アドビ、国内不動産市場向けの電子サインサービス普及に向けアットホームとの業務提携を発表

 

~アットホームの加盟店向け電子サインサービス「スマート契約」により契約業務を効率化し、優れたユーザーエクスペリエンスを提供~
 

【2018年6月4日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:ジェームズ マクリディ、以下 アドビ)は 、国内不動産会社向けの電子サインサービスの利用拡大を目指し、不動産情報サービスのアットホーム株式会社(本社:東京都大田区、取締役社長 鶴森 康史、以下 アットホーム)と業務提携したことを発表します。今回の提携に基づき、アットホームは6月1日より、クラウドベースのドキュメント管理ソリューション「Adobe Document Cloud」の電子サインソリューション「Adobe Sign」を活用した同社の加盟店に対する電子サインサービス「スマート契約」を提供開始しました。

 

今後は、54,000以上のアットホーム不動産情報ネットワーク加盟・利用不動産店が、賃貸物件の契約・更新・解約をはじめさまざまな業務を電子サインで行えるようになります。不動産業の契約業務で発生する膨大な文書の電子化により、契約者も含めた優れたユーザーエクスペリエンスを提供すると同時に業務の効率化を実現します。

 

今回の発表について、アットホームの執行役員である大保幹彦氏は、以下のように述べています「不動産の業務(契約業務、更新業務、解約業務)において、非常に多くの文書が紙で取り交わされています。これらの業務がIT化されることによって、業務の効率化、郵送コストの削減、管理リスクの低減に加え、オーナーさまやご契約者様の負担も軽減されることが期待できます。この取組みを通じて、さらなる業務のIT化、効率化に貢献していきたいと考えています。」

 

アドビの専務執行役員 鈴木和典 は以下のように述べています。「アットホームの電子サインサービス『スマート契約』にAdobe Signが採用されたことを嬉しく思います。Adobe Signは、署名に限らず効率化、簡素化、およびエンドツーエンドのドキュメントプロセスにおけるエクスペリエンスの向上を実現するソリューションです。アットホームが保有する54,000店以上の加盟店ネットワークを活かし、電子サインを不動産業界における契約業務のスタンダードにしていくことを目指します。」

 

Adobe Document Cloudについて

Adobe Document Cloudは、最高品質のPDFソリューションであるAcrobat DC、あらゆるデバイスから書類への電子サインを実現するAdobe Sign、およびAdobe ScanやAdobe Acrobat Reader DCなどのモバイルアプリを中心に構成されています。AcrobatはAcrobat Readerとともに、10億台を超えるデスクトップおよびモバイルデバイスで使用されている、世界で最も広く普及しているソフトウェアの一つで、現在Document Cloud上では年間60億件以上の電子署名および電子サインが処理されています。Deloitte 、Diners Club、MasterCard、Perkins Cole、The Royal Bank of Scotland、Verizonなどのグローバル企業が顧客体験をデジタル化するためにDocument CloudとAdobe Signを採用しています。世界中のさまざまな組織が、米国、英国、ドイツ、日本、オーストラリアにデータセンターを有するDocument CloudおよびAdobe Signを採用し、あらゆる場所で迅速かつ安全なモバイル電子署名を実現しています。

 

 

アドビについて

アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。

アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

 

Adobe, the Adobe logo and Adobe Document Cloud, are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated in the United States and/or other countries. © 2018 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. All other trademarks are the property of their respective owners.

 

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

このプレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレス窓口