ペイントソフトを選ぶポイント

「パソコンを使って絵を描いてみよう」。そう思ったとき、無料のアプリから有料のアプリまで、多くのペイントソフト、イラストソフトあるなか、どのようよいしょうか。初心者でも触りやすいアプリからプロの使うソフトまで、その特徴紹介します。

ペイントソフトを選ぶポイント

初心者向きのペイントアプリどんなもの?

 

初心者であればあるほど、ツール選び非常に重要です。なぜなら、用意されいる機能以上の表現をすることはできない以上、そのアプリでできること表現できる幅を決めることなるからです。また、マニュアルしっかり読み込まなくならないよう難解インターフェイスや、高機能でも膨大設定項目が用意されいると、かえってハードル高く感じてしまうしょう。感覚的扱うことでき、気軽に始められる。なにより描いていて楽しい。初心者にはそんなアプリ最適です。もうひとつ重要なのがハードウェアです。デジタルイラストを描くプロのイラストレーター多くは、パソコンペンタブレット(ペン型入力デバイス)や、液晶タブレット(液晶ディスプレイ直接入力できるペン型デバイス組み合わもの)組み合わ描いいます。しかし、これから絵を描いてみたい、イラスト描けるようなりたい、気軽にお絵かきしたいいう人とっては、最初からこうした機材導入するのはためらい感じてしまうないしょうか。そこオススメしたいタブレット活用です。なかでも、iPadApple Pencilいう非常高精度入力デバイス対応しており、ペイントアプリとの相性抜群です。

初心者向きのペイントアプリはどんなもの?

iPad ProとApple Pencil


初心者でも触りやすいペイントアプリ「Adobe Fresco」

 

iPadなどのタブレット向けペイントアプリには、ひとつのアプリさまざまな画材扱うことできるものあれば、水墨画ような和風表現最適化されたものまで、に多種多様です。なかでも「Adobe Fresco」は、プロ画像編集ソフト「Adobe Photoshop」搭載されいる多く機能を揃えながら、シンプルわかりやすい、直感的操作感を実現したペイントアプリです。Photoshop有料アプリ対し、Fresco無償で全機能を利用することできるも、ほかペイントアプリない初心者やさしい点と言えるでしょう。Fresco画面一見するとても機能少ないようじるかもしれせん。しかし、ブラシツールにはペン、鉛筆、などたくさん種類用意されているほか、タッチバリエーション豊富に揃えているので、「こんな描きたい、描いてい」というイメージを忠実に描き出すことできます。水量変えるリアルなにじみと色の混ざりあい再現できる水彩ブラシや、絵の具立体感まで表現できる油彩ブラシは、試せばきっと何かを描いてみたくなることしょう。実際の紙と絵の具使って絵を描くときとは異なり、ブラシのサイズや色、濃度の変更もわずかな操作で行なうことができますし、やり直しワンタッチ。納得がで、好きなように描くことができるはずです。Frescoのメリットこれだけではありせん。シンプルインターフェイス奥に潜む膨大な機能は、プロでも仕事で使えるポテンシャル備えており、使いこなすほど上達できる、プロに近づけアプリです。

初心者でも触りやすいペイントアプリ「Adobe Fresco」

さまざまなブラシを搭載し、自然なにじみ、なじみを実現するペイントアプリ・Fresco

Frescoプロイラストレーター使うペイントアプリ

 

福田愛子さんは、実際にFrescoでイラストを描いているイラストレーターひとりです。iPad導入当初はあくまラフ描きために使っていましたが、いまではFresco描き、Photoshop仕上げいう手順イラストレーション、アートワーク制作取り組んます。

Frescoはプロのイラストレーターも使うペイントアプリ

Frescoで描かれたイラストレーション(イラスト︓福田愛子)

 

「ペンタブレットでイラスト描いてみよう取り組んだ時期もありましたが、手の感覚と画面に描き出される絵にギャップあり、その違和感どうしても消えませんでした。でも、Frescoなら手描きと同じように、違和感なく描くことできます。変化が拡大縮小、回転も自由ですし、描き直しも簡単。アナログ手描きないメリットがたくさんあります」(福田愛子さん)動き、運び、筆圧まで忠実に再現できるFrescoは、初心者だけなくプロになっても使える機能と表現力持っています。プロのクリエイターにとって欠かすことができない画像編集ツールPhotoshopスムーズに連携できることも、プロ目指すとって大きなポイントと言えるでしょう。携帯性生かし、打ち合わせ外出先ではiPad+Frescoラフ描いたり、イメージ固めておく、デスクトップのPhotoshop本番イラスト描く。そうした柔軟な使い方ができるも、タブレットペイントアプリ魅力ではないでしょうか。

Frescoで描かれたラフ(左)と線画(右)。ここからさらに着色をして仕上げていきます(イラスト︓福田愛子)

Illustratorは、点・線・面にさまざまな設定付加することで表現しています。左のイラストデータしてはような線で構成されています

Frescoで描かれたラフ(左)と線画(右)。ここからさらに着色をして仕上げていきます(イラスト︓福田愛子)

プロ向けイラストソフト PhotoshopAdobe Illustrator

 

デジタルイラストレーションの現場ではどのようなアプリケーション使われているのでしょうか。データをピクセルとして持つラスター系ペイントアプリでは、Photoshopイラスト・漫画に最適化されたアプリが多く使われています。

プロ向けイラストソフト PhotoshopとIllustrator

イラストレーターに人気のペイントアプリ・CELSYS CLIP STUDIO PAINT(イラスト︓Saku.U)

 

Photoshopは写真・画像の加工・編集から色調補正、イラストの描画・ペイントまで対応できるアプリケーションで、写真家やフォトグラファー、イラストレーター、グラフィックデザイナー、webデザイナーなど非常に幅広いユーザーに支持されいます。イラスト限ると、Photoshop最初から最後までイラスト描くイラストレーターいれば、納品前最終調整Photoshop使うイラストレーターいます。Photoshop使うメリットイラスト表現力高め、効率的制作を進めるためのさまざまな機能、豊富な色調補正機能だけでなく、長年、印刷物制作からweb制作の現場で使われている実績に裏打ちされたデータの信頼性がます。一方、データをプログラム言語のようなかたちで記録するベクター系イラストアプリでは、Illustrator多く使われています。Illustratorはおもに直線と曲線で描画するツールで、拡大・縮小、変形といった加工を行なっても、品質劣化せず、データ調整、修正しやすいいうメリット持ってます。最新Illustratorではデータに複雑形状、階調持たせることできるようなり、その表現力過去のバージョン比べて格段向上しています。

プロ向けイラストソフト PhotoshopとIllustrator

オブジェクトの組み合わせでイラストレーションを描くAdobe Illustrator(イラスト︓hamko)

 

調整・加工に強いイラスト作れる Illustrator

 

Illustratorは、感覚的、直感的に描くFrescoとは異なり、ツールの扱い方、機能の使い方練習求められるアプリケーションです。思い通り曲線描くにもちょっとしたコツ必要で、その意味では初心者向けには少しハードル高いイラストアプリかもしれません。ですが、IllustratorにはIllustratorしか表現できない、実現できないこともたくさんあり、Illustratorのみでイラスト描き、仕上げるプロのイラストレーター多く存在します。Illustratorの機能を十二分に活用し、繊細なイラストレーション描くイラストレーター・hamkoさんそのひとりです。

調整・加工に強いイラストが作れる Illustrator

フラットなイラストだけでなく階調豊かなイラストレーションも作成できるIllustrator(イラスト︓hamko)

 

「Illustratorでイラストを制作するメリットは何と言っても、機能を複数組みわせ表現するおもしろさと、破壊編集容易さしょう。たとえば私のイラストでは、ひとつオブジェクト複数の属性を持たせて異なる種類のブラシ重ねたり、線幅プロファイル適用した線同士ブレンドしたり、機能の新旧を問わず組み合わせることでいろいろな表現に挑戦しています。あとから自由に修正・流用しやすい含め、こういった処理はIllustratorアピアランスという機能によって可能になっています。バージョン上がるごとにフリーグラデーションパペットワープような、表現力がさらに上がる機能も増えいます」(hamkoさん)
Illustratorよるイラストレーションには、動かす、その軌跡まま描いていくイラストレーションとは異なる魅力あるです。

Illustratorは、点・線・面にさまざまな設定を付加することで表現しています。左のイラストもデータとしては右のような線で構成されています

Illustratorは、点・線・面にさまざまな設定付加することで表現しています。左のイラストデータしてはような線で構成されています

Illustratorは、点・線・面にさまざまな設定を付加することで表現しています。左のイラストもデータとしては右のような線で構成されています

「イラストを描いてみたい」。その想いを形にするためのツールはすでにいろいろなものが用意されています。もし何を使ったらいいか迷っている。そんとき、iPadあるなら、まずFrescoから始めみませんか? デジタルメリットを生かしながらアナログように直感的描く、そんな自由表現ができるす。

 

その他のおすすめ

Ballet dancers performing on stage - Shutter speed photography | Adobe

油絵の特徴をつかんで素敵な作品を仕上げよう

誰もが一度は見たことがあるけれど、実際に描くのは大変そう……身近なようで遠い存在、“油絵”ついて、その特徴を紹介します。

Ballet dancers performing on stage - Shutter speed photography | Adobe

魅力的な描き方

漫画やイラスト描く時に、「手がうまくかけない」いう悩みを持っている方は多いと思います。今回は、基本の練習編から、ポイント編、応用編などを、簡単に解説してみました。これから絵を描き始める初心者方や、魅力的な手を描きたい考えている経験者手助けなれば幸いです。

Ballet dancers performing on stage - Shutter speed photography | Adobe

魅力的な漫画のコマ割り

漫画では真っ白な紙の空間コマで区切って連続させ、時間流れを作ることで物語を表現します。大きさや形、どこに配置するかで読者が受ける印象も変わり、仕上がり左右される大切な要素。コマ割り仕方や考え方プロの漫画家でもそれぞれですが、ここでは基本テクニックうまいコマ割りコツみていきましょう。

Ballet dancers performing on stage - Shutter speed photography | Adobe

美しい横顔イラストの描き方

横顔のポイントなる輪郭描き方目や耳の位置など基礎編から、性別年齢による横顔描き分けポイント角度つけ方など応用編まで、美しい横顔描き方紹介します

Illustrator

Adobe Fresco

あらゆる描画表現を実現する究極のデジタルスケッチアプリ

6ヶ月間の無料体験後 980円 /月(税別)

Illustrator

Adobe Illustrator単体プラン

印刷、web、ビデオ、モバイルに向けた高品質なアートワークやイラストを作成
7日間の無料体験の後 2,480 /月(税別)