珠玉のタッチを世界に届ける Photoshopブラシ+Behance  アナログとデジタルをつなぎ、 ディテールと全体を同時にデザイン。 Capture+Illustratorの一括編集
Plus One

Adobe Illustratorを駆使してメディアを問わずにデザインワークを展開するデザイナー・田中健一さん。

従来は紙のグラフィックが中心でしたが、現在ではクライアントのニーズ、メディアの多様化を受けてアニメーション、映像にも取り組み、仕事のフィールドを広げています。マルチすぎるその才能の原動力は、時代にあわせて最適なコミュニケーションを提案したいという欲求と、新しい技術を身につけたいという自身の探究心にありました。

今回はIllustratorを軸に、Adobe Premiere ProとAfter Effectsを組み合わせ、グラフィックと動画という2つの武器でクライアントの要望に応える田中さんのクリエイティブの秘密に迫ります。

 

グラフィックに動画をプラス CCならすぐにチャレンジできる

 

HANDs! PROJECT ©The Japan Foundation Asia Center

Illustratorで動画パーツ制作レイアウト

→Premiere & After Effectsで動画に展開

 

「僕の場合、デザインの起点はいつもIllustrator。印刷物の仕事はもちろん、映像の絵コンテ作りや構図の検討、挿入されるテキストもすべてIllustratorで作っています。ver.8、9の頃から使っていますがパッケージ機能、自動保存とどんどん便利になっていますよね。特にアイコンをよく作るのでドラッグで角を丸くでき、調整できるライブコーナーは本当に助かります。

映像は動いていればいいというものではなく、どこで静止してもグラフィックとして成立するレベルで作りたい。そのためにもIllustratorで事前にしっかりとレイアウトと文字組みを固めています。動画系アプリではまだグラフィック系アプリほどきれいな文字組みはできませんからね。

グラフィックデザインだけでなくPremiere ProやAfter Effectsを使った動画・映像制作ができることで、クライアントへの提案の幅も広がったと思います。HANDs! PROJECTでは冊子を作った翌年、Facebook用の映像を作りました(写真)。メッセージをどう伝えるのか、コミュニケーションの方法を考えるとき、いまは紙媒体だけではなく、WebやSNSで手を止めてもらえる、見てもらえる方法も同時に提案する必要があります。そうしたときに提案の武器は多いほうがいい。だから今でも新しい技術、テクニックを取り入れる時間、学ぶ時間だけは惜しまないようにしています」(田中)

ステップ1

 

1. Illustratorで動画の絵コンテ兼レイアウトを作成。マルチアートボードで作ることもあればレイヤーで作ることもあるそう

ステップ2

 

2. Premiere Proを使って動画のセレクト、使用部分の編集を行ないます。案件によってはPremiere Proのみで完結するものも

ステップ3

 

3. Illustratorで作った文字やイラスト、Premiere Proで編集した動画をAfter Effectsで編集・加工して仕上げます

Premiere Pro
  使い方製品情報  
 
グラフィックだけでなく店頭映像も
+1の提案を可能にする「Premiere Pro」
 
求めるタッチが必ず見つかる 多彩な表現を実現するKyleのブラシ
 

「Premiere Proは長めの動画素材のセレクトや編集に使うことが多いですね。グラフィックデザイナーがPremiereが使えるとグラフィックのコンセプト、イメージを映像にも活かしやすいというメリットがあると思います。たとえばファッションの仕事でポスターやカタログを作るとき、同時に映像も撮っておくんです。そうするとカタログと同じデザインコンセプトで店頭映像やWebムービーもつくることができる。映像だからといって映像制作会社におまかせするのではなく、グラフィックデザイナーが関わるからこそ出せる、映像のクオリティがあるんじゃないかと思っています」(田中)

After Effects
 
伝わるコミュニケーションのために
グラフィックを映像に変える「After Effects」
 
 

「長時間の動画編集に向くPremiere Proに比べて、After EffectsはIllustratorのオブジェクトをレイヤー単位で取り入れてアニメーションを作ることができるので、Illustrator好きな自分にとっても相性がいい動画系アプリですね。時間がかけられないときでも、とりあえずIllustratorで素材とパーツを作って、After Effectsに取り込めばなんとかなると思えます(笑)。クライアントが伝えたいことが文章で説明するには難しいとき、グラフィックを映像、アニメーションに変えることで興味を持ってもらえるようになることもあります。After Effectsが使えるとそうした幅のある提案ができるようになると思いますね」(田中)

Illustratorをはじめとするアプリから、フォントやストレージなどのサービスまでそろうCreative Cloudをぜひご検討ください。
 
REO spikee
 
田中健一

グラフィックデザイナー/モーションデザイナー

1985年名古屋生まれ。愛知県立芸術大学在学中にCalifornia College of the Arts (CCA)に留学。株式会社ドラフトを経て2019年独立。複雑な内容をシンプルに、わかりやすくしたインフォグラフィック映像に定評がある。近年は社会課題を解決するためのデザインや、写真家として難民支援を目的とした写真集制作にも取り組む。 onedotzero上映。2014年映像作家100人選出。

Plus One | その他の記事

 

定番のPhotoshopやIllustratorに新しい発見を。さらに「プラス1」することで、一層の効率と表現力を。
Creative Cloudならではの活用術を第一線のクリエイターが紹介します。

 
自分のデザインをよりリアルに伝えたい。Photoshop + Dimensionならそれが叶えられる

さらに詳しく ›

 

PDFをもっときれいにわかりやすく!Photoshop + Acrobat時短&品質アップ

さらに詳しく ›

 

PhotoshopマッチフォントとAdobe Fontsフォント選びの力強いパートナー

さらに詳しく ›

 

発想次第でクリエイティブの可能性は無限大。
Illustrator + XDで表現力&コミュニケーションをワンランクアップ

さらに詳しく ›

 

Capture Illustratorの一括編集。アナログとデジタルをつなぎ、ディテールと全体を同時にデザイン

さらに詳しく ›

 

イメージをすばやくかたちに
デザインのひと手間を減らす
Adobe Stock+Illustratorの活用術

さらに詳しく ›

 

珠玉のタッチを世界に届ける
Photoshopブラシ Behance

さらに詳しく ›

 

手描きの魅力をデジタルで拡張
FrescoPhotoshopの世界

さらに詳しく ›

 

時短勝負!CCだとどれくらい早い?

 

IllustratorやPhotoshopでよく行う作業を、新旧バージョンを使用した場合で比較してみました。
デザイナーの仕事を早くする時短テクをご覧ください。