無料でステッカーを作成

ステッカーテンプレートからオリジナルのデザインをわずか数分で作成できます。

今すぐステッカーを作成

Adobe Spark Postで共有、身につけられるステッカーをデザインする。

ステッカーは優れた創造的なツールです。達成したことを示すマーク、プレゼントのラベル、水筒やロッカーのデコレーション、車のバンパーなど、さまざまな用途にステッカーを使うことができます。Adobe Spark Postでは、プロ仕様のステッカーのテンプレートを用意しています。作成したステッカーは、自宅やプロのプリンターで印刷して、友人や家族と共有することができます。テンプレートを選んで、カスタマイズして、共有するだけの簡単な作業です。

今すぐステッカーを作成

ステッカーの作り方。

インスピレーションから始めましょう。
何千ものプロ仕様のデザインテンプレートがあなたのために用意されています。真白なキャンバスから始める必要はありません。プラットフォーム、タスク、美的感覚、ムード、または色を選択、検索して指先で新鮮なインスピレーションを得てください。元となるグラフィックが見つかったら、タップまたはクリックしてエディターでドキュメントを開きましょう。
リミックスして独自のものにしましょう。
ステッカーのテンプレートをパーソナライズするには多くの方法があります。コピー、フォントを変えたり、画像を自分の写真やAdobe Spark上の数千に及ぶ無料の画像から選んで入れ替えたりすることができます。グラフィックが独自のものになるように時間をかけてもよいですし、時間をかけずに作ることもできます。プレミアムプランでは、自動であなたのブランドのロゴ、色、フォントを適用することで常にオンブランド#onbrandになるようにできます。
感性をさらに豊かにしましょう。
Adobe Spark独自のデザインアセットを使用するとあなたの美的センスと独自の感性を追加することが簡単にできます。GIPHYからアニメートされたステッカーを追加したり、短い形式のグラフィックビデオにテキストアニメーションを簡単に適用したりすることができます。あなたがメッセージとスタイルに集中できるように、私たちは他の退屈な技術的な箇所の処理をしました。また、プロジェクトに共同編集者を追加することもできるので、より多くの手でデザインに命を吹き込むことができます。
サイズ変更してあなたのコンテンツがより届くようにしましょう。
プラットフォームの画像のサイズをすべて記憶しておかなければならなかった時代は終わりました。好きなデザインが決まったら、Adobe Sparkの自動リサイズ機能を使って印刷用もしくはSNS用にサイズを修正しましょう。プロジェクトを複製し、サイズ変更を押して、目的のプラットフォームを選択。そのあとは私たちのAIが自動的に処理します。複数のチャンネルのコンテンツを一瞬でサイズ変更できます。
ステッカーデザインを保存して共有しましょう。
ステッカーのデザインが完成したら、公開ボタンを押してください。すぐにダウンロードして、自宅や職場、あるいはプロのプリンターで印刷することができます。また、リンクシェアやSNSに投稿して、デジタルでデザインを共有することもできます。Adobe Sparkは作品を保存するので、プロジェクトを更新したり再利用したりする必要がある場合は、いつでもプロジェクトを見直すことができます。

創造力を味方につけて印象的なステッカーをデザインしましょう。

Adobe Sparkを使えば、枠にとらわれない発想で新しいデザインを作成できるようになります。イベントや集会、華やかな時期にぴったりのステッカーデザインを無数に作成できます。作成したステッカーデザインをAdobe Spark Postで複製すれば、ブランディングされた名刺、ソーシャルグラフィック、アイコン、プロフィール写真、ウェブバナーなどに再利用することができます。次のアイスクリームプロジェクトを最高にスイートなものにするための創造可能性は無限です。

Adobe Sparkをステッカーのエキスパートにしましょう。

Adobe Spark Postの力で創造性を磨きましょう。プロ仕様にデザインされたテンプレートを探索して、あなたの発想を刺激したり、ステッカーを最初から作成したりできます。写真、アイコン、ロゴ、パーソナライズされたフォント、およびその他のカスタマイズ可能な要素を使用してデザインのテーマを確立しオーセンティックな印象を与えることができます。デザインを複製し、サイズを変更して、複数のタイプのアセット間で一貫性を持たせます。 Adobe Spark Postを使えば、無料で簡単に、わずか数分でデザインを作り、保存し、共有することができ、共同作業者を追加し、承認を得て、創造的な傑作を共有することもできます。