アドビ、検索連動型広告の管理ソリューション「Adobe Advertising Cloud Search」がYahoo!ディスプレイアドネットワークに対応

 

 

~メディアを横断した正確な広告成果の計測とAIによる入札/予算配分の最適化が可能に~

 

【2019年11月11日】

アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:ジェームズ マクリディ、以下 アドビ)は、本日、検索連動型広告の管理ソリューション「Adobe Advertising Cloud Search」がYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)に対応したことを発表します。Adobe Experience Cloudの一部であるAdobe Advertising Cloud Searchは、広告主の手間を削減し、SEM広告のROI(費用対効果)を向上させることを目的とした入札プラットフォームです。

 

YDNは、広告の内容に興味がありそうなインターネットユーザーに対して、Yahoo! JAPANの各サービスサイト、および提携パートナーサイトの「コンテンツページ」に広告を表示するサービスです。

 

Adobe Advertising Cloud SearchがYDNに対応したことで、広告主は、メディアを横断した統一のタグでの広告成果の計測、アトリビューションの可視化およびレポートの作成が可能になりました。これにより、複数メディアでの計測基準を統一し、重複コンバージョンを排除した適切な広告成果の評価が可能となりました。

 

アドビの分析ソリューション「Adobe Analytics」で取得しているサイトエンゲージメントデータ(直帰率・滞在時間・ページビュー数等)をYDN最適化のシグナルとして活用します。また、Adobe Analyticsで計測しているコンバージョンデータをYDN最適化の指標として利用することが可能です。

 

また、アドビのAIとマシンラーニングのフレームワーク「Adobe Sensei」によるYDNの入札が可能になりました。これにより、YDNの入札最適化と複数メディアにまたがった予算配分の最適化を実現します。

 

■提供開始時期

YDNに対応したAdobe Advertising Cloud Searchの広告成果の計測、アトリビューション、レポートは本日より提供開始します。入札/予算配分の最適化機能の提供開始は2020年1月を予定しています。

 

Adobe Advertising Cloud Searchの詳細はこちらからご覧いただけます。

Adobe Advertising Cloud の認定パートナー「Adobe Advertising Cloud エージェンシー」の一覧はこちらからご覧いただけます。

 

 

Adobe Advertising Cloudについて

Adobe Advertising Cloudは、従来のテレビからデジタルまで幅広いフォーマットの広告を管理できる業界初のエンドツーエンドのプラットフォームです。アドビのプラットフォームは、ブランドの安全性、透明性の向上、Adobe Creative CloudおよびAdobe Experience Cloudの能力を最大限に発揮することに重点を置き、世界中の広告主が広告支出を適切にコントロールして、ビジネス目標を達成できるようにします。Adobe Advertising Cloudは、Allstate、Ford、Johnson & Johnson、Kraft、L'Oréal、MGM、Nickelodeon、Southwest Airlinesをはじめとする1,000社以上の企業が使用しており、約30億ドルにのぼる年間広告支出を管理しています。詳しくはこちらをご覧ください。

 

Adobe Senseiについて

Adobe Senseiは、アドビのクラウドプラットフォームに組み込まれるフレームワークとインテリジェントサービス群で構成されており、デザインとデジタルエクスペリエンスの提供を大幅に改善します。人工知能(AI)とマシンラーニングの統合フレームワークにより、アドビが蓄積してきた膨大なコンテンツとデータアセットのほか、クリエイティブ、マーケティング、ドキュメントの分野における深い専門知識を活用しています。詳細は、Adobe Senseiのサイトをご覧ください。

 

Adobe Experience Cloudについて

アドビは、Adobe Experience Cloudで顧客体験管理(CXM)を再定義します。Adobe Experience Cloudは、エクスペリエンスのためのデジタルコンテンツの制作からマーケティング、広告、アナリティクス、コマースを含む業界唯一の包括的なソリューションです。Adobe Experience Cloudは、すべてのタッチポイントやあらゆるチャネルを通し、魅力的なB2C/B2B/B2Eエクスペリエンスを一貫性と継続性をもって提供することを支援し、顧客のビジネス成長を加速させます。静的かつ分断化された顧客プロファイルのみを扱う従来のエンタープライズプラットフォームと異なり、Adobe Experience Platformは企業が顧客を完全に理解する手助けを行い、さらにアドビのAIおよび機械学習テクノロジーであるAdobe Senseiにより、データから知見を得てアクションに繋げる支援をします。エクスペリエンスを主題にした主な調査報告書において、業界アナリストがアドビをリーダーとして位置づけるものは20を超え、これはテクノロジー企業のなかでも突出しています。

 

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

 

アドビについて

アドビは、世界を変えるデジタル体験を提供します。

アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、webサイトに掲載されています。

 

©2019 Adobe Inc. All rights reserved. Adobe and the Adobe logo are either registered trademarks or trademarks of Adobe in the United States and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

 

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

編集者注

マイクロソフトの詳細な情報、ニュース、および観点はMicrosoft News Center(http://news.microsoft.com)をご覧ください。リンク、電話番号、および役職名は発行時点のものであり変更されることがあります。報道関係者からのお問い合わせはマイクロソフトのRapid Response Teamまたはhttp://news.microsoft.com/microsoft-public-relations-contactsに掲載する連絡先をご参照ください。

このプレスリリースに関するお問い合わせ

プレス窓口