Adobe Document CloudMicrosoftアプリ新たな統合を発表

 

【2019年6月17日】

アドビは、この度、マイクロフトが米国で開催したビジネスアプリケーションサミット(英語)において、セキュリティを重視しながら、迅速かつスマートな働き方を推進するAdobe Document CloudとMicrosoftアプリのさらなる統合を発表しました。アドビとマイクロソフトが共同で提供する新機能は下記の通りです。

 

ワークフローのデジタル化:Microsoft PowerプラットフォームにAdobe Signを統合

企業は、締結した契約の管理ではなく取引を成立させることや、採用契約に合意を得ることに注力すべきですが、複雑な書類手続きによって、こうしたプロセスが面倒な作業と化し、長期化しているケースが非常に多く見受けられます。このプロセスを効率化するため、Microsoft
PowerプラットフォームにAdobe Signを統合しました。このプラットフォームにより、お客様の要件に合わせたカスタムPowerAppsが作成できるようになります。PowerAppsで作成されたワークフローにAdobe Signを組み込むことで、さらなる生産性の向上が可能になりました。

 

取引の効率化:Microsoft Dynamicsへの統合を拡張し、Sales Hubへのアクセスを可能に

移動中でも、取引を続けられるようMicrosoft Dynamicsへの統合を拡張し、Sales Hubへのアクセスを可能にしました。モバイルファーストな営業のためのCRMソリューションにAdobe Signを統合することで、スマートフォンやタブレットから直接契約書を送付して署名を取得し、取引をスピーディーかつ確実に成立させることが可能になります。

 

コラボレーション促進:SharePointとOneDrive との連携強化

Adobe SignとAcrobatは、既にSharePointとOneDriveに密接に連携していますが、SharePointやOneDriveに格納されたPDFの迅速な閲覧、作成、編集、コラボレーション機能がさらに強化されました。

いつも使っているSharePointやOneDriveのブラウザ画面で、以下が可能となります。

 

  • SharePointとOneDriveのツールバーに、作成、結合、コメントなどのPDFツールを直接埋め込みました。これにより、生産性を強化します。
  • ブラウザで開いたPDFファイル上で、描画ツール、コメント、ハイライト、マークアップによる注釈を閲覧したり、注釈を追加したりすることが可能になります。
  • モバイルデバイスやオンライン上で、フォント、形式、レイアウトを保持したまま、PDFを編集可能なMicrosoftアプリ―ケーションのファイルに変換することができます。
  • 複数のファイル形式を1つのPDFファイルに結合することができます。

 

コンプライアンス準拠支援:Microsoft Information Protection(MIP)をMacのデスクトップ版アプリに拡張

 

政府、金融サービス、バイオ医薬品など、極めて機密性の高い業界では、文書にアクセス制限を設定することが重要です。Microsoft Information Protection(MIP)を使用することで、文書にアクセス制限を設定し、ファイルの保存場所や開く場所に関わらず、文書を保護することが可能になります。Windowsでは、以前からデスクトップ版のAcrobat DCとAcrobat Reader DCアプリ上でMIPによる保護が適用されたファイルを開くことができていましたが、この機能がMacのデスクトップ版アプリにも拡張されます。

 

アドビは、今後も、マイクロフトツールとの連携を強化していくことで、生産性を最大化するとともに企業のデジタル化をサポートしていきます。詳細は、こちらをご覧ください。

 

【アドビについて】

アドビは、世界を変えるデジタル体験を提供します。

アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、webサイトに掲載されています。

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

 

©2019 Adobe Inc. All rights reserved. Adobe, Adobe Experience Cloud, Adobe Analytics Cloud, Adobe Marketing Cloud, Adobe Advertising Cloud, Magento, and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe Inc. (or one of its subsidiaries) in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

 

 

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

このプレスリリースに関するお問い合わせ

プレス窓口