OpenType®は、アドビとマイクロソフトが共同開発した、クロスプラットフォームのフォントファイル形式です。現在アドビのAdobe Type Libraryは全体的にOpenType形式に移行し、数千種類のOpenTypeフォントを提供しています。
OpenType形式の主なメリットとしては、クロスプラットフォームで活用できること(同じフォントファイルをMacintoshとWindowsの両方で利用できます)、そして豊かな言語サポートと高度なタイポグラフィを可能にする広範な拡張文字セットとレイアウト機能を利用できることの2点が挙げられます。
OpenTypeはTrueTypeのSFNT形式を拡張したフォントフォーマットで、Adobe® PostScript®フォントデータと新しいタイポグラフィ機能にも対応可能です。 Adobe Type Libraryに含まれるようなPostScriptデータを持つOpenTypeフォントは、ファイル名の末尾に.otfが付いています。一方、TrueTypeベースのOpenTypeフォントは、ファイル名の末尾に.ttfが付きます。
OpenTypeフォントは、広範な拡張文字セットとレイアウト機能をサポートすることができ、より豊かな言語サポートと精度の高いタイポグラフィを実現します。 多機能なOpenTypeフォントは、フォント名に「Pro」という単語が使用されており、フォントメニューにもそのように表示されます。 また、OpenTypeフォントは、PostScript Type 1フォントおよびTrueTypeフォントと一緒にインストールすることができます。

単一のクロスプラットフォームなフォントファイル

OpenTypeフォントは、アウトライン、メトリック、ビットマップのデータをすべて含む単一のフォントファイルを使用するので、ファイル管理が容易です。 また、同じフォントファイルをMacintoshとWindowsのどちらのシステムでも利用できます。 その結果、プラットフォームを超えてフォントファイルをやり取りできるので、文字を使用するドキュメントのクロスプラットフォームな可搬性が飛躍的に向上します。
単一のクロスプラットフォームなフォントファイル
 
ビットマップデータ、アウトラインデータ、メトリックデータが単一のクロスプラットフォームなOpenTypeフォントファイルに束ねられているので、フォント管理が容易です。

幅広い言語サポート

世界中の言語のほぼすべてを網羅するユニバーサルなマルチバイト文字コードであるUnicodeに基づくOpenTypeフォントなら、1つのフォントで複数言語の文字セットを利用できるので、多言語によるタイポグラフィが容易になります。 現在アドビからリリースされているすべてのOpenTypeフォントには、西欧で用いられる標準的なラテン文字に加え、「estimated」シンボルやリットル記号、ユーロ通貨記号といった国際標準文字が収録されています。 アドビのOpenType Proフォントには、さらにアクセント付き文字が収録されており、トルコ語やポーランド語など、中欧および東欧の言語をサポートしています。 このProフォントの多くでは、同一フォントでキリル文字およびギリシャ文字も利用可能です。
幅広い言語サポート
OpenTypeフォントフォーマットは、かつてない広範な言語サポートをフォントデザイナーにもたらします。

高度なタイポグラフィ

かつては一般的なPostScript欧文フォントで使用できるグリフは256種類に限られており、いわゆる「エキスパート字形」を使用するにはスタイル関連フォントをいくつもインストールして管理せざるを得ませんでした。 OpenTypeなら、1つのフォントファイルにドキュメント制作ワークフロー全体で必要なグリフすべてを収録し、しかもそのファイルをクロスプラットフォームで利用できるので、フォント管理と制作ワークフローを飛躍的に簡略化することができます。 OpenTypeフォントは6万5,000以上のグリフを使用できるため、1つのフォントファイルに標準以外のグリフ(オールドスタイル数字、スモールキャップス、分数、スワッシュ字形、上付き文字、下付き文字、タイトル用字形、前後関係に依存する字形、デザインのバリエーション、合字)を数多く含めることができます。
従来、高品質の書体では、印刷サイズ別に異なるデザインが用意されていました。 アドビのOpenTypeには、キャプション、本文、小見出し、大見出しの4種類のサイズ別にデザインが異なるフォントも数種類含まれています。 「オプティカル」フォントと呼ばれるこれらのフォントでは、用途に応じた範囲の印字サイズごとに、それぞれ最適なデザインが用意されています。 正確にはフォントファミリーによって多少の誤差がありますが、おおよそ、キャプションが6~8ポイント、本文が9~13ポイント、小見出しが14~24ポイント、大見出しが25~72ポイントと分類されています。
高度なタイポグラフィ
以前はフォントの技術がここまで発達していなかったので、エキスパート字形および多言語のサポートには、個別のフォントファイルが必要でした。 OpenTypeフォントでは、基本文字セット、エキスパート字形、拡張字形が1つのファイルにまとめられていることにより、タイポグラフィ機能が大幅に向上しています。

OpenType機能のサポート

OpenType機能のサポートを論じるうえで中心となるのは、文字とグリフの違いです。 文字というのは、Unicode標準によって割り当てられたコードポイントで、これは言語の最小の意味単位を表します。 一方、グリフは、それらの文字の特定の形を指します。 1つの文字に対していくつかのグリフが存在しえます。例えば、小文字の「a」、スモールキャップの「a」、スワッシュ字形の小文字の「a」はすべて同一の文字ですが、グリフはそれぞれ異なります。 複数の文字が1つのグリフを構成することもあります。例えば、"ffi"合字は、f、f、iの3つの文字の組み合わせです。
OpenTypeレイアウト機能を使用すれば、グリフの位置決めや置き換えが可能です。 すべての文字にはデフォルトのグリフがあり、位置を調整できます。 レイアウト機能を1つ以上の文字に適用すると、位置やグリフが変わることがあります。 例えば、「a」に小文字機能を適用すると、通常の小文字の「a」がスモールキャップの「a」のグリフに置き換えられます。 OpenType Proフォントの代替グリフを利用するには、OpenTypeレイアウト機能をテキストに適用できるユーザインタフェースをアプリケーションが備えていなければなりません。 Unicodeや高度なOpenTypeレイアウト機能に対応していないアプリケーションでも、現在のPostScript Type 1フォントのグリフセットに類似する、OpenType Proフォントの基本グリフセットは利用できます。
opentype
小文字の「a」はOpenTypeフォントでは複数のグリフで表すことができます。

OpenTypeとアドビのアプリケーション

MacintoshとWindowsの大部分のアプリケーションでは、ATM Lightまたはオペレーティングシステムのネイティブサポートを通じて、OpenTypeと互換性があります。その中で、 Adobe InDesign ®およびAdobe Photoshop ®は、高度なOpenType機能をサポートした最初のアドビ製アプリケーションになっています(各アプリケーションによってサポートされる項目については、OpenTypeユーザーガイドを参照してください)。その他のアドビのアプリケーションも、今後対応していく予定です。InDesignやその他のOpenType対応アプリケーションでは、OpenTypeフォントの代替グリフに自動的に置き換えるOpenTypeレイアウト機能を利用できます。InDesignの場合、自動合字やスモールキャップス、スワッシュ字形、オールドスタイル数字をはじめとするOpenTypeレイアウト機能の多くは、文字パレットのOpenTypeポップアップメニューから実行します。 また、OpenTypeフォントの代替グリフは、字形パレットを使用して手動で選択することもできます。
OpenTypeとアドビのアプリケーション
Adobe InDesignでは、文字メニューの項目を選ぶだけで、OpenTypeフォントの合字およびオールドスタイル数字を自動的に置換できます。
InDesign
Adobe InDesignでは、字形パレットを使用して、OpenTypeフォントの代替グリフを選択して挿入できます。