CCだとこんなに早い!時短5番勝負

今回は、Photoshopを使って合成写真のポスターを制作。旧バージョンと最新のCCでは、どのくらいの時間差が生まれたでしょうか。今回は作業時間の短縮だけでなく、「仕上がり精度の高さ」にも注目です

CCだとこんなに早い!時短5番勝負
 

時短ポイント1

写真の切り抜き

 

時短ポイント1 写真の切り抜き


合成写真を作成するときに欠かせない写真の切り抜き。ここでは5頭の馬をすべて切り抜いて、背景画像と合成してみましょう。
 


旧バージョン(CS)だと…
 
①クイック選択ツールを使って、ブラシのサイズを調整しながら、少しずつ切り抜きたい部分を選択していきます。5頭もいるのでかなりの労力です…。

①クイック選択ツールを使って、ブラシのサイズを調整しながら、少しずつ切り抜きたい部分を選択していきます。5頭もいるのでかなりの労力です…。

arrow
②馬の脚が重なっている部分など、背景画像も一緒に選択されてしまうため、その場合はAltキー(Windows)またはOptionキー(Mac)を押しながらブラシを動かし、選択範囲を削除していきます。ブラシサイズもこまめに変えなければならず、とても面倒です。

②馬の脚が重なっている部分など、背景画像も一緒に選択されてしまうため、その場合はAltキー(Windows)またはOptionキー(Mac)を押しながらブラシを動かし、選択範囲を削除していきます。ブラシサイズもこまめに変えなければならず、とても面倒です。

arrow
③5頭の馬を大まかに選択したら、オプションバーの「境界線を調整」をクリック。半径調整ツールや調整消去ツールを使って、馬のたて髪といった細かい部分を調整していきます。

③5頭の馬を大まかに選択したら、オプションバーの「境界線を調整」をクリック。半径調整ツールや調整消去ツールを使って、馬のたて髪といった細かい部分を調整していきます。

 

arrow
④選択範囲の調整が完了したら、出力先を「レイヤーマスク」にし、作成した選択範囲をレイヤーマスクとして追加します

④選択範囲の調整が完了したら、出力先を「レイヤーマスク」にし、作成した選択範囲をレイヤーマスクとして追加します。

 


最新のCCなら!
 
①選択範囲メニューから「選択とマスク」を選択し、オプションバーの「被写体を選択」をワンクリックするだけ。一瞬で5頭の馬すべてが選択されます。

①選択範囲メニューから「選択とマスク」を選択し、オプションバーの「被写体を選択」をワンクリックするだけ。一瞬で5頭の馬すべてが選択されます。

arrow
②そのまま同じ画面で、細かい部分の調整を行います。すでに「被写体を選択」できっちりと選択されているので、たて髪の部分に少し調整を加えるだけで済みます。出力先を「レイヤーマスク」にして「OK」をクリックすれば完了。選択範囲の再調整も簡単です。

②そのまま同じ画面で、細かい部分の調整を行います。すでに「被写体を選択」できっちりと選択されているので、たて髪の部分に少し調整を加えるだけで済みます。出力先を「レイヤーマスク」にして「OK」をクリックすれば完了。選択範囲の再調整も簡単です。

arrow
写真の切り抜き完成

写真の切り抜き完成!

CCで約26分の時短


切り抜いた写真を拡大すると…
 
よく見ると毛並みの間に元の背景の色が残っています…。近くで見ても納得のいくものに仕上げるには、さらに細かな調整をする必要がありますね。

よく見ると毛並みの間に元の背景の色が残っています…。近くで見ても納得のいくものに仕上げるには、さらに細かな調整をする必要がありますね。


切り抜いた写真を拡大すると…
 
切り抜きが難しいふわふわとした毛並みもきれいに切り抜かれています。わずかな時間でこれだけ精度の高い切り抜きができるのは驚きです。

切り抜きが難しいふわふわとした毛並みもきれいに切り抜かれています。わずかな時間でこれだけ精度の高い切り抜きができるのは驚きです。

 さらにPhotoshop CCなら合成結果をプレビューしながら切り抜きが可能

Photoshop CCの「選択とマスク」では、表示モードを「オニオンスキン」に設定することで、背景レイヤーとの合成イメージを確認しながら写真の切り抜きを行うことができます。この機能を使えば、合成する背景と切り抜いた画像がマッチせず別の写真ではじめからやり直し…ということもありませんね。

さらにPhotoshop CCなら合成結果をプレビューしながら切り抜きが可能
 

時短ポイント2

背景写真の角度補正

 

時短ポイント2 背景写真の角度補正

 

背景に使用したい写真が傾いていた…。自分で撮影した写真にはありがちですよね。まずは写真がまっすぐになるよう、角度を補正してみましょう。
 


旧バージョン(CS)だと…
 
①切り抜きツールを選択し、切り抜き境界を右に回転します。写真はまっすぐになりますが、写真が小さくトリミングされてしまいます。元のサイズになるよう切り抜き境界を拡張すると、今度は写真の隅に余白が生じてしまいます…。

①切り抜きツールを選択し、切り抜き境界を右に回転します。写真はまっすぐになりますが、写真が小さくトリミングされてしまいます。元のサイズになるよう切り抜き境界を拡張すると、今度は写真の隅に余白が生じてしまいます…。

arrow
②写真の端にできた余白を、コピースタンプツールを使って、周囲の画像で埋めていきます。これはなかなか手間のかかる作業…。

②写真の端にできた余白を、コピースタンプツールを使って、周囲の画像で埋めていきます。これはなかなか手間のかかる作業…。

arrow
③コピースタンプだけできれいに塗りつぶせない場合は、「ブラシツール」などで細かく調整しなければなりません…。

③コピースタンプだけできれいに塗りつぶせない場合は、「ブラシツール」などで細かく調整しなければなりません…。


最新のCCなら!
 
①切り抜きツールを選択し、オプションバーの「コンテンツに応じる」にチェックを入れます。写真を回転し、確定すると、画像サイズはそのままに、写真の隅にできた余白を周辺の画像で自動的に埋めてくれます。まったく違和感のない仕上がり!

①切り抜きツールを選択し、オプションバーの「コンテンツに応じる」にチェックを入れます。写真を回転し、確定すると、画像サイズはそのままに、写真の隅にできた余白を周辺の画像で自動的に埋めてくれます。まったく違和感のない仕上がり!

arrow
背景写真の角度補正完成

背景写真の角度補正完成!

CCで約28分の時短

 

時短ポイント3

背景写真の色補正

 

時短ポイント3: 背景写真の色補正

 

この風景写真はうっすらと靄(もや)がかかっていて、ぼんやりとした印象です。今回のポスターはダイナミックな雰囲気にしたいので、鮮やかでメリハリのある写真に仕上げてみましょう。
 


旧バージョン(CS)だと…
 
①レイヤーパネルで調整レイヤーをいくつも作成し、「トーンカーブ」「明るさ・コントラスト」など、あの手この手を使って写真が少しでも鮮やかになるよう調整していきます。試行錯誤を重ねながら、時間がどんどん経過していきます…。

①レイヤーパネルで調整レイヤーをいくつも作成し、「トーンカーブ」「明るさ・コントラスト」など、あの手この手を使って写真が少しでも鮮やかになるよう調整していきます。試行錯誤を重ねながら、時間がどんどん経過していきます…。

arrow
②空の色をもっと鮮やかにしたいなど、部分的な補正が必要な場合は、レイヤーマスクを使います。「色相・彩度」や「カラーバランス」など、レイヤーをいくつも積み重ねていきます。

②空の色をもっと鮮やかにしたいなど、部分的な補正が必要な場合は、レイヤーマスクを使います。「色相・彩度」や「カラーバランス」など、レイヤーをいくつも積み重ねていきます。

arrow
③まだ全体がぼやけているため、「ハイパス」フィルターを使ってみましょう。写真レイヤーをコピーをし、フィルターメニューからハイパスを適用。描画モードを「オーバーレイ」にして重ねると、ようやく全体がシャープになりました。

③まだ全体がぼやけているため、「ハイパス」フィルターを使ってみましょう。写真レイヤーをコピーをし、フィルターメニューからハイパスを適用。描画モードを「オーバーレイ」にして重ねると、ようやく全体がシャープになりました。


最新のCCなら!
 
①フィルターメニューから「Camera Rawフィルター」を選択し、「かすみの除去」スライダーを右方向に動かせば、一瞬でモヤが消えて鮮やかな写真になります。さらに、様々な色調補正を同じ画面で同時に行えるので、とても効率的です。

①フィルターメニューから「Camera Rawフィルター」を選択し、「かすみの除去」スライダーを右方向に動かせば、一瞬でモヤが消えて鮮やかな写真になります。さらに、様々な色調補正を同じ画面で同時に行えるので、とても効率的です。

arrow
背景写真の色補正完成

背景写真の色補正完成!

CCで約18分の時短


色補正した写真を比較すると…
 
調整前に比べて鮮やかでくっきりとした写真になりましたが、何度も調整を加えたため、空にトーンジャンプが起きています。また、明るい部分にはまだモヤがかかっているように見えます。再度、調整を加える場合は、調整レイヤーを1つ1つ見ていかなければなりません。

調整前に比べて鮮やかでくっきりとした写真になりましたが、何度も調整を加えたため、空にトーンジャンプが起きています。また、明るい部分にはまだモヤがかかっているように見えます。再度、調整を加える場合は、調整レイヤーを1つ1つ見ていかなければなりません。


色補正した写真を比較すると…
 
全体が鮮やかでクリアな印象になっています。トーンジャンプも起きていません。Camera Rawフィルターをスマートフィルターとして使用すれば、元画像を保持したまま調整が可能。いつでもCamera Rawフィルターを開いて、1つの画面内で様々な調整が行えます。

全体が鮮やかでクリアな印象になっています。トーンジャンプも起きていません。Camera Rawフィルターをスマートフィルターとして使用すれば、元画像を保持したまま調整が可能。いつでもCamera Rawフィルターを開いて、1つの画面内で様々な調整が行えます。

ポスターが完成

 

Creative Cloudを使用した場合  全体で72分の時短に成功

 

Creative Cloudを使用した場合

全体で72分の時短に成功


時短5番勝負の第2番、ポスター制作では上記のような結果になりました。今回は、写真の切り抜き、背景写真の角度補正と色補正の3点を取り上げて比較して見ましたが、作業時間だけでなく、仕上がりの精度にも大きな差が出ました。

今回のポスター制作で使用したサンプルファイルを下記にご用意しましたので、実際に試してみてください。Photoshop CCをお持ちでない方は、無料体験版をダウンロードいただけます。

 

 

Photoshopのフル機能をお試しいただけます

 

 

サンプルファイル(Photoshop CC 2018形式)
(ZIP: 326.5MB)

 

時短5番勝負その他のコンテンツ