effects で視覚効果を加えて、それをPremiere Pro のプロジェクトパネルを使ってタイムラインにインポートすることができます。 

 

この他、Dynamic Linkを使って、シーンをPremiere Pro から直接 After Effects へ送り、エフェクトを加えると、それは自動的にコピーされ、Premiere Pro で更新されます。

 

Premiere Pro とAfter Effects は、他のAdobe製品と同時に使うと、さらに高い機能性を発揮します。例えば、Photoshop またはIllustratorで作成した画像やロゴをシームレスに統合できる機能を使って、Premiere Pro またはAfter Effects のプロジェクトに取り込むことができます。また、オーディオを正確に変更したい時は、動画クリップを選びそれをAdobe Auditionに送り、サウンド編集に特化した機能を使って調整することができます。

 

Adobe Creative Cloud のすべてのアプリを使って、思い通りの映画をつくりましょう。 

その他のおすすめ...

スマートフォンでビデオを編集します。

ビデオ編集入門

らゆ

デスクトップコンピューターで後処理の編集をする人

後処理:初心者ガイド

映像の集約から最終カットまで、編集の基本についてプロのコツを参考にしましょう。

海岸に打ち寄せる波の画像をAdobe Premiere Proでオーディオ編集するイメージ

Premiere Proを使った動画音声編集

シンプルな音声クリップをAdobe Premiere Proで洗練されたサウンドトラックにする。

Adobe After Effectsで編集をしている人

キーフレームアニメーションーション

Adobe After Effects、Animate、Character Animatorでキーフレームアニメーションの概要を理解しましょう。

動画で詳細を見る

Adobe Premiere Pro を購入しましょう

最先端の映像編集ソフトウェアで思い通りの作品を作りましょう。

7日間の無料体験の後は月額2,728 円/月(税別)

Adobe After Effectsの購入

映画クオリティのVFXとモーショングラフィックスを制作できます。

7日間の無料体験の後は月額2,728 円/月(税込)