アドビ、グラフィック制作アプリ「Adobe Spark Post」が大学入試に初採用

デジタルハリウッド大学のAO入試でプレゼンツールとして導入される

 

【2019年5月30日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:ジェームズ マクリディ、以下 アドビ)は、デジタルハリウッド大学(以下、DHU/本校:東京都千代田区、学長:杉山知之)の2020年度<サマー・トライアウト※1>AO入学試験(夏期講習・課題方式)に、グラフィック作成ツールである「Adobe Spark Post」が採用されたことを発表します。「Adobe Spark Post」が大学入試のツールとして導入されるのは初めてのことです。

 

大学入試改革の一環、文科省が定めた「学力の3要素」を入試で評価

文部科学省が「変化の激しい時代において、新たな価値を創造していく力を育成するため」に、「高校教育」、「大学教育」、そしてそれらをつなぐ「大学入試」を変えていこうと『高大接続改革※2』に取り組む中、大学入試では『学力の3要素』を多面的・総合的に評価するものへ転換することが必要とされています。『学力の3要素』とは、①「知識・技能」、②「思考力・判断力・表現力」、③「主体性・多様性・協働性」を指します。従来の一般的な大学入試では①「知識・技能」の評価に偏っていた中で、DHUでは2020年度の<サマー・トライアウト※1>AO入試で、これら『学力の3要素』を総合的に評価する選抜方法を先行導入することになりました。

 

「Adobe Spark Post」を使ったプレゼンテーション制作で、「思考力・判断力・表現力」を評価

2020年度の<サマー・トライアウト※1>AO入試における「夏期講習」では、以下の3点を中心に『学力の3要素』を評価し、選抜を行います。

 

①      デジタルコンテンツに関する講義&設問:「知能・技能」の評価

②      アクティブラーニング型グループワーク:「主体性・多様性・協働性」の評価

③      デジタルツールを用いたプレゼンテーション:「思考力・判断力・表現力」の評価

 

①では、デジタルコンテンツに関する映像講義を受けたのち、講義内容に関連する設問に回答。その後、②では4~6名ずつ別れたグループワークで与えられた課題に取り組みます。ここではiPadが各グループに1台ずつ与えられ、iPadにインストールされている「Adobe Spark Post」アプリを使ってグラフィック資料を2時間以内に作成。最後に、③で「Adobe Spark Post」で作成したプレゼンテーションを1グループ5分で行います。

 

デザイン初心者にもやさしいグラフィック制作用デザインアプリ「Adobe Spark Post」

Adobe Spark Post

※「Adobe Spark Post」のスクリーン画面(iPad)。同じ画像・テキストで異なるテンプレートを選択した場合を比較。

 

「Adobe Spark Post」は、デザイン経験のない人でも簡単に使える、グラフィック制作ツールで、受験者は課題の発表を1ページのプレゼンテーションで表現します。受験者は配られたiPadにインストールされた「Adobe Spark Post」を立ち上げると、プロが作ったデザインテンプレートの中から好きなテンプレートを選択できます。テンプレートをベースに、好きな画像やテキストを挿入、別のレイアウトや、カラーパレット、フォント、フィルター、エフェクト加工など、様々な機能を画面タップしながら選択し、プレゼンテーションを完成させます。

 

DHUの小勝健一氏(大学入試広報グループマネージャー)は次のように述べています。

「2021年度の入試改革に向けて『学力の3要素』を評価するための方法を模索していた際、高校生向けの体験授業で活用していた『Adobe Spark Post』の利便性に着目しました。『Adobe Spark Post』は、PC操作等のデジタルスキルがなくてもクオリティの高いプレゼン資料が作れるという、他のデザインアプリにはないメリットがあるため、公平性が求められる入学試験においてもこれなら活用できると感じました。“すべてをエンタテインメントにせよ!”という本学のモットーにならえば、”入試もエンタテインメントにせよ!”という想いで、今回の導入を決めました。従来の知識偏重型の学力に限らず、人生をより主体的に切り拓くために必要な学力が育まれる大学となるため、DHUは今後も教育の充実を進めてまいりたいと思います。」

 

※1  <サマー・トライアウト>AO入学試験とは、「面接」「夏期講習」「課題」を通して選抜を行い、合格後も入学までの準備期間を利用して継続的に課題に取り組むDHU独自の入試方式です。

※2 文部科学省「高大接続改革」に関する詳細はこちらの文部科学省のウェブサイトをご覧ください。

 

 

Adobe Spark について

高品質なデザインテンプレートやアドビのフォントサービスを使って、ソーシャルグラフィックやwebページ、ショートビデオをすばやく簡単に作成できるクリエイティブツールです。デスクトップアプリの他、無料のモバイルアプリとして「Spark Page(ウェブサイト制作)」「Spark Post(グラフィック制作)」「Spark Video(ビデオ制作)」があります。

アイデアを数分で魅力的なビジュアルストーリーに変換できるこのツールは、小学校から大学まで世界の多くの国の教育機関において採用されています。

 

アドビについて

アドビは、世界を変えるデジタル体験を提供します。

アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、webサイトに掲載されています。

 

©2019 Adobe Inc. All rights reserved. Adobe, Adobe Experience Cloud, Adobe Analytics Cloud, Adobe Marketing Cloud, Adobe Advertising Cloud, Magento, and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe Inc. (or one of its subsidiaries) in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

 

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

このプレスリリースに関するお問い合わせ

プレス窓口