アドビ、デジタルエクスペリエンスプラットフォーム分野のマジッククアドラントにおいて「リーダー」に選ばれる

 

※当資料は、2018年1月18日に米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。

 

【2018年1月22日】

米国カリフォルニア州サンノゼ発:Adobe(Nasdaq: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は、ガートナーの調査レポート「Magic Quadrant for Digital Experience Platforms(デジタルエクスペリエンスプラットフォーム分野のマジッククアドラント)」2018年版(英語)において、「リーダー」に選ばれたことを発表しました。本調査レポートでは、21社のベンダーが評価され、アドビをはじめとする4社が「実行能力」と「ビジョンの完全性」においてリーダーに選ばれました。実行能力の評価にあたり設定された基準には、製品/サービス、総合的な存続力、販売/価格設定、市場対応力と実績、マーケティング、顧客体験、運用などが含まれています。アドビは、市場に対する理解、マーケティング戦略、販売戦略、製品/サービス戦略、ビジネスモデル、業種別戦略、革新性、地域戦略などを評価する「ビジョンの完全性」において、最上位を獲得しました。

 

Adobe Experience Cloud担当バイスプレジデントであるスレシュ ヴィタル(Suresh Vittal)は次のように述べています。「どの業界においても、ブランド企業は組織のあらゆる面を見直し、優れたエクスペリエンスの提供に注力する必要があり、そうでなければ、瞬時に危機に陥ることでしょう。ブランド企業があらゆるインタラクションにおいて顧客のニーズを満たせるよう、デジタルマーケティング、アドテク、分析、データ管理を統合した包括的なソリューションを提供しているのはアドビだけです。Adobe Experience CloudとAdobe Creative Cloud エンタープライズ版を統合することで、ビッグデータを通じて顧客のコンテンツの影響を確実に最大化できます。」

 

Caesars Entertainment Corporationのチーフ エクスペリエンス オフィサーであるマイケル マリノ(Michael Marino)氏は次のように述べています。「アドビとのパートナーシップにより、当社は、適切な顧客に適切なタイミングで適切なメッセージを発信することが可能になりました。エクスペリエンスとエンゲージメントの向上を図るために、Webサイトや施設内のディスプレイでターゲティングしたコンテンツを表示することができる、目指すべき未来の実現に近づいています。」

 

Adobe Experience Cloudは、緊密に統合されたソリューションにより、包括的な最先端のテクノロジーを提供します。これにより、ブランド企業は顧客とのあらゆるタッチポイントにおいて、顧客それぞれに合わせてカスタマイズされたデータ駆動型の体験を提供することができます。これには、すべてのスクリーンやデバイスにおけるエクスペリエンス管理やパーソナライゼーション、広告、ビデオ、その他のあらゆるチャネルを通したエクスペリエンスの実現、分析などが含まれます。また、Adobe Creative Cloudとの連携により、あらゆるマーケティングチャネルや顧客とのタッチポイントにおいて、クリエイティブアセットをスピーディに活用しやすくなります。

 

Adobe Experience Cloudは、Carnival Corporation、Citibank、Sydney Opera House、Caesars Entertainment Corporation、Home Depot、Marriott Hotels、NBCUniversal、日産自動車、T-Mobileといった世界的に著名なブランド企業の事業経営に採用されています。Adobe Experience Cloudは、41兆件のリッチメディアリクエスト、1,500億通を超える電子メール、30億ドルの広告費用など、年間150兆件を超えるデータトランザクションを管理する顧客をサポートしています。フォーチュン100社の3分の2を含む主要ブランド企業が、Adobe Analytics Cloudをカスタマーインテリジェンスに活用しています。

 

ガートナーの調査レポート「Magic Quadrant for Digital Experience Platforms(デジタルエクスペリエンスプラットフォーム分野のマジッククアドラント)」2018年版は、こちら(英語)からダウンロードできます。

 

出典:ガートナー社「Magic Quadrant for Digital Experience Platforms」、Jim Murphy、Gene Phifer、Gavin Tay、Mike Lowndes著、2018年1月17日

 

Adobe Experience Cloudについて

Adobe Experience Cloudは、企業が優れた顧客体験を提供するために必要なあらゆる要素を備えた3つのクラウドで構成される包括的なクラウドサービスです。Adobe
Experience Cloudは、Adobe Senseiのマシンラーニングおよび人工知能(AI)の機能を活用し、世界水準のソリューション、完全かつ拡張可能なプラットフォーム、包括的なデータおよびコンテンツシステム、堅牢なパートナーエコシステム、卓越した体験を届けるための専門知識を兼ね備えています。

 

アドビについて

アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。
アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。

 

©2018 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. Adobe and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe Systems Incorporated in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

このプレスリリースに関するお問い合わせ

 

プレス窓口