Premiere Pro Premiere Elements の違い:最適な動画編集ツールの選び方

Adobe Premiere Proで本格的な動画編集機能を使用するか、または初心者でも簡単に使えるAdobe Premiere Elementsで動画を編集してみましょう。   

カメラで動画を撮るプロの撮影クルーとスマホで動画を撮る人

両ソフトの比較

Adobe Premiere Proと Premiere Elements は両ソフトとも、フレキシブルな動画編集ソフトですが、対象とするユーザーは多少異なります。Premiere Elements は、基本的かつ使いやすい機能を備え、初心者でもすぐに動画を編集できます。 Premiere Pro はさらに本格的で、カスタマイズ可能なプロ用の動画編集ツールを備えています。

 

ハリウッドの映画監督はPremiere Pro を使って、世界中で人気を呼ぶヒット作品を制作しています。使い方を習得するのに少し時間がかかるかもしれませんが、このソフトはプロの動画エディターだけが使うツールではありません。アプリケーション内のチュートリアルと、その 手順を踏んだガイドに従えば、基本的な機能と上級の動画編集スキルを学ぶことができます。

 

必要な機器とシステム構成

Premiere Pro とPremiere Elements は、両方共デスクトップPC用のアプリケーションです。ただし、Premiere Pro のサブスクリプションにはAdobe Premiere Rush が含まれており、これは、 iPad、Phone、Android のモバイル機器で使える、簡素化されていながらも高性能の編集ツールです。 

 

どちらかのデスクトップPC用アプリを使う場合、Intel 6th Generation かそれより新しいプロセッサー、またはSSE4をサポートするAMDプロセッサーが必要です。ソフトウェア使用にあたり、最適なハードウェアを用意できるよう、動画編集に最適なノートパソコン について学びましょう。オペレーションシステムは、Microsoft Windows 10バージョン1903 以降、またはmacOS 10.15以降のシステムを使用します。

使い方は簡単

Premiere Elements ならすぐに使い始めて、誕生日のスライドショーやYouTube 動画などシンプルな作品を編集できます。 テンプレートやエフェクトもすぐに適用できます。またさまざまなテクニックをガイド付き編集で学びましょう。しかも、Elements Organizer を使えば、日付、GPSメタタグ、その他の管理用タグを付けて、動画クリップを簡単に管理できます。

 

両方のアプリには、簡単に適用できるエフェクトのプリセットが備わっています。 ただし、さまざまな最新のエフェクトを希望する場合は、Premiere Proをお使いください。 さらに、Premiere Pro のワークスペースはカスタマイズが可能なので、作業内容に合わせて調整することができます。

 

動画にテキストを加える

どちらのアプリでも、プリセットされたテンプレートを利用でき、動画クリップにテキストとタイトルを加えることができます。Premiere Pro では、フォント、スタイル、ドロップシャドウ、色の変更、語句のアニメーション化など、テキストをカスタマイズするオプションがあります。 Premiere Pro には、会話を自動的に数十カ国の言語に翻訳して、キャプションとして加える機能も付いています。

 

カラー補正をする

Premiere Elements では露光や彩度など、色調整の基本的な機能を使って動画を編集することができます。 また、Premiere Pro Lumetri カラーパネルで、上級のカラー編集機能を使用しましょう。このような機能では、スコープ(動画の中の光と色のレベルを正確に表示する波形グラフ)や特別なカラーツールなど、さまざまなツールを使って色を編集することができます。

Premiere Proを使って動画を調整している動画エディター

オーディオ編集の性能
Premiere Elements を使うと、以下のような基本的なオーディオ編集ができます。:4つの別々のオーディオトラックと1つの音楽トラックを調整する、オーディオからノイズを除去する、ベースとリバーブを調整する、動画の長さに合わせて自動的に音楽とトラックをリミックスする、などです。

 

Premiere Pro なら上級の機能と、オーディオトラックのための追加スペースを使って、さらに高度のオーディオ編集ができます。 トラックの入力ボリューム(ゲイン)と出力ボリューム(ボリューム)を調整し、特定の波長を除去し、サウンドエフェクトと音楽トラックなどロイヤリティフリーのストックオーディオをダウンロードしましょう。

 

Adobe Premiere Elements を使う

便利さと簡単さという点なら、Premiere Elementsが最適なプログラムです。カスタマイズのオプションは限られていますが、タイトルエフェクト、コラージュとスライドショーのテンプレート、トランジションエフェクトなど多くのプリセットオプションを利用することができます。

 

ガイド付き編集ツールを使って、フレームのフィリング、タイムラプス動画、ピクチャインピクチャエフェクト、動画をタイトル内に配置するためのエフェクト、カラーポップ、アニメーション化された空エフェクトなど、もっとクリエイティブな編集オプションを楽しみましょう。 しかもPremiere Elementsなら、SNSへの投稿用にすぐエクスポートできます。

Premiere Proを使って動画を調整している動画エディター

Adobe Premiere Pro を使う

動画編集を思い通りにコントロールしたい場合、またはプロが使うツールを全て試してみたい場合は、Premiere Pro を使用しましょう。Premiere Elements で出来ることはもちろん、そのほかの視覚効果を加えることができます。 使い始めは、チュートリアルとユーザーガイドの指示に従いましょう。

 

Premiere Pro は次のような機能を使って、動画または映画の作品を、さらにレベルアップさせます。すなわち、高品質の特殊効果、アニメーション化したグラフィック、カラー調整の高度機能とフィルター機能、サードパーティエフェクトの統合、Adobe Photoshop のようなAdobe Creative Cloud の他のアプリからのデザインの統合などです。さらに、Adobe Fonts とAdobe Stock から、何千種類ものフォント、ストックされたオーディオ、音楽トラック、ストックモーショングラフィック・テンプレートも利用できます。

 

Premiere Proなら、複数のプロジェクトを同時に進行させることもできます。Pro Productions の共同作業ツールを使えば、チームが複数のプロジェクトで同時に作業できます。プロジェクトで使えるファイル形式は、 HEIF、HEVC、MOVなど40種類に昇ります。

 

ニーズにもよりますが、優れた動画を制作するためのツールは、ほんの数回クリックするだけで入手できますPremiere Elements とPremiere Pro は共に、動画編集のための卓越したリソースです。早速、各機能の性能を試してみて、編集作業を楽しく始めましょう。

その他のおすすめ...

カラフルなデジタル動画エフェクト

人気の動画エフェクトを試す

人気のポストプロダクションエフェクトを使って、作成できる雰囲気やスタイルを学びましょう。

植物の世話をしている人

動画編集にトランジションを適用する方法

Adobe Premiere Pro を使って動画にトランジションを加える方法を学びます。

ソファの上に座って動画撮影の準備をするビデオグラファー

動画撮影の基礎を学ぶ

ビデオグラフィーの概要を学び、 Adobe Premiere Proで作品に磨きをかけましょう。

カメラ用の動画モニター

動画作成

初期段階からファイナルカットまで、動画や映画の作成プロセスを学びます。

動画で詳細を見る

Adobe Premiere Pro を購入しましょう

最先端の映像編集ソフトウェアで思い通りの作品を作りましょう。

7日間の無料体験の後は月額2,728 /月(税別)