ブランドを紹介するマーケティング動画を作成

一般の視聴者を惹き、または対象の視聴者の閲覧を促すような動画コンテンツ単なる視聴者から顧客へと変えさせる高品質の動画制作の方法を学びます。

マーケティング動画とは?

マーケティング動画とは、見込み顧客を獲得するために会社が制作するあらゆるタイプの動画を指します。顧客からの推薦のメッセージ、製品デモンストレーション、新製品の発表などは、マーケティング動画の中でも効果が実証された例です。

 

しかし、成功するためのテンプレートや簡単な方法といったものは存在しません。「内容は本当に何でも構いません。最初の手順としては、どんな種類の動画を作るかを決めることです。ライブアクションか。ドキュメンタリーか。それともインタビューにするか。人物が登場し、話をするのでれば、脚本が必要になります。それらすべてをしっかりと計画を立てる必要があります」とマーケターのケリー・ウェスナーさんは言います。

 

マーケティング動画は、会社や業界の実情を伝えたり、LinkedInで自分の小規模ビジネスを紹介したりするだけでなく、製品やサービスの利用方法を伝えるという視聴者向けのコツの紹介、またはブランド認知を定着させることもできます。新規顧客からインフルエンサーまで、動画を使ってさまざまな視聴者の心を掴んで引き込み、また動画を総合的なマーケティング戦略の一部として使う方法を学びます。

 

視聴者の情報を確認する

動画の対象者

優れたマーケターは、話す相手のことを心得ています。他の各マーケティングコンテンツと同様に、動画コンテンツもターゲットオーディエンスのイメージから始める必要があります。特別な業界に属する人なのか、それとも一般の人々なのか。特定の市や地域に住んでいる人たちか。若者、高齢者、あるいは特定のカルチャーのニッチ市場向けか。所得レベルはどの程度か。どこに住んでいるか。どのような人々か、など狙いを定めます。

 

すべてのメッセージがすべての年齢層の人々に届くわけではありません。コンテンツを明確かつ具体的にすれば、するほど、メッセージがわかりやすくなり、相手によく理解してもらえるようになります。

クレジットカード情報をスマホに入力してオンラインで買い物をする人

対象者に何を望むのか

優れたマーケティングコンテンツは、目的が明確です。マーケティング動画は目的を念頭に置いて計画を立てることが重要です。

 

製品を売り込む場合は、視聴者が予約購入できるランディングページに視聴者を誘導します。会社の概要を紹介する動画では、「会社概要」または「連絡先」のページにリンクさせます。チュートリアルは関連コンテンツや、関連製品の購入ができるランディングページにリンクできます。

 

対象者に見せたいマーケティング動画にはどのような情報を入れるのか、そしてその情報で視聴者には何をしてもらいたいのかを明確に把握しておく必要があります。

 

視聴者の立場になって考える

視聴者はおそらく、製品、会社、業界に関する情報を知りたいのでしょう。視聴者が検索エンジンでその動画を見つけた場合は特にそうでしょう。動画広告と異なり、マーケティング動画は通常、商品の価値と洞察を示す必要があります。通常、対象者が苦慮している問題に焦点を当てるか、その解決に向け手助けをします。対象者が抱く疑問について考え、できる限りそれらに答えるようにしましょう。

ポーズをとる人、カメラを持つ人、靴とベルトの写真のコラージュ

マーケティング動画の撮影方法

計画と練習に力を注いでいれば、優れたマーケティング動画を作成することができ、メッセージも対象者に確実に伝わります。計画と練習は撮影を開始する前に十分行っておきます。ナレーションやボイスオーバー用の脚本を決定し、動画の概要またはストーリーボードを用意します。すべての作業が遅延しないよう注意します。伝える目標とメッセージが確定していることを確認します。そうすれば本番の際には、コンテンツとそれが視聴者にどのように伝わるのか自身がもてるようになります。また、撮影の技術面での準備を整えることができます。

 

「撮影当日前までに練習して準備します。インタビューは漏れずに撮影したにもかかわらず、後から確認すると焦点がずれていたり、音が飛んでいたりするという事態は避けたいものです。機材の調整とテストは行えば行うほど、仕上がりは良くなります」」とウェスナーさんは言います。

マーケティング動画用のシャツを撮影する人
マーケティング動画用のシャツを撮影する人

撮影する対象は何であれ、複数のショットとアングルで撮ります。「インタビューの場合、最低でも2つのアングルから撮影すればカットして編集できます」とウェスナーさんは話しています。

 

複数のアングルとテイクで撮影しておけば、編集用のRAW素材が増えるので役に立ちます。「必要とする分量よりも多く撮影します」と、動画広告エージェンシーでクリエイティブディレクターをしているデビッド・マーディコさんが話します。1つのシーンでさまざまなテイクを撮り、異なるアングルで撮影しておくと後処理での融通性が高まります。撮影しすぎた場合でも、映像をカットしてつなぎ合わせる、またはbロールを追加するなど柔軟な後処理の編集ができます。

 

動画とコンテンツのマーケティング

動画は以上の処理だけでは役に立ちません。規模の大きなコンテンツマーケティング戦略に組み込んでいく必要があります。マーケティング動画を作成しましたら、動画マーケティングとブランド動画をどのように展開していくのかを考えます。

 

SEOで動画を最適化する

検索エンジンは、文章のコンテンツと同様に、動画コンテンツのキーワードを対象とします。動画でSEO(検索エンジン最適化)のキーワードをキャプチャする場合は、キーワードを確実に目立たせ明確に、そして巧みに入れて検索されるようにします。脚本を書くときや編集をするとき、SEOを念頭に置き、対象者に作品を必ず見てもらえるようにします。

ノートパソコン、タブレット、携帯電話で表示するマーケティング動画

あらゆるチャネルでプロモーションする

他のデジタルマーケティングのマーケティングとともにオンライン動画をプロモーションします。ソーシャルネットワークで定期的に投稿を行ってプロモーションし、関連するブログ記事に動画を組み込みます。動画の中で特に印象的な部分があれば、それを動画からGIFファイルに変換します。動画の内容が最新のものである限り、そのマーケティング動画は存在感を示すことでしょう。

 

CTAで目的を達する

マーケティング動画のコンテンツにかかわらず、明瞭な「行動のきっかけ(CTA)」で目的を達します。「行動のきっかけ」により、動画対象者は製品やサービスを購入するランディングページへのリンクや、詳しい情報を得られるホワイトペーパー、ウェブセミナー、ケーススタディへのリンクで移動します。動画は顧客に対するマーケティングへの取り組みの一手段です。閲覧だけで終わらない次のステップへ顧客を促し、最終的には得意顧客へと導くような動画を作成しましょう。

協力

Adobe Premiere Pro の多彩な機能

どどこにいても映画テレビ、Web サイトに使える魅力的な映像を作成できます。

その他のおすすめ...

人が話している動画を再生しているノートパソコン

説明動画で情報を伝え、教える

良い説明動画とは何か、また、視聴者を効果的に教育する方法を学びます。

グリーンの SUV 車の後部に横たわっている 2 人

YouTube

モバイル機器で動画素材を結合、編集する

モバイル機器で動画を結合、編集します。
Adobe Premiere Rush で動画素材を編集して1つの動画に結合し、Web サイトや SNS に投稿しましょう。

スマートフォンでビデオを編集します。

ビデオ編集入門

らゆ

Adobe Premiere Pro を使う

業界最先端の映像編集ソフトウェアで思い通りの作品を作りましょう。

7日間の無料体験の後は月額2,728 円(税別)