名刺の無料作成ツール、テンプレート

美しいビジネスカードのテンプレートから選んで、即座に自分のビジネスカードを作りましょう。

今すぐビジネスカードを作成

このテンプレートを活用

今すぐビジネスカードを作成

Adobe Expressを使って、プロフェッショナルな名刺を簡単に作成しましょう。

Adobe Expressは、クリエイティブな作業を担当できるデザインツール群です。デザインの知識がなくても、パソコンとインターネット環境があれば、自分だけのオリジナル名刺を作ることができます。まずヘッダー(通常は社名)を作成し、連絡先やブランディング要素を自由に配置しましょう。ドラッグ&ドロップのシンプルなデザインプロセスは、わずか数分でマスターすることができます。

名刺のテンプレートを使ってデザインを始めましょう。

Adobe Expressには、数多くの名刺テンプレートが用意されています。名刺テンプレートは、ビジネスコミュニケーションに必要なデザイン要素がすべて盛り込まれた、完成されたデザインだと考えてください。これらは、デザインプロセスを高速化するだけでなく、創造力を発揮するためのインスピレーションを与えてくれます。

非営利団体、ギグ・エコノミー、大企業の一員として働く人など、あらゆる場面に対応する名刺デザインが用意されています。検索しやすいように分類されていて、すぐに印刷できるようになっています。テキストを変更するだけで、すぐに使用できます。

名刺テンプレートは、ひとつひとつの要素を変更することもできます。配色や背景、レイアウトの変更。写真を削除したり、追加したり、さまざまなオプションを試してみましょう。テンプレートを使ってデザインを始めることは、プロのデザイナーが手がけた強力なデザインツールスイートの使い方を学ぶのに最適な方法です。

無料のビジネスカードをわずか数秒でカスタマイズできます。

名刺にはユニークさや個性が求められますが、大量生産されたデザインには必ずしもそのような特徴はありません。しかし、Adobe Expressを使えば、競合他社と差別化できるオリジナルの名刺を作成することができます。

Adobe Expressのカスタマイズの選択肢は無限大です。文字の大きさやフォントを変更したり、完成した名刺のどこに表示するかを決めたりしましょう。また、色や画像、背景などのデザイン要素も、納得のいくまで試すことができます。プロにしかできないような自由な発想が、このパワフルなデザインソフトにはあります。

Adobe Expressで名刺を作りましょう。

名刺のイメージがあっても、それをプロのデザイナーに伝えるのは簡単ではありません。しかし、Adobe Expressに用意されている無料の名刺テンプレートを使えば、コーディングやデザインのスキルがまったくなくても、作業を自分でコントロールすることができます。

アカウント登録は無料なので、マーケティング予算をすべて使い果たしてしまう心配もありません。また、デザインの選択肢が非常に多いため、競合他社が同じような名刺を使用していないことを確信できます。

Adobe Expressは、デザインのホットシートにします。無料の名刺テンプレート、シンプルなデザインインターフェース、豊富なカスタマイズオプションを活用して、お客様の心に響く名刺を作成し、ビジネスを成長させていきましょう。

名刺の標準サイズ

名刺にはさまざまな工夫がありますが、共通して言えることがあります。それは、サイズです。名刺の標準的なサイズは88.9 mm × 50.8 mmで、受け取った人が財布やポケットに入れて保管するのに最適なサイズとなっています。

名刺をフルカラーで印刷したい場合、作品にはブリードエリアが必要です。ブリードとは、名刺の端までデザインが印刷されることを意味します。一般的に、安全なブリードは3.175 mmで、プリンターがこれを切り落とすことで、カードの端がきれいになります。この場合、最終的なデザインは9.525 cm × 5.715 cmとなります。

印刷工程で切り落とされないように、ビジネスカードの内容が端に寄らないようにしましょう。カードの端から約3.5 mmのところに、安全な境界線を設けます。名刺の内容をレイアウトするスペースがない場合は、いつでも両面を使用できることを覚えておいてください。

名刺に記載する事項

名刺は、連絡を取り、ご自身の魅力を伝えるための絶好のスタート地点です。このことを念頭に置いて、成功する名刺は、ストレートで、注目を集め、そしてブランドを連想させるものにしましょう。

名刺は小さいので、重要な情報だけを記載します。電話番号やEメール、ソーシャルメディアのハンドルネームなどをすべて記載する必要はありません。誰かが連絡を取る際に、最も適切で効果的な方法だけを記載します。ビジュアルアーティストであれば、Eメールやインスタグラムのページなどです。また、中小企業の経営者であれば、電話番号とWebサイトだけを記載すればよいでしょうし、相手が詳細を知ることができるようにすればよいでしょう。オーディエンスを最も惹きつける方法を考えてみてください。

最後に、自分に合った方法で名刺を工夫しましょう。よりプロフェッショナルなアプローチのためには、クリーンでモダンなデザインを採用し、印象的な雰囲気を出すために特殊な紙でスパイスを加えてみることもできます。ロゴや背景のデザインなど、イメージを盛り込みましょう。また、カードの角を丸くしたり、レーザーカットで縁を装飾してみましょう。ご自身に注目を集める特徴があれば、それを名刺に取り入れてみましょう。