Photoshop featuring Acrobat
Photoshop featuring Acrobat
広告デザインの現場で提案書制作からカンプ作り、デザインワークまで膨大なクリエイティブを手がける垣田彩水さんにとって、効率と品質のバランスは何よりも大事なこと。「効率」と「品質」、この2つを高いレベルで両立できるのは、“新機能はとにかく使って仕事に活かす”というクリエイティブツールに対する姿勢によるものと言えるでしょう。
 
提出直前のPDFドキュメントも、Adobe Acrobat DCとAdobe Photoshopを組み合わせてすばやくブラッシュアップしてしまう、垣田さんの仕事術を紹介します
Acrobatを使えば、提案直前までPDFのクオリティを追求できます
Acrobat DCでテキスト修正&追加 → Photoshopと連携して写真もきれいに

Acrobat DCでテキスト修正&追加 Photoshopと連携して写真もきれいに

 
「カンプをいいデザインで提出するのは当然ですが、提案書や広報資料のようなドキュメントもできるだけいいデザインに仕上げたいですよね。でも、実際の仕事ではPDFで提案資料を受け取ってみたらデザイン的にどうしても直したいところがあった、でも作り直す時間はない……ということはよくあります。
そんなときでもAcrobatを使えばテキストの修正はもちろん、フォントや組み体裁も変更できますし、PDFの画像をPhotoshopで開いて修正することもできます。PDFでも内容、デザインのブラッシュアップができるから、効率と品質、どちらも諦めなくて済みますよね。
デザイナーという職業上、作業の時短はとにかく大事です。すばやく、いいデザインを作り続けなくてはいけません。でも空いた時間でブログも書きたいし、配信もしたい(笑)。そのためにも新しいアプリや機能は必ずチェックします。効率的な新機能を知らずにいたら、損するだけですからね」(垣田)
Acrobat DCでPDFを開き、修正したい写真の上で右クリック。「編集に使用するツール」でPhotoshopを選びます。
1. AcrobatでPDFを開き、修正したい写真の上で右クリック。「編集に使用するツール」でPhotoshopを選ぶとPDF上の画像を編集することができます
 
Photoshopの「選択範囲」メニューにある「被写体を選択」を選び、メインの被写体に選択範囲を作成。周囲をレタッチします。
2. 「被写体を選択」ならワンクリックでメインの被写体に選択範囲を作成。目立たせたい、きれいにしたいときにすばやく作業が行えます
 
Acrobat DCに戻り、テキストの体裁や位置、フォントを変更します。テキストを新たに追加することもできます。
3. Acrobatに戻ると画像の修正は自動で反映されます。テキストの体裁や位置、フォントを変更したり、新たに追加することもできます
 
 
「被写体を選択」を使ってワンクリック選択範囲作成
 

「デザインカンプ作りは合成作業の連続。とにかく速度と効率が求められるので、選択範囲を手作業で作っていたらキリがありません。今まで選択範囲を作るときはクイック選択ツールがメインでしたが、『被写体を選択』はメニューから選ぶだけで、一瞬で高い精度の選択範囲を作ってくれる、まさに“神機能”ですね。(Adobe Senseiによる)自動処理はクリエイティブの効率化には欠かせません」(垣田)

「被写体を選択」を使ってワンクリック選択範囲作成
 
AcrobatでPDFを瞬間ブラッシュアップ
 

「PDFはドキュメントのやり取りやデザインの確認に使っていますが、フォントが変わったりレイアウトが崩れることもないので中間データとしてとても優秀です。Acrobatを使えば簡単な文字の修正からフォントの変更、レイアウト変更までできますから、PDFとAcrobatさえあれば、内容やデザインで気になるところをさっと直して、ブラッシュアップできるのはうれしいですね 」(垣田)

Acrobat DCでPDFを瞬間ブラッシュアップ
 
 
Photoshop、Acrobatをはじめとするアプリから、フォントやストレージなどのサービスまでそろうCreative Cloudをぜひご検討ください。
 
垣田彩水
垣田彩水

アートディレクター

1993年生まれ。University for the Creative Arts / Creative Media Production & Technology卒業。メディアアート、デジタルアート、テクノロジー、写真、映像、Web制作、イラストレーションを得意とし、現在は、外資系広告会社でアートディレクターとして幅広いジャンルのディレクションを手がける。 www.amitygraphic.comにてブログを公開しているほか、YouTube にて動画配信中

 

Plus One | その他の記事

 

定番のPhotoshopやIllustratorに新しい発見を。さらに「プラス1」することで、一層の効率と表現力を。
Creative Cloudならではの活用術を第一線のクリエイターが紹介します。

 
 
自分のデザインをよりリアルに伝えたい。
Photoshop + Dimensionならそれが叶えられる。

さらに詳しく ›