よくある質問

 

Community Fund | Creative Residency

Community Fundに関するよくある質問

 

Community Fundを受けることになった場合、いつ通知されますか?

このプログラムは2020年5月から12ヶ月間実施され、毎月プロジェクトが進行されます。ファンドに選ばれた候補者は、申請書類の提出から30~60日以内に通知されます。

 

申請をして選ばれた場合、どのような委託プロジェクトを得られますか?

委託プロジェクトの場合は、アドビにおけるニーズと、あなたのポートフォリオのスキルや強みによって異なります。記事やチュートリアルを書いたり、ビデオを制作したり、アプリやソーシャルメディアで使うための作品を制作したりする場合があります。

 

Community Fundに選ばれた候補者は、ファンドのほかに何か特典を受けられますか?

はい、ファンド以外に1年間のCreative Cloudメンバーシップが提供されます。

 

ファンドには複数回申請できますか?

いいえ、申請できるのは2020-2021年の間に一度だけです。

 

今年Creative Residencyに応募しましたが、落選しました。Community Fundに申請することはできますか?

はい、申請できます。Community Fundに申請できるのは一度だけです。

 

Community Fundはいつまで実施されますか?

2020年5月1日から2021年4月30日までの1年間(12ヶ月間)実施されます。

 

Community Fundから個人プロジェクトへのサポートを受けられることになった場合、その後はどうなりますか?

個人プロジェクトがファンドの対象に選ばれた場合、必要な書類への合意を得たあと、5~50万円の間で選考委員会から決定された額のサポートを受けることができます。

 

このファンドの選考委員会はだれですか?

Adobe Creative Residency Community Fundの選考委員会は、デザイン、写真など様々な分野のアドビの専門家で構成されており、提出された書類を総合的に評価します。アドビが委託するプロジェクトは、候補者のスキルがどの程度マッチするかにもとづいて選定され、委託プロジェクトの内容はタイミングやニーズによって異なります。選定に当たっては、デジタルの要素を含むすべてのビジュアルデザイン分野からの候補者を対象とし、次の分野に重点を置いています。

  • ビデオ
  • 写真 / フォトアート
  • グラフィックデザイン
  • イラスト
  • 3D
  • モーションデザイン
  • プロダクト / インターフェイスデザイン(UI/UX)

 

Creative Residency Community Fundについての問い合わせ先を教えてください。
その他の質問については、CreativeResidency@adobe.comまでお問い合わせください。

注意:毎年大量の問い合わせがありますので、上記で回答していない質問についてのみ返信いたします。


Creative Residencyに関するよくある質問

 

Creative Residencyへの応募はいつからできますか?

2021年プログラムの応募受付は、2021年初頭に開始予定です。詳しくは、応募方法をご覧ください。

 

Creative Residencyの実施期間を教えてください。
Creative Residencyの実施期間は毎年5月から翌年4月までの1年間です。

 

資格要件を教えてください。
レジデントの条件:

  • 米国、ドイツ、イギリス、日本またはカナダに在住していること
    • レジデント期間中に上記いずれかの国に一時的に居住地を移してもプログラム応募の資格を満たすことにはなりません
  • 居住国の法定年齢に達しており、労働することが認められていること
    • 注意:年齢制限の上限はありません
    • このプログラムによるビザの取得または延長はできません
  • 英語での会話や読み書きなどコミュニケーションに支障がないこと
  • 居住している国の主要な言語でクリエイターのコミュニティとコミュニケーションがとれること(つまりドイツのレジデントはドイツ語、イギリスのレジデントは英語、日本のレジデントは日本語)
    • 応募書類の提出は日本語または英語でも可能ですが、面接時は日本語・英語も必要になります

 

候補者を探すにあたりどのクリエイティブな分野に関心がありますか?
特に以下の分野に注目しています。

  • ショートフィルム/オンラインビデオ
  • フォトグラフィ
  • デジタルペインティング/ドローイング
  • グラフィックデザイン(デジタルおよびプリント)
  • エクスペリエンス、インタラクション、インターフェイスデザイン(UI/UX/VX/XD)
    • Adobe XDを使用すること
    • プログラミングスキルは不要

デジタルの要素を含むすべてのビジュアルデザイン分野からの候補者を対象としています。

主なプロジェクトがデザインやビジュアルアートの分類に該当しないもの(ダンス、クリエイティブライティング、ポッドキャストなどクリエイティブ分野)はプログラムの対象となりません。

メインプロジェクトがデザインおよびビジュアルアートである場合、サブプロジェクトとしてビジュアル以外のポッドキャストやブログなどの要素が含まれていても問題ありません。例えば、過去のレジデントであるTyler Babinはビデオグラファーがメインであり、サブプロジェクトとしてポッドキャストシリーズを配信しています。また、過去のレジデントであるAaron Bernsteinはフォトグラファーがメインであり、サブプロジェクトとしてブログを公開していました。

 

他の人と共同で、またはチームで応募することはできますか?
いいえ。現在のところ、Creative Residencyは個人での応募のみを受け付けています。

 

レジデントには報酬が支払われますか?
レジデントは、健康保険への加入や個人の経験やスキル、居住地域などに応じたフルタイムの給与が支給されます。また、期間中のレジデントの旅費とプロジェクト活動費も支給されます。レジデントは期間中、アドビからノートパソコンなどの機器の貸与を受けます。

 

Creative Residencyに参加したら拠点を移す必要がありますか?
レジデントは、現在の居住地で既存の作業場所を使い、活動を継続します。ただし、アドビのサンフランシスコオフィスへの出張が四半期に1回発生するほか、クリエイティブイベントに参加するための出張に活動時間の最大25%が充てられる可能性があります。

 

レジデントが、期間中に他のクライアントの仕事をすることは認められますか?
自分のプロジェクトに取り組んで長期目標を達成していただくことが、このプログラムの趣旨です。例外的な取り扱いについては、ケースバイケースで対応します。

 

既に開始しているプロジェクトで応募することはできますか?

既にプロジェクトを開始している場合は、完了している作業、今後必要な作業に加え、レジデント期間中の制作活動がスキルの向上、コミュニティに対するメリット、キャリア開発にどのようにつながるかについて、概要を提案書で説明してください。多くのレジデントが、期間中の最初の数ヶ月、既存のプロジェクトに取り組み、完了させてきました。 

 

レジデントは、期間終了時に卒業発表や卒業制作をおこなう必要がありますか?

学校とは異なり、レジデントの作品の卒業展示や卒業発表は必要ありません。単独の発表をおこなうことで自分のキャリアに大きなメリットがある場合は、応募時のプロジェクト提案書にその旨を記載してください。

 

障がいをもっていても応募資格はありますか?
あらゆる人の応募を歓迎します。リクエストに応じて、必要な設備を準備します。

 

Creative Residencyについての問い合わせ先を教えてください。
その他の質問については、CreativeResidency@adobe.comまでお問い合わせください。

注意:毎年大量の問い合わせがありますので、上記で回答していない質問についてのみ返信いたします。

Creative Residencyに応募しますか?

Adobe Creative Residencyロゴ