アナログとデジタルをつなぎ、 ディテールと全体を同時にデザイン。 Capture+Illustratorの一括編集
Plus One

ブランディングを中心に、ロゴやパッケージ、サイン計画まで幅広い領域で活動をするデザイン会社・6Dで代表を務める木住野彰悟さん。極限まで研ぎ澄まされた、わかりやすい、伝わりやすいサインデザインや、情報をグラフィックに集約するピクトグラムを活かしたデザインは国内外で高い評価を受けています。

日々、多くのデザイン、プレゼンをこなす木住野さんが、デザインワークとともに常に気を配るのが素材の権利関係。商用利用できない、できるかどうかわからない素材を使うことはデザイナーとしての信頼だけでなく、クライアントの信頼に関わる大切な問題だからです。

今回は利用範囲も明快なCreative Cloudのストックフォトサービス・Adobe Stockから必要な素材を選び出し、プレゼンやデザインワークにすばやく活かしていく、木住野さんのAdobe StockとIllustratorの活用術を紹介します。

 

ワンクリックを省く新機能でデザインにスピードを

 

Adobe Stockで安全な素材をダウンロード

→Illustratorですばやい&正確なレイアウト

 

「企業のコンプライアンスに対する意識が高まっているいま、デザイン会社もより厳しく権利関係をチェックしていく必要があります。たとえば、プレゼンの資料収集や提案の際に使う画像には今まで以上に気を配らなくてはいけません。その点、Adobe Stockの素材は利用許諾が明快です。候補写真のプレビュー画像をライブラリにおいて作業をしておけば、実際に使うことになったらIllustratorのリンクパネルからワンクリックでライセンス認証(購入)して、実データに差し替えられるのもデザインのひと手間を省いてくれます。

Illustratorもバージョンを重ねるごとに機能が強化されるだけでなく、安定性も速度もアップしていますよね。パッケージ機能も搭載され、配置画像のマスクやトリミングも簡単にできるようになりました。デザインワークではワンステップでもいいから、とにかく省力化して作業時間を減らしたい。そうすればその分、最後のディテールの調整、デザインの仕上げにしっかりと時間をかけることができますから」(木住野)

ステップ1

 

1. 1億5千万点を超える写真、動画、イラストを使えるAdobe Stockはすべて商用利用OK。画像をドラッグ&ドロップして似た画像を検索することもできます

 

ステップ2

 

2. Illustratorのパッケージ機能を使えば、Illustratorのドキュメント内で使われている画像をひとつのフォルダにまとめることができます

 

ステップ3

 

3. 配置した画像は「マスク」ボタンでトリミングできるほか、「画像の切り抜き」を使うと画像の被写体を自動判別してトリミングができます

Stock
  使い方製品情報  
 
1億5千万点からあいまいワード画像検索で欲しい素材が必ず見つかるAdobe Stock
 
1億点からあいまいワード&画像ですばやく検索プレビュー →本番の差し替えも簡単なAdobe Stock
 

「デザインのプレゼンをするとき、そのデザインが配置された風景をシミュレーションして見せたり、ビジュアルのイメージを写真やイラストで見せるということがよくあります。Adobe StockならわざわざストックフォトのWebサイトにアクセスしなくても、デスクトップアプリケーションからすぐに素材を検索することができます。(グループ版なら)会社内で素材を共有できるのもいいですね。月単位で決められている利用点数も使わなかったら繰り越すことができるので、柔軟な使い方ができるのも大きなメリットだと思います」(木住野)

Illustrator
 
配置からトリミングまでワンクリックで
Illustratorの「画像の切り抜き」
 
 

CIやVI、サイン計画を多く担当していることもあって、メインのデザインアプリケーションはIllustratorなのですが、大量の画像を扱うときはどうしてもレイアウトに時間がかかっていました。バージョンアップを重ねるなかで、画像が一括配置ができるようになり、ワンクリックでトリミング用のフレームが作成される『マスク』ボタンがつき、さらに最新版では、Adobe Sensei(アドビのAI/機械学習フレームワーク)がトリミング範囲を提案してくれる『画像の切り抜き』が加わり、レイアウト作業は大幅に効率化しています。最後の最後は自分の目で、自分の手でデザインを仕上げる。それまでのプロセスを短縮してくれる機能強化は本当にありがたいですね」(木住野

Illustratorをはじめとするアプリから、フォントやストレージなどのサービスまでそろうCreative Cloudをぜひご検討ください。
 
REO spikee
 
木住野彰悟

アートディレクター/グラフィックデザイナー

東京都出身。2007年にグラフィックデザイン事務所6Dを設立。ブランディングを中心に、ロゴやパッケージ、空間のインフォメーションデザインまで幅広く活動。現在、東京工芸大学芸術学部デザイン学科准教授も務める。近年の主な仕事にKIRIN Home TapやKASHIYAMA the Smart Tailor、JAL Steam Schoolのアートディレクション、小田急線路線図、ロッテZEROパッケージ、NEWoMan/LUMINE0のサイン計画など。東京ADC、JAGDA、SDA、D&AD、カンヌ、DFAAなど国内外のデザイン賞を受賞。

Plus One | その他の記事

 

定番のPhotoshopやIllustratorに新しい発見を。さらに「プラス1」することで、一層の効率と表現力を。
Creative Cloudならではの活用術を第一線のクリエイターが紹介します。

 
自分のデザインをよりリアルに伝えたい。Photoshop + Dimensionならそれが叶えられる

さらに詳しく ›

 

PDFをもっときれいにわかりやすく!Photoshop + Acrobat時短&品質アップ

さらに詳しく ›

 

PhotoshopマッチフォントとAdobe Fontsフォント選びの力強いパートナー

さらに詳しく ›

 

発想次第でクリエイティブの可能性は無限大。
Illustrator + XDで表現力&コミュニケーションをワンランクアップ

さらに詳しく ›

 

Capture Illustratorの一括編集。アナログとデジタルをつなぎ、ディテールと全体を同時にデザイン

さらに詳しく ›

 

珠玉のタッチを世界に届ける
PhotoshopブラシBehance

さらに詳しく ›

 

グラフィック+1の武器を身につける!
Illustrator+動画アプリケーション

さらに詳しく ›

 

手描きの魅力をデジタルで拡張
FrescoPhotoshopの世界

さらに詳しく ›

 

時短勝負!CCだとどれくらい早い?

 

IllustratorやPhotoshopでよく行う作業を、新旧バージョンを使用した場合で比較してみました。
デザイナーの仕事を早くする時短テクをご覧ください。