PhotoshopのマッチフォントとAdobe Fontsはフォント選びの力強いパートナー
PhotoshopのマッチフォントとAdobe Fontsはフォント選びの力強いパートナー

これまで手がけたブックデザインの冊数は2,000冊超、近年は展示のグラフィックや空間デザインまでを手がけるデザイン会社・コズフィッシュ。

無数の書体を駆使して作品のイメージをグラフィックに練り上げ、印刷を知り尽くした緻密な設計でそれを定着させたデザインは、いつも私たちをあっと驚かせるような工夫に満ちています。

デザイナー・祖父江慎さんと福島よし恵さんにとって、フォントは新しいデザインの可能性を秘めたもの。膨大な書体を揃えるAdobe FontsをAdobe Photoshopに搭載された「マッチフォント」で選び出す、コズフィッシュのフォントセレクト術を紹介します

新しい書体にすぐに出会える、Adobe Fonts+マッチフォント
新しい書体にすぐに出会える、Adobe Fonts+マッチフォント

膨大な高品質フォントが使えるAdobe FontsPhotoshopの「マッチフォント」ですばやく選ぶ

 

「和文フォントの場合、印刷会社にないフォントはアウトラインを取って入稿したり、出力先に購入してもらってたんですが、Adobe Fontsを使えば、普通の和文フォントならそんなことを気にせずに進められて楽ちんですね」(祖父江)

「PhotoshopのマッチフォントやAdobe Captureを使えば、イメージからフォントを探せて便利ですね。イメージ通りのフォントに出会えたときはうれしいです。Adobe Fontsは欧文フォントが充実しているので、仕事でもよく使っています」(福島)

 

探したいイメージに近い文字を撮影、スキャンして画像にします。Photoshopで開き、文字部分に選択範囲を作成します
1. 探したいイメージに近い文字を撮影、スキャンして画像にします。Photoshopで開き、文字部分に選択範囲を作成します
 
「マッチフォント」を使うと画像の文字に近いフォントをコンピュータ内とAdobe Fontsから探してくれます
2. 「マッチフォント」を使うと画像の文字に近いフォントをコンピュータ内とAdobe Fontsから探してくれます
 
フォントをアクティベートしてアプリケーションで使えるようにすれば、すぐにフォント検討に入ることができます
3. フォントをアクティベートしてアプリケーションで使えるようにすれば、すぐにフォント検討に入ることができます
 
Adobe Fonts
求めるイメージが必ず見つかる数千を超える高品質なフォント
 
Photoshop
  使い方製品情報  
イメージからフォントを検索
Photoshopの「マッチフォント」
 
Adobe Fonts
 

「和文フォントは基本の書体をしっかりおさえているし、欧文フォントはMonotypeフォントのように質の高いものがたくさん揃っているから、初心者が学ぶためにはばっちりなラインナップですね。和文フォントはファミリーとしての太さがすべて揃ってるわけじゃないけど、その書体の基準となるウエイトだけがおさえられているから、逆に書体の歴史に詳しくなっちゃいますね」(祖父江)

 

マッチフォント
 

「展覧会のデザインでは担当する案件ごとにまずフォントを検討するのですが、自分が持っているフォントのなかにイメージに合うものがない場合、Adobe FontsのWebサイトやフォントを販売しているWebサイトで、ひとつひとつ地道に探していました。Photoshopのマッチフォントがあれば、イメージしている文字の形から候補をすばやく絞り込むことができるのはいいですね」(福島)

 

祖父江慎
祖父江慎

アートディレクター

AGI、TDC会員。1990年cozfish設立。2,000冊を超えるブックデザインや、展覧会の空間デザイン、グッズ開発など、並外れた「うっとり力」を持って多方面で活躍中。今までの仕事をまとめた『祖父江慎+cozfish』(パイインターナショナル)発売中!Twitter @sobsin

 

福島よし恵
福島よし恵

グラフィックデザイナー

武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。メーカーに入社し、手がけた商品で日本パッケージデザイン大賞銅賞を受賞。2008年にcozfishに入社し、スヌーピーミュージアム、ミッフィー展、新装版ムーミン絵本のデザインなどを担当。Twitter @fukushimayoshie

Plus One | その他の記事

 

定番のPhotoshopやIllustratorに新しい発見を。さらに「プラス1」することで、一層の効率と表現力を。
Creative Cloudならではの活用術を第一線のクリエイターが紹介します。

 
 
自分のデザインをよりリアルに伝えたい。
Photoshop + Dimensionならそれが叶えられる。

さらに詳しく ›

 
PDFをもっときれいにわかりやすく!
Photoshop + Acorbatで時短&品質アップ

さらに詳しく ›