アドビ、Adobe Targetマーケターモバイルアプリパーソナライゼーションを容易に設定できる機能を追加

 

モバイルアプリを迅速かつ簡単にパーソナライゼーションするためのフレームワークを利用し、アプリへのアクティビティ導入を大幅に短縮

 

※当資料は、2019年5月14日に米国本社で発表された内容の抄訳です。

 

【2019年5月29日】

Adobe(Nasdaq:ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は、この度Adobe EMEA Summitにて、テスト&ターゲティングソリューション「Adobe Target」のワークフローや画面を確認しながら簡単にパーソナライズ設定を行うことができる「Visual Experience Composer(VEC)」がモバイルアプリに対応したことを発表しました。これにより、マーケターはモバイルアプリのパーソナライゼーションを容易に設定できるようになります。

 

Adobe Targetではこれまで、自動化および順位設定されたナビゲーションや付加価値のあるオファーなど、アプリを通して、ロイヤルティの育成、パーソナライズした体験、オファー、顧客サービスを提供することが可能でした。そこに3段階のワークフローが搭載された新しいモバイルVECが加わることで、マーケターは、モバイルアプリを迅速かつ簡単にパーソナライゼーションするためのフレームワークを利用し、アプリへのアクティビティ導入を大幅に短縮することができます。

 

Adobe Target

Visual Experience Composer (VEC)とモバイルアプリを同期すると、テストやパーソナライゼーションしたい体験をアプリ内で誘導することができます。またその後、VECを使ってアプリ内の体験を開始することもできます。

 

パーソナライゼーションは、エンゲージメントを強固なものにしていくための重要な手段です。アドビが実施した調査では、ブランド企業から配信されたコンテンツがパーソナライズされていると、3分の1の消費者が予定外のものを購入する傾向が高くなることも明らかになっています。その中でも、ロケーションベースのパーソナライゼーションやAIや機械学習による自動化は、今日の消費者の間にブランドロイヤルティを構築する上で重要な役割を担うことができます。Adobe Targetはこれに適したソリューションで、ブランド企業は、適切なメッセージを、適切なチャネルを通じて、適切なタイミングで、あらゆるタッチポイント、特にモバイルアプリにおいて顧客に合った最適な文脈を確実に届けることができます。

 

今回強化したAdobe Targetのモバイル機能は下記の通りです。

 

  • モバイルVECでモバイルアプリの開発を加速

IT部門がMobile SDK V5を利用した開発を行うことで、マーケティング部門はアプリ内のパーソナライズ体験の提供をIT部門のサポートなく実現できるようになります。コピー、テキスト、ボタン、イメージ、デザインエレメントにおいて、Adobe Target上でパーソナライズ設定を行い、簡単かつ迅速にパーソナライズ体験の提供ができます。

(Adobe Targetで最適化されたモバイルアプリの新ワークフロー、機能強化、およびモバイルVEC機能を使用するためには、Mobile SDK 5を導入する必要があります。)

 

  • パーソナライゼーション機能一式

Adobe Senseiによって強化された機械学習のアクティビティなど、Adobe Targetの全機能をアプリ内で活用することにより、パーソナライゼーションプログラムの価値を提供するまでの時間をさらに加速できます。

 

  • ロケーションベースのパーソナライゼーション

マーケターおよび開発者は、ユーザーの位置情報、興味のある特定の場所への接近、または画面情報に基づいて機能、オファー、メッセージングをパーソナライズできます。

 

  • クロスチャネルにおけるパーソナライゼーションを実現するために影響力を把握、評価

Adobe Analyticsとの統合により、マーケターは顧客体験の全体的な影響力を的確に追跡することが可能になります。また、パーソナライズした体験を実現させるためのデータを発見し、最終的にはコンバージョンやロイヤルティを推進できるようになります。

 

  • 異なる導入モードに対して高度で柔軟なサポート

アプリの設計(非同期または同期)によって異なります。例えば、アプリをワンクリックで同期し、Adobe Targetで可視的に構築アクティビティを開始できます。

 

モバイルVEC機能によって、将来的にマーケターは、Adobe Targetのワークフロー内でパーソナライズ、テスト、アプリ内に表示されるメッセージの最適化が行えるようになります。

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

 

アドビについて

アドビは、世界を変えるデジタル体験を提供します。

アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、webサイトに掲載されています。

 

©2019 Adobe Inc. All rights reserved. Adobe and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

 

 

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

このプレスリリースに関するお問い合わせ

プレス窓口