Adobe Creative Residency

年間レジデントへの応募を検討している場合は、このページで下記のスケジュール、手順、ヒント、応募書類の記入サンプル、その他の情報を確認してください。
 

ビデオを見る

プログラムの概要

Adobe Creative Residencyプログラムは、優れたビジュアルコンテンツを生み出すクリエイターを支援するためのプログラムです。このプログラムでは、1年間にわたり個人の制作プロジェクトに注目することで、才能豊かなクリエイターが情熱とプロセスを探求できるように支援します。

レジデントの福利厚生

生活費と社会保障・福利厚生を提供

レジデントは、健康保険への加入や個人の経験やスキル、居住地域などに応じたフルタイムの給与が支給されます。また、期間中のレジデントの旅費とプロジェクト活動費も支給されます。

1年間のクリエイティブ活動

レジデントは1年間ポートフォリオの作成、カンファレンスへの登壇、ワークショップでの指導、他のクリエイターのプロ志願者へのメンタリング、コミュニティでの知識のシェアをおこないます。

アドビが全面的にサポート

レジデントはAdobe Creative Cloudソフトウェアとサービスを無制限に利用でき、アドビの製品チームからのサポートと新しいスキルとワークフローを習得するためのエキスパートガイダンスを受けることができます。

メンターシップと学習

レジデントは専門分野のプロフェッショナルからメンタリングを受ける機会が与えられます。また、1年間のSkillshare Premiumサブスクリプションを利用でき、クリエイティブな制作活動に必要なスキルを習得することができます。

 

認知拡大

レジデントはカンファレンス登壇、ワークショップ、ストリーミング、イベントのホストを担当する機会が与えられ、クリエイティブコミュニティで広く新しい人々と知り合える機会が得られます。

交流会

レジデントは、1年間を通じて様々な交流会に参加し、クリエイティブな業界や分野で同じ情熱を共有するリーダー、エキスパート、オーディエンスと交流を深めることができます。

参加者の声

過去に参加したレジデントの話を参考にしましょう。プロになる軌跡をご覧ください。

Maddy Beard
UI/UXデザイナー
「個人で手がけているプロジェクトを仕事として受注できるなんて、まるで夢のようです。レジデントに選出されたことが自信となり、何事にも前向きに取り組めるようになりました。レジデントにならなければ今の私はありません」
 

Christina Poku
フォトグラファー
「Creative Residencyへの参加生涯に一度の貴重な経験ですね。様々な国の人とつながり、自分のスキルを開発して新たな制作方法を探求することで、クリエイターとして大きくレベルアップすることができました」
 

Aundre Larrow
フォトグラファー
「何かに取り組んでそれが成功すると、たいていクライアントから同じことをするように繰り返し求められて、それは評判が落ちるまで続きます。でも(Residencyでは)幅広いスキルを見せることができます。自分自身がクライアントなのですから」

Natalie Lew
インタラクションデザイナー

「Creative Residencyプログラム参加することで、興味がある分野を掘り下げる機会を得ることができました。学び、実践して、プロトタイプを制作することに集中できたのです」

 

Creative Residencyに応募する

プログラムに応募する前に、次のスケジュールと3つのステップをよく確認してください。

スケジュール

応募受付開始:

2021年2月16日

応募締め切り:

2021年3月14日

応募者への結果連絡:

2021年5月24日

2021~2022年度レジデントの発表:

2021年5月26日

手順1:

レジデントの条件を理解する

応募書類に記入する前に、以下の各項目をよく読み、
プログラムの資格要件をすべて満たしていることを確認してください。

職業経験:

職業としてクリエイティブ活動を始めて間もない方(1〜5年程度、ただし、あるクリエイティブ分野から別の分野に切り替えた応募者、またはデザインに関係ない別の業種から転身した方については考慮します)からの応募を求めています。応募者は、提案するプロジェクトの分野において、教育、トレーニング、経験のいずれかまたはすべてを少なくとも数年間積んでいる必要があります。

フルタイムのコミットメント:

Creative Residencyプログラムの対象期間は12か月です。この間、このプログラムの活動にフルタイムで対応していただきます。最大で半分の期間は、アドビ関連のプロジェクトの制作に専念していただきます。ここで取り組むプロジェクトのテーマは、ご自身のプロジェクトのテーマと重なる部分もあるでしょう。卒業見込みの学生の方は、5月末までにすべての試験や講義が終了する場合に応募することができます。

プログラム期間中(2021年5月から2022年4月まで)に、他の仕事をする予定や長期休暇を取る予定のある場合、またはその他の都合を優先するために自身のすべての時間をこのプログラムの活動に使えない場合、本プログラムに参加することはできません。

作品の所有権および許諾

参加者がプログラム期間中に制作したすべての作品の所有権は、参加者本人に帰属します。参加者はアドビの販売促進資料、イベント、その他の会場やwebやSNSで作品を使用することを永続的に許諾するものとします。アドビは参加者と連携して、参加者の作品を使用する場合は改変することなく公平に使用します。

応募資格については、以下のチェックリストでご確認ください。

ビジュアル作品を制作できる

英語でコミュニケーションできる

18歳以上である(学歴や経歴は問いません)

PayPal口座または本人名義の銀行口座を保有している

応募資格を満たしていないときは?
次回の通知を受ける

応募に対して経験豊富(資格過剰)な場合は?
メンターに応募する

手順2:

応募書類を準備する

応募の際にはプロジェクト提案書と履歴書を提出していただきます。プロジェクト提案書には、Creative Residencyプログラムへの参加期間中および参加後に、クリエイターとして築いていきたいキャリアの形成に役立つプロジェクトを記載してください。皆さんのプロジェクト提案書とこれまでに制作した作品を参考に、審査をおこないます。提案書を作成する際の指針として応募書類のテンプレートを使用することをお勧めします。提案書の作成には、Adobe InDesign、Illustrator、Keynoteなど、任意のアプリを使用できますが、オンラインで応募する際にPDF形式でアップロードする必要があります。また、テンプレートには履歴書に必要な情報についてのガイドが含まれています。

手順3:

応募する

上記の手順1と2をすべて実行していただいた皆さんは、これで応募書類を提出する準備が整いました。2021~2022年度のCreative Residencyの応募用紙に記入し、履歴書をアップロードするには、下のリンクをクリックしてください。

ご応募お待ちしております。

手順3:

応募する

上記の手順1と2をすべて実行していただいた皆さんは、これで応募書類を提出する準備が整いました。2021~2022年度のCreative Residencyの応募用紙に記入し、履歴書をアップロードするには、下のリンクをクリックしてください。

ご応募お待ちしております。

過去のレジデントからの応募に関するヒント

応募書類に記入する前に、以下の各項目をよく読み、
プログラムの資格要件をすべて満たしていることを確認してください。

Anna Daviscourt
Tyler Babin

Tyler Babin
ビデオグラファー

応募で知っておくべきこと(英語)

『Tuesday Morning Coffee』ポッドキャスト:Julia Tianに聞くCreative Residencyを獲得する方法(英語)

Maddy Beard
Andrea Hock

Andrea Hock
UI/UXデザイナー

応募と教訓について(英語)

過去の応募書類

Tyler Babinのカード

Tyler Babin ビデオグラファー

応募書類を見る | ビデオ提出物を見る

Aaron Bernsteinのカード

Maddy Beard UI/UXデザイン

応募書類を見る

その他のお役立ちリンク