Zoom背景をほんの数分で無料作成

Adobe Sparkの無料テンプレートを使って、Zoomの背景を作成しましょう。

Zoomの背景を今すぐデザイン

ハッピーバースデー Zoomの背景

ちょっとしたバーチャルデコレーションでお祝いしましょう。お祝いのバースデー背景でその場の雰囲気を盛り上げて、パーティーをスタートさせましょう。

Zoomの背景を今すぐデザイン

デスクトップ用のZoom仮想背景テンプレート。

デスクトップビデオミーティングのためのカスタム仮想背景テンプレートをご用意しています。

Zoomの背景を今すぐデザイン

モバイル用のズーム仮想背景テンプレート。

スマホのZoomアプリ用のテンプレートで、自分だけの仮想背景を持ち歩けます。

Zoom背景の作り方。

インスピレーションから始めましょう。
何千ものプロ仕様のデザインテンプレートがあなたのために用意されています。真白なキャンバスから始める必要はありません。プラットフォーム、タスク、美的感覚、ムード、または色を選択、検索して指先で新鮮なインスピレーションを得てください。元となるグラフィックが見つかったら、タップまたはクリックしてエディターでドキュメントを開きましょう。
リミックスして独自のものにしましょう。
Zoom背景のテンプレートをパーソナライズするには多くの方法があります。広告コピーやフォントを変えたり、画像を自分の写真やAdobe Spark上の数千に及ぶ無料の画像から選んで入れ替えたりすることができます。グラフィックが独自のものになるように時間をかけてもよいですし、時間をかけずに作ることもできます。プレミアムプランでは、自動であなたのブランドのロゴ、色、フォントを適用することで常にオンブランド#onbrandになるようにできます。
感性をさらに豊かにしましょう。
独自のデザインアセットを使用すれば、あなたの美的センスと個性を追加することが簡単にできます。GIPHYからアニメートされたステッカーを追加したり、短い形式のグラフィックビデオにテキストアニメーションを簡単に適用したりすることができます。あなたがメッセージとスタイルに集中できるように、私たちは他の退屈な技術的な箇所の処理をしました。また、プロジェクトに共同編集者を追加することもできるので、より多くの手でデザインに命を吹き込むことができます。
サイズ変更してあなたのコンテンツがより届くようにしましょう。
プラットフォームの画像のサイズをすべて記憶しておかなければならなかった時代は終わりました。好きなデザインが決まったら、Adobe Sparkの自動リサイズ機能を使って印刷用もしくはSNS用にサイズを修正しましょう。プロジェクトを複製し、サイズ変更を押して、目的のプラットフォームを選択。そのあとは私たちのAIが自動的に処理します。複数のチャンネルのコンテンツを一瞬でサイズ変更できます。
デザインを保存、共有しましょう。
アニメーション化したカバー写真が完成したら、公開ボタンを押しましょう。このデザインをFacebookページやその他のデジタルプラットフォームにアップロードして、プロフィールをカスタマイズできます。Adobe Sparkは作業内容を保存するので、将来的にアップデートが必要になっても、いつでもプロジェクトを見直すことができます。

Adobe Sparkで独自の仮想背景を作りましょう。

Adobe Sparkからプロが作ったテンプレートデザインを選び、Zoomの仮想背景に合わせてサイズを変更することができます。また、一からデザインを作成することもできます。写真をアップロードしたり、あらかじめ用意されているストックフォトやアイコンライブラリを利用したり、アニメーションビデオの背景を作成したり、シンプルで素敵なデザインにすることもできます。選択肢は無限大です。

Adobe Sparkを使って仮想背景を作り、創造性を発揮しましょう。

バーチャルバックグランド(仮想背景)は、ミーティング環境を華やかにするのに最適です。Adobe Sparkを使って、バーチャルバックグランドを作成してみましょう。