アドビ、 ニューヨークタイムズおよびTwitterコンテンツの信頼性確保を目的とした業界標準開発のためのイニシアチブを発表

 

【2019年11月8日】

※当資料は、2019年11月4日に米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。

 

米国カリフォルニア州ロサンゼルス発:Adobe(Nasdaq:ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は、本日Adobe MAXにおいて、ニューヨーク タイムズ (NYSE:NYT) およびTwitter (NYSE:TWTR)と連携し、コンテンツの信頼性確保を目的とした業界標準開発のためのイニシアチブを開始すると発表しました。

 

オンライン上の信頼と透明性を確保するには、クリエイターやパブリッシャーが適切なコンテンツ属性を提供できる能力を有していなくてはなりません。アドビ、ニューヨークタイムズ、Twitterは、長期的ソリューションを作成することはクリエイター、テクノロジー企業とメディア企業の共通の責務であり、協力すればその進歩を加速することができると確信しています。

 

アドビのエグゼクティブバイスプレジデント兼ゼネラルカウンシルのダナ ラオ(Dana Rao)は次のように述べています。
「デジタルコンテンツが急激に増加する中で、人々は自分の見ているコンテンツが信頼できるものであるかどうかを知りたがっています。これは非常に難しい課題ですが、アドビがニューヨークタイムズ、Twitterと共に業界全体のコンテンツ属性システムの導入を支持しているのは非常に喜ばしいことだと思います。消費者の皆さんがオンラインコンテンツをより良く評価しその理解を深めることができるように、いまこそテクノロジー企業とメディア企業が団結しなくてはなりません。」

 

アドビは、クリエイターやパブリッシャーが共有しようとするコンテンツに属性データを安全に添付することができるオプトインシステムを開発中です。著者が適切な属性を受け取ることができるように自身のコンテンツを裏付けるとともに、消費者に対して属性証跡を提供することで、閲覧しているコンテンツが信頼できるものであるとの確信を強めてもらえるフレームワークになっています。アドビは、世界最大のクリエイティビティカンファレンスであるAdobe MAXにおいて、Photoshopに組み込んだ自社のコンテンツ属性テクノロジーのプロトタイプを紹介しました。

 

ニューヨーク タイムズ 研究開発部長のマーク ラヴァリイ(Marc Lavallee)氏は次のように述べています。「ネット上で信頼のできるニュースを識別することは、現在ニュースの消費者が直面している中でも特に重大な問題のうちのひとつです。誤った情報と闘うには、エコシステム全体、つまりクリエイター、パブリッシャー、プラットフォームが協力する必要があります。今回のイニシアチブにより、オープン標準とプロトコルが開発されれば、そのための基盤が築かれます。」

Twitterのグローバルトラスト&セーフティ部門 副社長デル ハーヴェイ(Del Harvey)氏は次のように述べています。「世界中で交わされる会話に貢献し、それを促進することがTwitterの中核的ミッションです。アドビ、ニューヨークタイムズと協力して、現在のTwitterの活動を支援できる新しいイノベーティブな方法を見つけるのを楽しみにしています。情報の質とメディアリテラシーにおいては、誰もが何らかの役割を担っています。このように複雑な問題を解決するには協力が何より重要ですから、Twitterは今回のパートナーシップを歓迎しています。」  

 

アドビ、ニューヨーク タイムズおよびTwitterは、今後数か月に渡ってさらに多くのテクノロジー企業やメディア企業とともに、サミットにおいてこのイニシアチブをスタートする計画です。

 

コンテンツの信頼性確保を目的としたイニシアチブへの参加に関心がある企業は、http://www.adobe.com/go/content-authenticity
(英語)をご参照いただき contentauthenticity@adobe.com までご連絡ください。

 

 

アドビについて

アドビは、世界を変えるデジタル体験を提供します。

アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、webサイトに掲載されています。

 

ニューヨーク タイムズについて

ニューヨーク タイムズは、質の高いニュースと情報を作成し、集め、配信することで社会向上を目指すグローバルなメディア企業で、その資産にはニューヨーク タイムズ、NYTimes.comなどがあります。ジャーナリズムにおける卓越性、紙媒体とデジタルでのストーリーテリングにおける革新性、そしてそのビジネスモデルは世界中に知られています。最新情報はTwitter(@NYTimesPR)からご覧ください。

 

Twitterについて

Twitter (NYSE:TWTR) は、世界中で交わされる会話に貢献する企業です。人々は、世界で起きている出来事や今話題になっていることを知るためにTwitterを利用します。ニュース速報やエンタメ、スポーツ、政治、日々の話題に至るまで、世界で起きていることはいちはやくTwitterで発信されます。世界の40を超える言語で利用可能なTwitterのサービスを利用するには、twitter.comからアクセスしてください。様々なモバイルデバイスまたはショートメールを通してのアクセスが可能です。詳細は、about.twitter.comに訪問するか、@twitterをフォローしてください。アプリのダウンロード方法についての詳細は、twitter.com/downloadからご覧ください。

 

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

©2019 Adobe Inc. All rights reserved. Adobe and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

 

 

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

このプレスリリースに関するお問い合わせ

プレス窓口