アドビ(旧Magento)、ガートナーのデジタルコマース分野のマジッククアドラント2020年版で「リーダー」に選ばれる

 

「ビジョンの完全性」と「実行能力」で4年連続「リーダー」に選出

 

※当資料は、2020年8月27日に米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。

 

【2020年9月4日】

米国カリフォルニア州サンノゼ発:Adobe(Nasdaq:ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は本日、ガートナーの調査レポート「Magic Quadrant for Digital Commerce(デジタルコマース分野のマジッククアドラント)2020年版」において「リーダー」に選ばれたことを発表しました。アドビ(旧Magento)にとって、4年連続の「リーダー」選出となる今年、アドビは「ビジョンの完全性」と「実行能力」において評価されたベンダー15社の中で、「リーダー」に位置付けられ、「実行能力」において最高点を獲得しました。

 

ガートナーは、「デジタルコマースプラットフォーム」を、顧客がインタラクティブかつセルフサービスの体験を通じて商品やサービスを購入できるようにするコアテクノロジー、と定義するとともに、デジタルコマースプラットフォームは「顧客の購入意思決定に必要な情報を提供し、決済前に完全な注文内容をルールやデータをもとに提示」しなければならないとしています。

 

アドビのコマース製品およびプラットフォーム担当バイスプレジデントであるジェイソン ウーズリー(Jason Woosley)は、次のように述べています。「COVID-19の状況下、デジタルコマーステクノロジーは、注目の最前線に躍り出ました。ブランド企業はパーソナライズされた、卓越した顧客体験で顧客との繋がりを深める方法を模索しているのです。アドビのプラットフォームは、今日のデジタル世界で最高のコマース体験を提供しますが、今回のリーダー領域選出はその強みを物語っています。」

 

Magento Commerceを搭載したAdobe Commerce Cloudは、あらゆる規模の企業に対応する先進的なEコマースプラットフォームであり、20以上の業界でB2B、B2C、B2Eのユースケースをサポートしています。また、開発者、エージェンシー、ソリューションパートナーおよびテクノロジーパートナーからなる強力なエコシステムがアドビと連携し、プラットフォームの急速な成長を支えています。Adobe Experience Cloudの一部であるAdobe Commerce Cloudは、Adobe Analytics Cloud、Adobe Marketing Cloud、Adobe Advertising Cloudと連携することで、高度にカスタマイズ可能なエンドツーエンドのプラットフォームを構成します。HP Inc.やUnilever、Rite Aid、Tweezerman、Catbirdなど業界を変革する企業が、Adobe Commerce Cloudを利用して顧客と繋がり、考えうる限り最高のコマース体験を提供しています。

 

「ビジョンの完全性」の評価基準には、市場の理解、マーケティング戦略、販売戦略、製品/サービス戦略、ビジネスモデル、業種別戦略、革新性、および地域戦略が含まれます。「ベンダーの実行能力」の評価基準には、製品/サービス、総合的な存続力、販売/価格設定、市場対応力と実績、マーケティング、顧客体験、オペレーションが含まれます。

 

ガートナーの「Magic Quadrant for Digital Commerce」2020年版レポートは、こちら(英語)から無料でダウンロードできます。関連ブログ記事(英語)はこちらからご覧ください。

 

出典:ガートナー「Magic Quadrant for Digital Commerce」、 Mike Lowndes、Jason Daigler、Sandy Shen、Penny Gillespie、Yanna Dharmasthira、2020年8月25日

 

 

ガートナー社免責事項

ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価またはその他の選定を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

 

■Adobe Experience Cloudについて

アドビは、Adobe Experience Cloudで顧客体験管理(CXM)を再定義します。Adobe Experience Cloudは、エクスペリエンスのためのデジタルコンテンツの制作からマーケティング、広告、アナリティクス、コマースを含む業界唯一の包括的なソリューションです。Adobe Experience Cloudは、すべてのタッチポイントやあらゆるチャネルを通し、魅力的なB2C/B2B/B2Eエクスペリエンスを一貫性と継続性をもって提供することを支援し、顧客のビジネス成長を加速させます。静的かつ分断化された顧客プロファイルのみを扱う従来のエンタープライズプラットフォームと異なり、Adobe Experience Platformは企業が顧客を完全に理解する手助けを行い、さらにアドビのAIおよび機械学習テクノロジーであるAdobe Senseiにより、データから知見を得てアクションに繋げる支援をします。エクスペリエンスを主題にした主な調査報告書において、業界アナリストがアドビをリーダーとして位置づけるものは20を超え、これはテクノロジー企業のなかでも突出しています。

 

■「アドビ」について

アドビは、世界を変えるデジタル体験を提供します。アドビ株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、webサイト ( https://www.adobe.com/jp/ ) に掲載されています。

 

© 2020 Adobe Inc. All rights reserved. Adobe and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

 

 

このプレスリリースに関するお問い合わせ

プレス窓口